上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周213日目☆



リアルタイムはペルーのプーノ。ストライキに遭い、ボリビア入りが一日遅れました。明日はついにボリビア♪




世界一周ブログランキングに参加しています!
皆さんのおかげで今日も元気にブログが書けます(^ω^人)
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


建物も、雑貨も、人もオシャレで、洗練された印象のアムステルダムで、
DSCF8666.jpg
(渋い顔しておちゃめなおっちゃん)




私がわくわくしたもの。





ここ!
IMG_8667.jpg
「HEMA」

日本で言えば、MONO COMME CA。洋服、文房具、雑貨、化粧品、食品と、色んなものがお手頃価格で手に入るんです(´艸`*)私はマスカラ(560円)コンタクト洗浄液(420円)フリースレギンス(840円)を購入♪

アムステルダムっ子にも人気のショップだそうですよ




そしてもう1つのワクワク。




スーパーマーケット!!
IMG_8668.jpg



何がすごいかって、野菜や肉の種類が豊富で、しかもすでにみじん切りにされたものとか、一人暮らし用に小さなパッケージに入ったものとかが豊富なんです。


さらには、日本のコンビニやスーパーにあるようなお惣菜、お弁当系も充実!



スーパーが充実していると、料理も楽しくなりますよね(´∀`●)




マル(友達)によると、オランダの人たちは仕事で忙しくて料理に手間をかけてる暇はないんだけど、それでも外食より手料理を好むので、こういった便利ですぐに料理に使えるものが多いんだって!




確かに、オランダらしい料理ってあまりなくて、街ではホットドックとかフレンチフライとか
IMG_8666.jpg
(ソースがどっぷり)




あとは各国料理のレストランが多かったので、私は外食ほぼしませんでした。





うっとりアムステルダム、自転車とトラムにひかれないか常にハラハラするのを除いては、大好きな街でした
DSCF8690.jpg






さて次はビールの美味しい国(´艸`*)うひひ





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
☆世界一周212日目☆





リアルタイムはペルーのプーノ!チチカカ湖のほとりです。中華料理が美味しい(´∀`*)




世界一周ブログランキングに参加しています!
皆さんの応援が、ブログを書く励みになっています(^∀^*)
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*



アムステル川に堤防(ダム)を築いて作られた街、「アムステルダム」。
DSCF8650.jpg

DSCF8648.jpg



世界遺産にもなっている運河地区は、沼地に家を建てているのだそう。家の地下に、長い木材で杭を打って基盤を作っているので、時代が経過すると共に、その基盤部分が腐り始め、家が傾いてしまっています。
DSCF8652.jpg

DSCF8668.jpg

家の屋根近くをよく見ると、どの家にもフックみたいなものが付いています。これは、家が縦に長く階段でものを運ぶのが大変なので、家具などを運び込む際などに利用するそうです。
DSCF8661.jpg

シャンデリア運び中!
DSCF8665.jpg




他にアムステルダムで有名なものといえば、「飾り窓」(Red-light district)。

オランダでは売春が合法であり、売春婦も一職業として認められています。なので他の職業と同様、税金も納め、確定申告もしているそうです。

そして売春婦たちは、アムステルダムの歓楽街にある、ショーウィンドーを借り、お仕事をしているのです。
DSCF8686.jpg

赤やピンクの明かりの付いた大きな窓の内側には、下着などセクシーな格好をした女性達が通行人に色目を送りながら待機しています(/∀\*)様々な趣向に合うように、年齢・体格・人種などバラエティに富んでいます。

女性の写真を撮るのは禁止だそうで、撮ったのがバレるとすごい形相で追いかけてくるそうなので、気を付けましょう。


また有名なのが、オランダでの大麻(マリファナ)。オランダでは大麻が制限付きで合法とされていて、「coffeeshop」と看板のあるお店で吸うことができます。でもマル(友達)によると、アムステルダムの地元の人はほぼ行かないそうです。
DSCF8653.jpg



まあ、上記の2つはおじさま世代が楽しむ場所って感じなので、スルーをして、私は念願の「アンネ・フランク」の家を訪れました!
DSCF8641.jpg
日中はすごく混むので、夕方がオススメ。4/1~10/31の夏場は9:00am~9:00pm、その他冬場は9:00am~7:00pmまでやっています。(€9)
DSCF8642.jpg

