上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周86日目☆


リアルタイムは、スペインのセビージャ。明日はポルトガル・リスボンに移動します!



****************



7月のマラケシュは暑いです。午前10時〜午後19時くらいまでは、暑すぎて観光する気にもなれず、歩き回るのも辛いです。帽子と、濡らしたスカーフを首に巻いたりするのは必須です。両方とも持ってませんでしたが・・



中東がどこも暑かったので、夏バテしたのか、モロッコでは食欲もなく、体力もなく、階段一段を二秒かけて上がるくらい、体がボロボロでした。




夏の時期に行く方、暑さ対策がんばってください!!



ペットボトルの水は、スーパーマーケットで買うと(新市街と旧市街の間にcarre fourというスーパーがありました)1.5Lが4.10ディルハム(50円弱)でした。オレンジジュース屋さんの屋台とかでも売ってますが、10~15ディルハムと、高いです。

でも水は持ち歩くと、すぐにお湯になっちゃいます(´・Д・)





あとは、毎度期待を裏切らない、絶品オレンジジュースはぜひ飲んでください!こちらも50円ほど。
スペインでは少なくとも250〜300円くらいはするので、マラケシュのオレンジジュースが恋しいです(;_;)

最後にお世話になった25番のお兄さんと。
DSCF4553.jpg




そして、アイス屋さんが多いのも嬉しいです。100~200円くらいするので、贅沢品。

DSCF4431.jpg





いかんせん食欲がなかったので、モロッコ料理はあまり積極的には楽しめませんでしたが、オリーブとタジン鍋と、タンジア(肉の煮込み)とクスクスは好きでした!
クスクスは、小麦粉から作る、小さな粒状の炭水化物ですが、これに、野菜やお肉の煮込んだものが乗っています。結構量が多いので、2人でシェアするくらいでいいかも!

DSCF4434.jpg


ちなみに食費の目安は、屋台のメニューは一品200〜500円くらい。たくさん食べたら2人で1000円くらいしました。昼間にやってるご飯屋さん(軽食屋)は、モロッコ料理に加えてケバブやサンドイッチなどもあります。一品300〜500円くらい。マクドナルドは、日本とあまり変わらなくて、セットが500円くらいしました。

物価の安いはずのモロッコで、結構お金使っちゃったな・・・・贅沢病が抜けません。





モロッコ料理はおいしいのですが、暑いときはやっぱり、さっぱりした冷ややっことか、そうめんとかが食べたい・・・(~_~)日本が久しぶりに恋しくなりました。




帰りはまたマラケシュからカサブランカへ電車に乗りました。朝9時頃の列車は、かなり空いていて、個室が確保でき、快適でした♪

IMG_7518.jpg





一緒に旅行していたトルコ人のファーティが、マラケシュ滞在中ずっと体中がかゆい、かゆいと言っていて、蚊かダニだと思っていたのですが、帰っても治らないので医者に診てもらったところ、寄生虫の一種だったそうです。皮膚の下に入りこんでかゆみを引き起こすそうです(+_+)!!!きゃー!!


私は全然何にも刺されず、大丈夫でしたが、皆さんお気をつけて!





私の方は、モロッコの他の街にも行く予定だったのですが、体調が悪すぎて楽しめなさそうだったので、スペインに移動することにしました。



モロッコ、名残惜しいですが、さようなら!





今日も読んでくれてありがとうございます☆


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周




スポンサーサイト
☆世界一周85日目☆

リアルタイム:グラナダが気に入ったので、延泊!今日セビリヤに向かう予定です!

****************

今日もモロッコ・マラケシュの続きです☆

マラケシュからは、近隣の町や村にいくつかツアーが出ています。砂漠に行くツアーもありますが、日帰りではできなかったので、私はオリカ(Ourika Valley)という場所に1day tripしてきました!

