上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バチカン市国。世界一国土面積の小さなその国は、ローマ市内にあります。



国といっても、イタリアとの間で特に出入国審査があるわけではなく、国境にもゲートなどはありません。



サン・ピエトロ大聖堂とバチカン美術館の周辺のみがバチカン市国なので、生活感がなく、ただただ観光客で溢れていました。



しかもバチカン市国に入ったとたん、(まだローマなのかもうバチカンなのかよくわからないが)ツアーガイドの勧誘が大量に道で声をかけてきます。かなり大勢います。



行列ができていたので一瞬入ろうか迷いましたが、ここまで来てサンピエトロ大聖堂に行かないというのはルール違反だと思ったので並んでみることに。
DSCF9332 (1)


入ってすぐ右手に人だかりが。そして人々の目線の先に、ミケランジェロの「ピエタ」がありました。
DSCF9336 (1)
彫刻を見て感動したのは初めてでした。肌の艶やかさとキリストの体の脱落感が生々しく、目が離せませんでした。




他にも美しいモザイク画や、大理石をふんだんに使った装飾がたくさん。
DSCF9346 (1)


バチカン市国はローマ教皇の統治する国なので、大聖堂の中にも教皇の彫刻を多く見かけました。
DSCF9345.jpg

DSCF9334.jpg



観光客の間では、この世界最小の国からハガキを出すというのが1つのアトラクションになっているようで、私も便乗して家族にハガキを書きました(*´∀`)
DSCF9360 (1)
郵便局の混雑を防ぐ為か、こんな郵便局まであります。
DSCF9361.jpg


バチカン市国内の警備はスイス人衛兵が行っているそうで、イケメンがたくさんいました(*´艸`*)
DSCF9354 (1)

しかも制服がメルヘン(笑)
DSCF9366.jpg



さて次はバチカン美術館へ。午後2〜3時頃に行ったら、並ばずに入れました。下手にネット予約をしても逆に並びます。
DSCF9384.jpg


美術館全体もそうですが、特にラファエロの間では四方八方美術品に囲まれて、目が回りそうでした。
DSCF9389 (1)

ただ、美しい。首が痛くなる程ずっと上を見上げていました。
DSCF9382.jpg




ローマ側からバチカンへとつづく、「和解の道」。
DSCF9395.jpg




バチカン市国は、ローマ教皇が統治をしていて、800人程度いる住民のほとんどが聖職者です。その為、一部の修道女を除いたら男性ばかりだそうです。



「結婚はどうするの?」とイタリア人のダニエルに聞いたら、「聖職者達は生涯独身だから結婚しないんだ。だからあの国には子供がいないんだよ」とのことでした。



ただ、子供に対して(恐らく外部の子供達)、バチカン市国の聖職者たちが性的虐待していることが問題になっているそう。
びっくりですね。不思議の国。国らしくない国でした。
スポンサーサイト
というのはブログの話です(*´艸`*)





年明けころから一旦リアルタイムに切り替えたので、イタリアから先の一部を飛ばしていたのです。

ということで昨年の10月末にいたローマ編から再スタートします(*´∀`)テへ
DSCF9297.jpg





ベネチアから電車で4時間弱。チケットは80ユーロ(11200円)もしました(+д+)!!イタリアの電車はなかなか高い。
イタリアの電車の時間や料金を調べられるサイト載せておきます。



ここローマでは、ダニエルというイタリア人のところでカウチサーフィンをさせてもらいました♪
DSCF9331.jpg

ダニエルは猫を二匹買っていて、「カワイイコネコ♥」といって愛しまくっています。もう子猫じゃないけど。

私は猫アレルギーを持っていて、猫のいる家に泊まると喉がヒューヒューしてきて、鼻がズルズルになるのですが、カウチサーフィンで猫のいる家に何度か泊まっても、その症状が現れませんでした!もしや克服できたのかしら♥



イタリアでのカウチサーフィンでは、「パスタの作り方を教えてもらいたい(´∀`*)」という目的があったので、ベネチアでもローマでも、パスタを作ってもらって、作り方を伝授してもらいました!!ニンニクを切らず、丸ごと入れて、香りだけつけて最後に取り出すのがポイント。
DSCF9266.jpg


ベネチアのアレックスも、ローマのダニエルも、料理がとても上手で、パスタは今までに食べたことのない感動的な美味しさでした(>_<)♥ おそらく世界一周中に食べた物の中で、2人のパスタが一番感動しました。



ダニエルは仕事が忙しく、あまりたくさんは話せなかったのですが、旅行会社にツアーを提供する仕事をしているため、観光のプランやアドバイスをくれました。



ということで1人ローマ観光へ!



