上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周65日目☆


テルアビブの次に向かったのは、砂漠の中にある、「マサダ」という地。
ヨルダンで会った旅人に勧められたので、立ち寄ってみました。




テルアビブから、一旦エルサレムまでバスで行き(18シュケル)、バスを乗り換えてマサダまで(42シュケル)。
あわせて1686円です。


テルアビブからの直行便もあるのですが、朝8:40の一本しかないです。
バスの時刻、ルートは、こちらのサイトを参考にしてください。⇒egged bus



マサダは、死海のすぐそば、砂漠の真ん中です。



マサダの岩山のふもとに、ホテルとホステルが1つずつくらいしかありません。山の反対側にも入り口があるので、そちらにもあるみたいですが。



私の泊まったところは、「Massada Guest House & Youth Hostel」。山のすぐ近くにあって、便利です。

予約なしで行ったのですが、ドミトリーが満室で、2人部屋に特別ドミトリー料金で泊めてくれました。138シュケル(3877円)。
予約はして行った方がベターです!!


きれいなホステル。かなり大きいです。
IMG_7239.jpg

久しぶりに個室に泊まれて、のびのびできました♪
DSCF4239.jpg


宿からの景色。絶景です。周りに何もないので、心置きなくのんびりできます。

IMG_7232.jpg


プールもあります。暑いのでプールは嬉しい♪
IMG_7238.jpg


朝食はついてるのですが、夕食はビュッフェ形式のものを頼むか、売店で簡単なものを買うか(おかし、パン、カップラーメンなどあります。)しかチョイスはないです。山のふもとの、ロープウェイ乗るとこにもお店があるとか。でも夕方には閉まっちゃいます。




さて、マサダって聞いたことない人が大範だと思います。私も知りませんでした。




なんでも、マサダはユダヤ人にとって重要な意味を持つ場所なのだとか。



マサダというのは、ヘブライ語で「要塞」の意味だそうです。


以前にエルサレムについてのブログの中で、「ユダヤ人は何度も侵略、迫害を受け、国外に出ざるを得なかった」という話をしましたが、西暦70年に、エルサレムがローマ軍によって陥落させられた後、ユダヤ人の最後の拠点がここでした。


マサダは400mの岩山で、難攻不落と言われた要塞でした。967人のユダヤ人がここにたてこもり、3年程持ちこたえましたが、西暦73年にはローマ軍が8000人もの軍隊で包囲をし、ついにこの最後の砦も陥落に追い込まれてしまいました。


その際、ここに立てこもっていたユダヤ人は、



「ローマ軍に降伏し、奴隷となり、恥辱を受けるよりも、自ら命を絶つほうがましだ!」



と、集団自決を選んだのです。



そして2人の女と5人の子供を残して全員が集団自決したといいます。




今日のユダヤ人にとっても忘れられない場所となっているようで、イスラエルの若者たちが兵役につく、入隊宣誓式が、このマサダ頂上で行われるそうです。


「マサダは二度と落とされない」という文字を炎で浮かび上がらせ、忠誠を誓うのです。



そんなユダヤ人にとって大切な場所に、行ってきました!!



頂上から朝日を見るのがオススメ、ということで、朝4時に起きました。私の行った6月は、4時半に入り口の門が開きましたが、季節によって違うと思うので、ホテルの人に聞くと良いです。

ケーブルカーは8時からオープンするので、朝日組は必然的に、ハイキングとなります。



受付。入場料29シュケル(819円)。
IMG_7243.jpg


暗い中、この標識を頼りに道を探します。
DSCF4251.jpg


Snake Pathという、山道をハイキングするのですが、途中から階段になっていて、どんどん斜面が急になって、結構きつかったです・・・・ペトラよりきつかったかな。しかも一人だったから、心が折れそうになりました(ー_ー)


頂上まで1時間程かかる、と言われていたのですが、一人で黙々と歩いたら、30分くらいで登れました。
ケーブルカーだと3分だそうです。昼間は暑いので、ハイキングはおすすめできません。


さて、朝日を待ちます。
IMG_7244.jpg



荒野に昇る朝日。きたー!!!!
IMG_7246.jpg

死ぬ思いで登った甲斐がありました。
DSCF4294.jpg


太陽が登ってくるときって、すごく大きな力に包まれる感覚がして、空気がふわっと温まって、「あ、太陽に生かされているんだな」って気持ちになります。太陽に感謝する瞬間。神々しいって言葉がありますが、太陽が神そのもののような感覚を味わいます。




