上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周174日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。ブルガリアのソフィア編を抜かしていたので、ブルガリアブログに戻ります(--;)

今日もポチッとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



【ブルガリア】
時差:日本よりー7時間
通貨:レフ(1レフ=68円)
言語:ブルガリア語
首都:ソフィア






ブルガリアの首都、「ソフィア」。

DSCF7213.jpg






ブルガリアについて何も知識なく来てしまったので、フリーウォーキングツアーに参加してみました!




久々のフリーツアー。イスラエルで一度参加した以来です。
ツアーって、ガイドさんによって大きく左右されますよね。今回のお兄さんは、すごく説明が上手で、当たりでした!
DSCF7137.jpg




歴史を説明しながら教会や宮殿、公園などをまわってくれました。




公園で見かけたこの遊具、どうやって遊ぶのかな(・_・)
DSCF7159.jpg




写真撮ってませんが、ソフィアのブルガリアナショナルバンク(銀行)は、強盗が入らないように、沼地の上に建ててあるそう。おかげで、トンネルなどを作って地下から侵入することが不可能なので、今まで一度も強盗に入られたことがないのだそう!






ここは、温泉水の出ている場所。硫黄のにおいがします。この温泉水は飲むことができるので、地元のおじさんたちが多く利用していました。ペットボトルに汲んでいる人も。汲んで冷ましてから飲むと、硫黄のにおいは消えて、ミネラルウォーターと同じになるそうです。
DSCF7136.jpg





この聖ゲオルゲ教会は、4世紀に建設されソフィアで唯一屋根が落ちずに現在まで残っている、古い教会です。建物に取り囲まれていますが、教会の右は教育庁、左は普通の住居、奥はシェラトンホテルだそうです。
DSCF7146.jpg





ここは聖ネデリャ教会。冠婚葬祭によく使われるそうです。1925年、お葬式を行っていた最中に、参列していたはずの皇帝を暗殺する目的で教会が爆破され、150人近くの参列者が亡くなりました。ただ、皇帝は遅刻をしていてまだ来ていなかったので、暗殺は失敗に終わったそうです。
DSCF7169.jpg




この教会はさっきの教会の爆破のあとに建てられ、皇帝用の王座が用意されましたが、皇帝は暗殺を恐れこの王座に座ることを拒否したそうです。(アレキサンダー・ネフスキー教会)
DSCF7156.jpg





ここは、ハギア・ソフィア。イスタンブールに行ったことがある人は見たことあると思いますが、アヤ・ソフィアと同名です。
DSCF7153.jpg




イスタンブールが東ローマ帝国の首都、コンスタンティノープルだった時代、アヤソフィアは他の教会のモデルとなっていました。そして、この教会も建てられ、同じ名前が付けられた訳ですが、この地に訪れる人々が皆、目印となるこの教会をめざし、「ソフィアの方へ!」と呼んでいたことから、この街の名前がソフィアになったそうです。



ちなみに、オスマン帝国がソフィアを占領した際には、モスクに変えられたので、教会のベルは取り外されてしまいました。


その後また教会に戻りましたが、ベルを付ける塔がないので、目の前の気にベルがぶら下がって、今でもこのベルを鳴らしているのだとか。
DSCF7152.jpg



オスマン帝国支配時代は、何十ものモスクがありましたが、現在はこの1つのみだそうです。
DSCF7171.jpg





☆ソフィアで気に入ったもの☆

①wifiのつながる公園!
ありがたーい!本当につながりました。
DSCF7208.jpg




②公園の角とかにあるコーヒースタンド!
「フラッペ」という飲み物が、東ヨーロッパでは定番なのですが、カフェラテを機会でブイーンと泡立ててた、冷たくて少し甘いカプチーノっていう感じです。はまりました♡
DSCF7205.jpg



③マーケット
DSCF7192.jpg

このトラムの奥にある大きな建物の中が、マーケットになっています。
DSCF7197.jpg

お惣菜屋さんみたいなのがあるので、ごはんを買うのにいいかも!地下には古着屋さんもあります。
DSCF7198.jpg



☆宿情報☆
友達に教えてもらった、「Hostel Mostel」。
朝食、夕食(パスタ&ビール一杯)付きで、ドミトリー6bedroom1泊1600円くらいでした。もう少し安い部屋も見せてもらいましたが、雰囲気が私は苦手でした。
日本人も数人いました!