ローマといえば、まず遺跡でしょう。
DSCF9282.jpg

コロッセウムは、まさに映画「グラディエーター」の世界。見たことありますか?ラッセル・クロウかっこいいですよね(*´艸`*)
DSCF9270.jpg
床の部分が現在は残っていないので、地下の構造がよくわかるようになっています。当時は、この地下の部分に人力のエレベーターがあり、猛獣などを上の闘技場に登場させていたそう。



ただやっぱり遺跡系って興味がなかなか持てなくて・・・。直前に関連のある映画とか、本でも読まないとモチベーションが上がらないですね。
DSCF9273.jpg


映画「テルマエロマエ」っぽい。くらいしか感想が出てこなくて悲しい(=_=)
DSCF9291.jpg




よしっ!気を取り直して、ローマの有名スポットへ行ってみよう♥



まずは「トレビの泉」。後ろ向きにコイン1枚を投げ入れたら、ローマに戻ってこられるというジンクスがあるそうですが。
DSCF9314.jpg


わわわ  人の多いこと多いこと。泉に近づけません。 気分はげっそり(-_-)
DSCF9315.jpg




お次はスペイン広場。「ローマの休日」で王女がジェラートを食べるとこ。映画は見たことないですが(^^;
DSCF9320.jpg
げげ!ここもゲンナリ。



君だけだよ私を癒してくれるのは。。
DSCF9317.jpg



なんだかローマって、観光地としての色が濃すぎてちょっと疲れちゃいました・・
路上でバラとかボール売ってる移民の人もたくさんいるし、観光インフォメーションに行っても地図置いてないし。
観光の中心にあるレストランは、とりあえずパスタとピザとジェラート置いとけば客入るでしょ的な雰囲気で、全く美味しそうじゃないし。



そんな時はやっぱり中華料理です。どこの国にいっても、ブレない安定感(*´∀`)
DSCF9319.jpg




そんなローマですが、日が暮れ始まると、なんだかいい雰囲気になってきます。
DSCF9427.jpg
お気に入りの広場、「Piazza Navona」。画家達が絵を売ったり、似顔絵を書いてくれたりします。
DSCF9439 (1)
ローマで一番好きな場所でした。ジェラート屋さんもたくさんあるしこのアイス屋おすすめ。
DSCF9418 (1)



少し歩くとパンテオン。ラファエロの墓がありました。
DSCF9446.jpg



街頭の明かりが素敵な街です。
DSCF9449 (1)




次回は世界で一番小さな国へ。



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
2013.12.24 墓地島。
☆世界一周225日目☆





リアルタイムはボリビアのウユニにいます!wifi環境が悪いと聞いたので、予約投稿しています。




世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*



今日はベネチア散策のオススメルートの巻(^-^*)/



ベネチアは、イタリアでも屈指の観光都市なので、観光客がわんさかいます。
DSCF9203.jpg



リアルト橋の周辺は、それはもう激混み。お土産やさんもたくさんありますが、可愛いものが全然ありません。
DSCF9207.jpg



1番と書いてあるフェリーでこの橋も超え、旧ゲットーのあたり(San Marcuolaとかいう停船所)で降りると、観光客も減るのでかなり落ち着いてベネチアを楽しめます。
DSCF9216.jpg

DSCF9217.jpg



船用のガソリンスタンドとか(´艸`*)
DSCF9230.jpg



ボートからそのまま家の中に入っていく様子が面白かったです。1回部分は、浸水したりするので、住居ではなく倉庫になっています。
DSCF9220.jpg



ベネチア住民が新聞で一番気にするのは、「故人」のニュースだそうです。誰もがボートを所有したいと思っているのですが、停める場所が埋まってしまっているそうなので、ボート所有者が亡って空きがでるのを待っているのだとかw
DSCF9209.jpg