朝日を見た後は、遺跡を見学。ユダヤ人の人々が暮らすのに必要な、教会や共同風呂のあと、倉庫や貯水槽のあとなどがありました。
DSCF4311.jpg

教会の内装が残っています。!!!西暦73年!!!
DSCF4319.jpg



ユダヤ人の団体が、音楽を奏でたり、集団でお祈りをしていました。
DSCF4302.jpg

S0044283.jpg



朝6時頃。すでに暑くなり始めたので、下山します。
DSCF4322.jpg

IMG_7258.jpg



登りに比べて、楽ー!!!と調子こいてたら、足ひねりました。。。。。



これがのちのち大変なことに・・・・(;_;)



さていよいよイスラエル出国です!



負傷者の旅、つづく。



今日も読んでくれて、ありがとうございます!


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周

スポンサーサイト
☆世界一周64日目☆



実は、テルアビブで、素敵な出会いがあったんです



一人で、色々な建築を探しながら歩いていたら、やっぱり道に迷いました。



そこに、一人のジェントルマンが、「大丈夫?迷ってる?建築なら他にももっと綺麗ななエリアがあるよ!」



と声をかけてきました。



もしこれがエジプトとか、モロッコだったら、絶対に怪しい人ですが、ここはイスラエル。


テルアビブの治安はヨーロッパ以上に良いです。何時でも、どこでも、危ない場所はないと言われています。
もちろん危険なことは世界中どこでも起こるので、ある程度は自分で察知しないといけませんが・・・



彼は、私のホステルの近くに住んでいるということで、「バイクで送ってあげるよ!」と言ってくれました。
バイク大好きな私は、喜んで送ってもらいましたw!!

良い子はマネしないように!知らない人にはついていってはいけません。



この紳士(おじさま)、実は芸術家だそうで、彫刻やアクセサリーを作っているとのこと。


翌日も私のことを心配して、色々連れて回ってくれたので、アトリエにもお邪魔させていただきました。

研磨機?名前はわかりませんが、シルバーやゴールドのアクセサリーを磨いています。

この天使や、女性の体のアクセサリーは、すごく細かい彫刻作業の賜物です! アトリエにあった古いものやサンプルを、少し磨き直して、プレゼントしてくれました!!おじさん素敵!!
DSCF4246.jpg


この紳士のいとこも、アーティストのようで、そちらのアトリエも見せてくれました。
IMG_7211.jpg

とても不思議で、複雑なオブジェを作っている方です。セラミック(陶器)の作品です。
ジブリっぽい!
IMG_7208.jpg


他にも、野菜に飢えていた私をベジタリアンカフェに連れていってくれたり、

DSCF4185.jpg



フムス(ひよこ豆のペースト)のおいしいお店に連れていってくれたり。ここは、「The Carmet Market」という、市場の中にありました。

フムスの上に、オリーブオイルと、オニオンと、ピクルスなどをのせてくれます。 フムスにごま油をつかっているようで、香りがあって美味しかったです♪
IMG_7193.jpg

これは黒ビールだよ、と言われて飲んだのですが、ルートビアみたいなやつって言ってたので、ノンアルコールかも。甘かったです。
IMG_7194.jpg



テルアビブで一番美味しかったものは・・・・





神戸ビーフw!!!


家のキッチンみたいな、アットホームなレストランでした。
IMG_7213.jpg

神戸牛のハンバーグを、フランスパンの中をくりぬいたところに入れた、ハンバーガーみたいなものだったのですが、
IMG_7216.jpg
激ウマ!!!!


久しぶりに食べ物で感動しました!!!
特にイスラエルフードでもないですが・・・和牛ですが・・・・


イスラエルの色のレベルが高いってことです☆


特にテルアビブは、みんなよく外食をするようで、毎日レストランもカフェも、地元の人でいっぱい!



さて、大好きになったテルアビブともお別れです。


オシャレなレストランやカフェ、
DSCF4235.jpg


かわいくてリーズナブルなお洋服屋さん、
DSCF4203.jpg


古い建物の、建築様式を大切に残し、修理をし、白やパステル系の色に塗り替えてまた利用する、という都市計画、
DSCF4212.jpg


緑の多い町並み。
緑街並



物価は高いけど、すごく住みやすい街に違いありません!