宿の行き方の説明が分かり辛くて、ちょっと迷いました。

この大きな交差点(マケドニア広場)の角近くに、
DSCF7216.jpg




PostBankというところがあって、その左横に入り口があります。
DSCF7217.jpg






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周


スポンサーサイト
☆世界一周171日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。
豚キムチ食べたいな~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************

初めての夜行列車!!!の巻。





ブルガリアのソフィアから、セルビアのベオグラードまで、夜行列車で行くことにしました。





寝台列車乗ってみたいな♡と思っていたのですが、満席だったようで、普通の6人用のボックス席になりました(ー_ー)ちぇ




ソフィアの駅の、切符売り場ではなく、左奥に進んで行くと国際列車用のチケットを買う所があります。
IMG_8383.jpg





20:30発、6:00着で、53レフ(3604円)くらいでした。






乗り場が、5と書いてあったので、「Platform Ⅴ」と見つけて、これかな?と思ったら違いました。
IMG_8386.jpg



「Track 5」と書いてある方です。ややこし!
IMG_8387.jpg




電車のドアに、行き先と車番号、席番号などが貼ってあります。
IMG_8389.jpg





ドキドキの発夜行は・・・・





臭かった(ー_ー)!!






このマスクの出番がやってきた!
IMG_8393.jpg






トイレの臭いが漂ってきました。でも少し経ったらなくなりました。慣れたのか?





6人がけのボックス席に3人のみだったので、前の座席も使って、イスの座席部分を手前に引き出して、横になって寝れました。
IMG_8391.jpg




ただ、チケットのチェックや、国境越えの時のパスポートチェックなど、計5回くらいは起こされ、良く眠れなかったです(=_=)そして寒い。




途中変なおじさんが入ってきて、背もたれの部分取り外して、中から何か取り出してリュックに詰め込んでたし。。ドラッグ密輸入か?




とりあえず無事にベオグラード着きました♡いえーい!
DSCF7220.jpg






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周165日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。ローマで海苔とワサビとお酢を買ってきたので、手巻き寿司します♡やっぱり日本食が一番ですねー(^u^)


自炊が多くなると、体重が増える傾向にあるようです。食べることは幸せのもと!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************

前回のブログ、「リラ修道院」の旅情報です☆


【Tips for リラ修道院】
ギリシャからブルガリアへの移動のバスは、会社がいくつかあります。
首都のソフィア行きのバスが、ブラゴエフグラッドという所にも停まるので、そこからリラ修道院へ向かいます。
※ソフィアまでは約6時間、ブラゴエフグラッドまでは約3時間。


①テッサロニキの駅にある、窓口から申し込むバス「Trainose」。(一日一本、朝8:00発のみ、€20)
②テッサロニキの駅から20分程歩いた所にある、バスステーションから出ているバス「Union Ivkoni」。(15:30発と01:30発があるそう)
③テッサロニキの駅の斜め前(徒歩2分)にあるバス会社「Arda Tour」。(15:30発、夜行バスは1時頃、€20)

私は②に行こうと思って、タクシーに乗ったら、運転手さんがバスステーションの存在を知らなくて、③で降ろされました。


他のバス会社はわかりませんが、③のバスは、飲み物もお菓子も配られ、座席の背にテレビも付いてました。


【ブラゴエフグラッドからリラ修道院まで】
リラ村行きのバスが出ていますが、最終は19:20頃。所要時間30分程度です。一時間に二本は走っているようです。
リラ村からリラ修道院までは、タクシーで20km程。

※私は19:00頃にブラゴエフグラッドに着き、バスがもうないといわれたので、タクシーの運転手さんに€20でリラ修道院まで行ってもらいました。50分くらいはかかったと思います。

【リラ修道院】
宿泊を考えている場合は、10月以降は寒すぎて厳しいと思います。周りに2つくらいホテルもあります。修道院は21時以降外出できないので、食料持っているといいです。チェックアウトは10時です。


【リラ修道院からソフィアまで】
直通のバスが走っています。15:00発、17:30着です。(11)
ただ、街の中心から離れた、よくわからない所で降ろされました。バス停の近くにトラムが走っているので、街の中心に向かって乗るといいと思います。歩いてみたら1時間以上はかかりました(=_=)