DSCF9208.jpg



近隣の島へのフェリーがあったので、「セメタリー島」へ行ってみました。




セメタリーとは、墓地のことです。小さな島全体が墓地になっています。




1つ1つのお墓に、故人の写真がついていました。
DSCF9242.jpg

DSCF9247.jpg




帰りはフェリーに乗らずに、細い路地やたくさんの橋を渡って、迷子を楽しみました。
DSCF9199.jpg

DSCF9252.jpg

DSCF9254.jpg

ベネチアって、地面が少なくて、本当に水の中に街がある感覚。
DSCF9195.jpg

DSCF9234.jpg



東京ディズニーシーを思い出しました(´艸`*)ランドより断然シー派です。
DSCF9257.jpg



こんな情緒ある街に住めるなんて、最高だろうな。
DSCF9222.jpg



アレックスも、昔はよく旅をしていたそうですが、今はこんな最高な街に定住することができて、毎日幸せだし、もう旅行欲がなくなったそう。


彼のおかげで、イタリアが大好きになりました。今度は家族か彼氏を連れてくるねって約束しました。


私も、もっと日本の美しい所や美味しいものを見つけて、日本を訪れてくれた人々に紹介して、その人たちが日本を大好きになるきっかけを作りたいな(*´∪`)
DSCF9261.jpg





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周224日目☆





リアルタイムはボリビアのスクレからウユニへ移動中!





世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


ベネチアつづき。



アレックスのお家のベッドがあまりにも気持ちがいいものだから、朝起きたらもう12時半でした(;´▽`)



すでに冬の到来していたドイツとくらべると断然暖かく、窓を全開にしてのんびり朝食。
DSCF9087.jpg



辺りは団地のようになっていて、ご近所さんが窓の外を通りかかって「おはよう!」と挨拶をしていくような、ご近所さんとの距離が近く感じる場所でした。



アレックスも、近所の友達が通りかかったときにワインを振る舞っておしゃべりを楽しむような、そんな暮らしが夢だったそう。ここジュデッカは、かつてのベネチアの姿がまだ残っているエリアだそうです。
DSCF9086.jpg

DSCF9101.jpg



ベネチアでは交通手段として船に何度も乗るので、1日券を買いました(20€)。初めに使ったときから24時間有効です。他にも36時間券(25€)や60分券(7€)などもありました。
DSCF9089.jpg



アレックスの職場のカフェテリアを訪ねたら、ワインを一杯ごちそうしてくれました(゚∀゚)
DSCF9111.jpg


ベネチアはベネチアングラス(ムラノグラス)でも有名なので、ガラス作品の展示なんかもやっていました。ベネチアからフェリーでいける、ムラノ島の職人さんが作るガラス製品だそうです。興味のある方はぜひムラノ島へ足を運んでみては♪
DSCF9113.jpg

DSCF9119.jpg


バーなどのシャンデリアも全てムラノグラス。肉厚なシャンデリアが独特で、素敵です。
DSCF9185.jpg


ゴンドラホスピタル(修理所)の向かいにあるバーが行きつけだというので、お昼に連れていってもらいました。
DSCF9106.jpg

運河を挟んだ向かいのお店。
DSCF9133.jpg



わ!美味しーい(゚Д゚*)!!!
DSCF9127.jpg

ピンチョスの種類が豊富で、1つ1€とお手頃。アンチョビやツナ、たら、生ハムなど、一見シンプルなのにびっくりするほど美味しかったです(゚д゚)♡
DSCF9132.jpg


スペインで食べたピンチョスよりも美味しかったかも!久しぶりに食べ物で感動しました(*´∀`)イタリアはやっぱり食のレベルが高いですね!