マラケシュの街中にツアー会社がいくつかあるので、適当に入ったら、どんなツアーがあるのか、どんな場所なのか、映像を見せながら説明してくれました。

オリカは、マラケシュから車で1時間半程の山の合間にある、ベルベル人(北アフリカの先住民族)の村がある場所です。ベルベル人の村訪問、ハーブ園訪問、そしてメインは滝、という感じのツアーです。1人2000円くらいでした。


こんな山に囲まれた、のどかなところで車から降ろされます。
DSCF4510.jpg


すると村の人たちが寄ってきて、アクセサリーや宝石を売ってきます。子供たちもたくさん寄って来て、あまり積極的には来ないものの、さりげなく「マダムー・・プリーズ・・・」と小さな声で手を差しだし、小銭を求めてきます。
DSCF4512.jpg


親がそうさせてるのかな・・・?観光客が来たらお金をもらいにいくのが子供の仕事とか?
状況が分からないので、お金はあげませんでした。



村の中の1つの家を、観光用に見せてくれます。
DSCF4514.jpg


小さいハマム(サウナのようなもの)。 北アフリカや中東は、サウナ文化が昔からあるようです。
DSCF4516.jpg


ハーブ園では、モロッコの特産品、「アルガンオイル」を作る様子や、オイルやハーブを使った化粧品などの説明をしてくれ、そこで買うこともできます。
アルガンというのは、モロッコでのみ生育するアルガンの木から取れる実で、食用の油と、化粧品用の油が取れます。
アーモンドのような、ナッツ系の香りがしました。ハーブ園のお姉さんによると、何にでも効くそうですw 不眠、薄毛、肌荒れ、乾燥、しわ、しみ、日焼け、などなど!!

DSCF4524.jpg


一緒にツアーに参加していた人たち。イギリス、オランダ、フランス、ロシア、ジャマイカなど多国籍で、楽しかったです♪
DSCF4529.jpg
変なズボンをはいている、前にいるおじさんが、ガイドさんです。



ランチは、川の中で食べました。始めは「わー!たのしー♪」と浮かれてましたが、水が冷たすぎて、足を浮かせてご飯を食べる羽目になります。
IMG_7465.jpg



さて、メインの滝へは、思いがけず軽いハイキング。ビーサンを履いていたので、かなり危険でした(*_*)
山の中は、とっても涼しくて、25〜30℃くらい?でした。空気が新鮮で、マラケシュとは大違い!!
IMG_7476.jpg


途中でキンキンに冷えたジュースの誘惑。
IMG_7470.jpg


1069973_579441732099549_658591983_n.jpg


山登りの途中に、お土産屋さんがたくさん並んでいます。石や木の彫刻ものが多くて、素敵でした!!目の前で作っているところを見ると、つい買いたくなっちゃいます。
IMG_7471.jpg



30分程登って行くと、ついに滝が現れました!地元の人(特に男子)がたくさん集っています。
ここにいたモロッコ人男子たち、みんなイイ体してましたw 目の保養!!
IMG_7477.jpg


モロッコはイスラム教徒の多い国なので、基本的に女子は水着を着ません(肌を隠さないといけないので)。なのでツアーに参加してた女の子たちが水の中に入って行ったら、男子の視線が釘付けでしたw
IMG_7482.jpg


ファーティも挑戦。 水、びっくりする程冷たいです。修行レベルです!
IMG_7491.jpg




帰り道には、絨毯屋さんに寄られますが、別にしつこく売って来たりしないです。


一日、マラケシュから離れて涼しい新鮮な空気が吸えて、とてもリフレッシュできました♪
オススメのお手軽ツアーです!!





今日も読んでくれてありがとうございます!!

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周

☆世界一周84日目☆


リアルタイムはグラナダ観光後、セビリアという街に移動します!


*****************



今日は、モロッコで遭遇した不思議について。



まずは食べ物。

IMG_7493.jpg


この手前にある円形のパイのようなもの。
「パスティージャ(Pastilla)」と呼ばれ、屋台やレストラン、おそらくどこでも食べることができます。
モロッコ人の友達がオススメをしていたので、頼んでみたのですが・・・・



一口でギブアップ(+_+)



別に、まずいわけじゃないです。食べられます。



ただ、シナモン風味の鶏肉の入ったミートパイに、さらに砂糖がかかっていて、お菓子的な感覚なんです。



私はお肉やお米など、甘くあってほしくないものが甘いのが苦手(みたらし団子とか)なので、食べられませんでした。これがしょっぱい味付けだったら、絶対美味しいのにな〜!