リラ修道院に貼ってあった、バスのスケジュールです。見辛くて参考にならないかもですが。
IMG_8350.jpg



ブルガリア国内の移動を調べられるサイト見つけました。(ギリシャ→ブルガリアものってました。)
ブルガリアのバスのサイト



お役に立てれば嬉しいです♪


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周164日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール!泊まっているところに、wifiがないので、予約投稿しています☆

この間空港で、「お腹減ったなー」と思って普通に7ユーロ(910円)もするパスタを食べて、食べ終わったあとにハッとしました。

超無駄遣い(=_=)!何してるの私!もうそんなに予算もないのに!
5ヶ月も立ったのに、浪費癖が抜けないです。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



さて、ギリシャからバスでブルガリアへ入りました!



向かった先は、「リラ修道院」。




ブルガリアの見所を調べていて、世界遺産にもなっているこの修道院のことを知りました。




しかも、この修道院、宿泊施設(修道士たちの宿坊)に泊まることができるそうなんです!





(OuO)!!面白そー





絶対に泊まったみたくなったので、色々とネットで調べたら、当日でも空きがあれば泊まれるし、予約もできるとのこと。



確実に泊まりたかったので、リラ修道院のホームページに載っていた電話番号に電話をして、予約しました。泊まりたい日にちと、人数と、名前を伝えるだけで予約できました。



ただ受付時間が限られているので注意です!
IMG_8349.jpg




修道院の入り口から入ったら奥に進んで行き、このドアを見つけて、受付します。
私が行ったときはドアが開いてませんでしたが、ウロウロしていたら、警備の人が修道士さんに知らせてくれ、受付できました。
IMG_8348.jpg




部屋は2タイプあって、ドミトリータイプ(シャワーなし、トイレ共同)と、シャワー付きの個室があるそうです。ドミトリーは1泊20。




鍵をもらって、上の階へ階段で上がっていくのですが、床がミシミシ音をたてて、静かな修道院に響き、怖い・・・






誰もいない・・・・
DSCF7112.jpg





なんの音も聞こえない・・・・
DSCF7113.jpg





部屋も不気味・・・・寒い・・・・・
DSCF7110.jpg





他に明かりの付いている部屋は2つくらいありましたが、観光客が泊まる所ではないんですね、きっと。。





お腹が空いたので、外に門の外にあったレストランにでも行ってみようかな、と思ったら、





門が閉まってた・・・・・





こんな広くて暗くて寒くて不気味な場所に一人きり(;_;)





1人肝試し(;_;)怖いよ~(;_;)






もちろんwifiなんてないので、外界と隔たれました。






でも、たまにはこうやって静かに、自分と向き合う時間を持つことも大切ですね。






朝起きたら、素晴らしい光景が待っていました。
DSCF7115.jpg





リラ修道院は山の中にあるので、かなり冷えます。ひんやりとした、新鮮な空気をお腹いっぱいにとりこんで、
DSCF7116.jpg






教会へと下りて行きます。とても静かで神聖な雰囲気。
DSCF7122.jpg






ちょうど朝一番のミサが行われていて、正教会のミサを初めて見学することができました。






リラ修道院の成り立ちは、St.Johnという人が、リラの山奥の洞窟の中で、石の上を寝床としながら7年暮らしたことから始まり、10世紀に修道院が設立されたそうです。ブルガリアのエルサレム的存在で、ブルガリア正教会の聖地として巡礼者が集まります。





10時頃からは観光客がかなり増えにぎやかになっていましたが、あの朝の静かな修道院の姿が見られて、得をした気分になりました(^^)





ただ・・・・





次の目的地、首都のソフィアへのバスが午後15時。





教会は1時間もあれば十分なので、5時間くらい時間余りました。どうしよう。






とりあえず近くに売っていたドーナツとヤギのヨーグルトを買ってみましたが、ドーナツは脂っこすぎて、ヨーグルトは酸っぱすぎて、食べきれませんでした(*_*)






読書で時間をつぶした後にランチをして、ビールを飲みながらのんびりするも、レストランが混み始めて追い出され、また外でブラブラ、ぼー。





なんだか色々大変だったけど、忘れられない思い出になりましたw 怖かったなぁ。






次回の記事に、ギリシャからリラへの移動手段などの情報について書きます☆






今日も読んでくれてありがとうございました!



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。