次回はもっとお金を持って、優雅に楽しみにきます♪



そして、お世話になったおじさま。アーティストの知り合いは今までできたことがなかったので、とても良い刺激になりました。

日本で結婚相手見つからなかったら、このイスラエルのおじさまに嫁ごうかしら・・・☆




最後に、ホステルでも、おもしろい出会いがありました。



最終日の分の予約が、ちゃんと取れていなかったようで、「ドミトリーに空きがない」と言われてしまいました。



でも、テラスにソファやベッドがいくつかあって、そこにも泊まれるとのこと。ドミトリーより安いし、

ま、いっか!

と思って、一番寝心地の良さそうなベッドを陣取って、寝る準備をしていたら、




「あなたの隣で寝るわね!二人寝るのに十分大きいベッドだしね♪」



といって、不思議ちゃんが(たぶんアメリカ人)ベッドに入ってきました。



前日にも見かけた子で、独り言がやたらと多くて、不思議すぎるので、距離を置いていたのですが、なぜか一緒に寝ることになってしまいました。



ベッドに入るやいなや、



「あれ、一人で歩いてるんだよ!場所が変わってるもん!」



と言いました。



私「あれって何?」



「あの人形!」



IMG_7217.jpg


これが動くそうです。



「しかも、だれかがパンツ脱がせちゃったみたい!さっきまで履いてたもん!」



私「へー。そっか。おもしろいね。」


会話を続けないようにして、寝ました。



といっても、なんか体中がかゆくて、蚊にさされてるような感覚がして、暑いし、朝まで眠れませんでした。



今までで一番辛い夜でした。



ばいばい、テルアビブ!!!



イスラエルの旅まだつづく。





今日も読んでくれて、ありがとうございます!


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周


☆世界一周63日目☆



一日目で恋に落ちてしまった、お気に入りの街テルアビブ




テルアビブの魅力は、綺麗なビーチだけではありません。



テルアビブには、旧市街、「Old Jaffa(ジャファ)」という一角があります。


私の泊まっていた地区は、ビーチに割と近いFlonrentineというエリアですが、そこからだとジャファへは歩いて行ける距離です。15分くらい。


ジャファへの入り口は、この時計台が目印です。
DSCF4177.jpg


ジャファは、3000年前からある港町で、現在の街の建物や狭い小道などは、1900年代始めまで続いていた、オスマン帝国(昔トルコのあたりにあった帝国)時代に築かれました。



もちろん修復を繰り返していますが、建物の中のアーチなど、とても綺麗です。
DSCF4162.jpg


IMG_7167.jpg


そして、現在ここジャファには、多くのアーティストがお店をかまえていて、とても洗練された雰囲気です。
DSCF4152.jpg

これらもアート作品。
DSCF4157.jpg


宙に浮いたオレンジの木。
IMG_7173.jpg



そして、ここのもう1つの魅力、夕日!
DSCF4149.jpg
なんですが、海に沈むとこを見るには間に合わなかったw


IMG_7176.jpg

この、海に突き出たところがジャファです。
DSCF4173.jpg


帰りはテルアビブの街を見ながら、
DSCF4161.jpg



海沿いを歩きます。海に沿って、ひたすら舗道が綺麗に整備されていて、ジョギングや、サイクリングや、お散歩や、デートなど、思い思いに楽しめます。
DSCF4178.jpg



あー素敵な街!!ゴミ箱も、水飲み場も、たくさん設置されているし、街歩きが楽しいです。



一人のロマンチックな街散策、つづく。




今日も読んでくれてありがとうございます☆



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周62日目☆


さて、歴史と宗教についてたくさん考えすぎて、頭が痛くなってきたところで、イスラエル第二の都市へと移動しました。



都市の名は、「テルアビブ」。実質の首都のような感じで、イスラエルのビジネスの中心だそうです!
images-1.jpeg


エルサレムからバスで、約1時間。18シュケル(502円)です。
朝のバスに乗ったら、混んでいて1時間ずっと立ち乗りでした。。。


さて、またまた地図もなにも持っていないので、到着後迷いに迷います。


でも人に道を聞いても、皆親切に教えてくれます♪


ホステルまでの道を、大きなバックパックを背負って、てくてくさまよいます。




ん・・・なんか、家がみんなかわいい!
IMG_7121.jpg



グラフィティ(壁に描かれた絵)がたくさんある!
IMG_7123.jpg



IMG_7130.jpg



なんだかオシャレな街な予感・・・・



なんとか今夜の宿「Florentine Hostel」に着きました。
女性用ドミトリー:一泊77シュケル(2148円)。朝食込み。

物価高いな・・・(=_=)