また船に乗って、サンジョルジョ教会のタワーへ。ヴェネチアの夜景は明かりが上品で素敵(´∀`●)
DSCF9153.jpg

DSCF9174.jpg

DSCF9172.jpg



またまた船に乗って、サンマルコ広場へ。
DSCF9180.jpg

DSCF9184.jpg

ここの一角にあるバーのスプリッツは、ベネチアで一番おいしいそうです(アレックス説)。お酒を頼むと、バーに置いてあるつまみ類(オリーブやナッツなど)を自由につまめます。
DSCF9186.jpg

バーの名前をチェックするのを忘れましたが、おそらくこの写真に写ってるとこ。
DSCF9187.jpg


広場のバーやレストランでは生音楽を演奏しているのですが、演奏がかぶらないようにお店ごとに順番に演奏していました。そんな配慮が素敵です。




やっぱり地元の人に案内してもらうと、街が違った目線からみれて面白い。
DSCF9143.jpg
こんな絵じゃどの猫かわからない(;´Д`)


1人で観光してたら知ることのできない穴場スポットに連れていってもらえるので、その街がどんどん好きになる。
DSCF9142.jpg






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周223日目☆




リアルタイムはボリビアのスクレ。毎日チキン。豆腐が恋しいです(´ー`)



世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*



ベローナからベネチアへは電車で1~1時間半程度と、近いです。普通列車と特急のようなものがあって、普通の方は7€くらいで1時間40分、特急は21€で1時間で行けます。


もちろん安い方を買って電車を待っていて、到着時刻ちょっと前に電車が来たので飛び乗ったら、


一個前の特急が遅れていたようで、特急に乗ってしまったのでした(xдx;)


車掌さんがまわってきて、


「鈍行の切符を買ったんですけど、間違えてこの電車に乗ってしまいました(;д;)」


と訴えてみたものの、


「差額を払えば問題ないよ♪」


とサラっとかわされてしまったので、あっさり差額分2000円程払いました(=_=)悲しい。




イタリア・フランス・ドイツあたりは列車の切符が高くて辛いです(=д=。)





ベネチアでも泊めてくれる人が見つかったので、カウチサーフィン!



アレックスというおじさまです(゚∀゚人)



家へ向かう途中で、



「ヴェネツィアではスプリッツという食前酒を夕方に飲むんだよ!飲んだことある?」とアレックス。



「ない!飲んでみたい(*゚∀゚*)!」



ということで、バーに寄り道。



日本のバーにある「スプリッツァー」とかいう名前の、白ワインにソーダを足したようなカクテルのことかな?と思ったのですが、全然違いました。



スプリッツは4種類程あるそうなのですが、オレンジのと赤のを飲ませてもらいました。
DSCF9079.jpg

DSCF9082.jpg

オレンジのは甘くて飲みやすいです(*'v`)b

赤のは少しビターな感じ。チンザノロッソみたいな味?



ピンチョス(つまみ)も美味しそうだったので、バケットにバカラオ(たらの塩漬け)の乗ったものを食べてみると・・・・



きゃ!おいしーい( ´艸`)!!バターとたらを混ぜてクリーム状にしたような感じ。




お店のお姉さんが生ハムをスライスしていて、それも美味しそうでした♡
DSCF9081.jpg




早速ベネチアの洗礼を受け、気分上々(´∀`*)


夜のベネチアの街並も美しすぎて、感動しっぱなしでした。
DSCF9084.jpg


さすが水の都ベネチア。水と街とがすごく自然に一体となっていて、控えめな街頭と静かで落ち着いた街がすごくエレガント。
DSCF9085.jpg

DSCF9179.jpg



アレックスは、べネチアの中心から海をちょっと渡ったところにある、「Giudecca」(ジュデッカ)という地区に住んでいて、さらに閑静な住宅街でした。世界最古のゲットー(ユダヤ人居住地区)があったそうです。



昔旅行者に宿として部屋を貸していた時期もあったそうで、大きなベッドのある綺麗な部屋を使わせてくれました(*´∀`*)全部自分でクリーニングとか予約の管理などをしなきゃならなかったので、大変すぎて宿はやめてしまったそう。



今までの旅行の話や、家族のことなどを話しながら、アレックスがだしてくれた生ハムとワインがすすむ、すすむ(●´∪`) ワインと生ハムが常備してあるなんて、憧れの暮らしです♡




ベネチアでの素敵なホームステイ、始まり始まり~+゚。*(*´∀`*)*。゚+







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。