アンネ・フランクの実際に住んでいた家をそのまま使い、当時の部屋を再現しているので、中は狭く、進みも遅いです。


小学校の頃に読んだ「アンネ・フランクの日記」内容はうっすらとしか覚えていませんでしたが、子供の頃の髪型がアンネに似ていたことから、姉に「アンネ」と呼ばれていた時期があって、勝手にアンネに親近感を持っていました。




この家の3、4階部分の隠れ家に、2家族計8人が住んでいました。
アンネ達は結局全員逮捕され、収容所へ連れていかれ、アンネのお父さん以外は皆亡くなりました。
「作家かジャーナリストになりたい」という夢を持っていたアンネ。1945年の、終戦直前に収容所で病死しました。

あと少しだったのに。

あと少しで戦争が終わって、夢を叶えられたかもしれないのに。




アンネの遺してくれた平和への願いは、これからも強く人々の心をゆさぶっていくことでしょう。








ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周211日目☆





リアルタイムはペルーのクスコに戻ってきました。今夜次の街へ移動します☆




世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


ベルリンからバスで向かった先は、オランダのアムステルダム!
DSCF8631.jpg



モロッコにいたときに仲良くなったオランダ人がアムステルダムに在住だということで、泊めてもらうことになりました(´∀`)♪


彼女の名前は、マル。可愛い名前( ´艸`)



フィルムスクールの学生で、映画作成の勉強をしていて多忙な中、「もちろん泊まっていいよ!」と快く受け入れてくれました。




アムステルダムに着いたのは早朝。マルから家までの行き方や住所を教えてもらっていたので、家の付近まで来たのですが、何度探してもマルの言っていた家番号がない。。1013という家番号だというのですが、その通りには100番台しかない・・・(*_*)電話も持ってないし、どうしよう(;д;)と一時間近くウロウロしていたら、閉まっているレストランの外でwifiが拾えたので、Skypeでマルに電話をかけることができ、迎えにきてもらえました(;д;)!!




こんなとき電話持ってないと、やっぱり困ります。普通に日本で使ってた電話もってくればよかったです(=_=)これから旅に出る人、電話は持っていくことをオススメします。もちろん通話料は高いけど、たまにしか使わないし、緊急事態にはやはり電話です。





マルの家は、アムステルダムらしい水路沿いにありました。

昔水路を通じてスパイスなどを運びこみ、蓄えていた古倉庫を数人で安く借りて、水道屋電気など自分たちで手配し、住宅らしくしているそうで、


とてもオシャレさすがクリエイターです。
DSCF8694.jpg





マルは今映画を作るという課題の最中で、役者さんを見つけるので大忙し。夜の23時くらいまで帰ってきません。



なので1人でアムステルダムを散歩しました。
DSCF8633.jpg




アムステルダムにはこのような水路がたくさん張り巡っていて、そこに架かる橋や、とめてある大量の自転車が、素敵な雰囲気を作り出しています。
DSCF8637.jpg





自転車の交通量がとにかく多く、通勤や通学も自転車の人が多いです。そして皆ものすごいスピード(;゚д゚)
車よりも歩行者よりも、自転車が優先なようなので、気を付けないと本気でひかれます(>_<)私も一度衝突してしまいましたw



水路沿いにとまっている船や、船らしきものは、よく見ると普通に人が住んでいます。
DSCF8635.jpg
ちゃんと住所も書いてありましたw水の上だし寒くないのかなーと思ったのですが、ちゃんとゴムのような土台の上に船があるので、防寒されているそうです!ちょっと住んでみたいですね(◆*'v`*)




オランダと言えば、北欧と並んでデザインが有名。オランダ出身の有名な画家も多いですが、国をあげてアートへの理解と協力が進んでいるんですね。




アムステルダムの家は、よく見ると窓にあまりカーテンがかかっておらず、中が丸見え。インテリアショップ!?てくらいオシャレな家具でデコレーションしているのが分かります。オランダ人はデザインへの美意識が高く、家の内装も見せびらかして競争しているそうです(゚∀゚)
DSCF8692.jpg




オシャレな街、アムステルダム。楽しくなりそうです!
DSCF8640.jpg

DSCF8632.jpg


【ベルリンからアムステルダム】
バス(eurolines)で約10時間。
54ユーロでした。(ネット予約)



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。