でもこのホステル、スタッフも親切だし、テラスがあって、楽しい雰囲気です。



荷物を置いて、街を散策してみました。



おやおや!!
DSCF4090.jpg

きれいな緑道。そしてレンタサイクルがあちこちに。どこのスタンドに返しても良いシステムです。
DSCF4086.jpg

DSCF4098.jpg



なんだか南国風!
DSCF4095.jpg


同性愛者を示す、レインボーの旗まで、あちこちに!エルサレムより、自由な雰囲気です。
DSCF4097.jpg



少し歩くと、ビーチが見えました。

そうなんです、この街、地中海に面していて、ビーチリゾートなんです!!
IMG_7144.jpg



なにこの素敵なベンチー!!!オシャンティ!!!
DSCF4115.jpg



宗教色が濃く、肌の露出が控えめだったエルサレムと比べると、ビーチ目当てに来た外国人も多いので、みんな水着とか、肌を思いっきり露出して歩いています。


完全に南国ムード、海ムードで、わくわくするー(>u<)
DSCF4117.jpg


海沿いには、テルアビブの魅力の1つ、現代建築で斬新なホテルが並びます。
DSCF4116.jpg

DSCF4114.jpg


1泊のつもりでしたが、ちょっとのんびりしちゃおかな♪


一人バケーションつづく。



今日も読んでくれてありがとうございます!


ポチッと押してくださると、励まされます
応援お願いします☆

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周61日目☆


リアルタイムは、バルセロナでのんびり。夏休みできているのか、ヨーロッパの若者が毎晩パーティしていて、夜はあまり眠れないので、昼寝をたっぷりしています。

******************


5日間程お世話になったPolinaともお別れの時がやってきました。



ホスピタリティのかたまりのような女性で、朝食や夕食、ときにはティラミスまで作ってくれました。絶品(>u<)
IMG_7090.jpg



ユダヤ教文化では、「与える」「人をもてなす」ということがとても良いこととされています。
他の宗教にも、「徳を積む」という発想があるように、ユダヤ教でも、良い行いをたくさんすると、死後の魂が天国へ行ける、と言われているそうです。


旅をしていると、たくさんの親切な人に助けられます。


特にカウチサーフィンなんて、赤の他人でしかも外国人を無償で家に泊める、という発想に驚きます。



今まで受けた親切を、今度は私から周りへ返していけたらな・・・と思います。




さて、エルサレム最後の夜は、エルサレムにある「JAPANIKA SUSHI BAR」という日本食レストランで、Polinaにごちそうすることにしました。


お店は地元の人にも人気なようで、とても賑わっています。

DSCF4081.jpg
手前の寿司ロールは、サーモンとアボカドが入っていて、海苔で巻いた後に、更に天ぷらのように揚げてありました!
美味しいけど、ちょっと胃がもたれそうw
右奥にあるのは、サーモンの握りと、サーモンで巻かれた寿司ロール。サーモンが好きなのでサーモンづくしになってしまいました!!




そしてこれは・・・・?
DSCF4076.jpg

揚げ出し豆腐!!!固めの豆腐で作られていて、チーズみたいな食感でしたが、味は結構再現されてました♪
懐かしい味で嬉しかったです。



Polina。 揚げ出し豆腐、気に入ってくれました。
DSCF4075.jpg



私。日本食にありつけて幸せです。
DSCF4084.jpg


エルサレム、宗教と歴史とモダンな社会が融合していて、毎日刺激的でした。
私の持っていたイスラエルの印象を、ガラッと変えてくれました。





さあ、新しい街へ・・・・!!!
IMG_7143.jpg



今日も読んでくれてありがとうございます☆

ブログランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと押してくださると、嬉しいです
応援お願いします☆

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。