次に、モロッコ人の不思議について。



モロッコ人、旅人の間では世界三大ウザい国のうちの1つとして知られていますが、私はトルコ人の男の子と一緒に歩いていたので、あまり声をかけられたり、お土産屋さんにしつこく売りつけられたりはしませんでした。
むしろタクシーの運ちゃんや、お店の客引きの人たちは、声はかけてきますが、引き際を知っている感じで、断ればあっさり諦めてくれました。


ただ、出会った数人のモロッコの人たち、謎の嘘をつくんです。


広場に向かっていると、「そっちじゃないよ。逆だよ。」



とか、




観光スポットに行こうとしてると、「今日は休みだよ」とか。




その嘘を信じたところで、その人には何のメリットもないと思うのですが。。。。
むしろマラケシュの観光産業に悪影響だと思いますが。。。



嘘を信じさせて、別の場所へ案内しようとしている風でもなかったんです。



観光客をからかっているのかしら?



とにかく謎です。



理不尽すぎて、腹がたってきました。



せっかく観光客がたくさん来ているんだから、親切にしてあげて、モロッコの印象を良くして、もっとたくさんの人がモロッコのことを好きになってほしい、とか思わないのでしょうか。



真相を知っている方がいたら、ぜひ教えてください☆





今日も読んでくれてありがとうございます:)

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周


☆世界一周83日目☆


リアルタイムは、スペインの南部分にあるグラナダという街に来ています。
毎日弾丸で町から町へと動き回っているので、久しぶりのブログ更新です(^^;)

****************

暑くてバテながらも、マラケシュ観光がんばりました。

おすすめのスポットを紹介します☆




①マジョレル庭園

DSCF4531.jpg

新市街側にあるので、旧市街から歩いていったら30分程かかりましたが、距離的にはタクシーでも20ー25ディルハム(せいぜい300円)だと思うので、暑い時期にいく方は、炎天下の中歩くのはオススメしません!

マジョレル庭園は、1920年代に、フランス人のマジョレル氏が造った庭園で、彼の死後は、有名なデザイナーのイヴサン・ローランと、ピエール氏という人が買い取って管理しているそうです。

世界各地の植物(竹や色々な種類のサボテン、名前は知らないけど南国のなど)がそれぞれのカテゴリーに分けられて植えられていて、とても不思議な雰囲気が味わえます。砂漠のマラケシュの中で、唯一緑に囲まれ、静かに日陰で休むことのできる場所でした。

DSCF4545.jpg

DSCF4543.jpg

DSCF4540.jpg

DSCF4537.jpg


この庭園の魅力は、そこにある多様な植物だけでなく、建物や鉢植えの色彩。マジョレル・ブルーと呼ばれる、鮮やかなブルーを中心に、カラフルな鉢植えが植物の緑をより際立てていました。
DSCF4541.jpg

歩き疲れた体も、緑の中でゆっくりしてると癒されます。
DSCF4534.jpg


入園料は50ディルハム(500円)。マラケシュの観光地の中ではちょっと高い方です。そんなに大きな庭園ではないので、30分くらいで見終わっちゃうかもしれませんが、マラケシュの雑踏に疲れたときにはもってこいの場所ですw



②アリー・ブン・ユースフ・マドラサ(神学校)(Ali ben Youssef)

モロッコで一番大きい、イスラム教の神学校。寄宿舎になっていて、小部屋が130もあります。
1960年まで実際に使われていました。

中庭。
DSCF4459.jpg


小部屋は、三畳程の狭いものや、五畳くらいの少し大きめなところもありました。
DSCF4465.jpg

二階の部屋からは中庭が見えます。向かい側の部屋にいる人に手を振ったりしてたのかな:)
DSCF4464.jpg


こんな小部屋で、どんなことを思いながら暮らしていたのでしょうか。
DSCF4467.jpg

ドアに小窓。
DSCF4462.jpg

壁や天井に施された彫刻がとても美しかったです。
DSCF4468.jpg

DSCF4474.jpg

DSCF4472.jpg



神学校というだけあって、神聖で重厚な雰囲気が漂っているので、心安らぐ場所でした。
どんだけマラケシュに疲れてるんだって感じですがw


ここは、旧市街のスーク(入り組んだ商店街)の中にあるので、かなり分かりづらくて、迷います。お店の人に聞いて探しましょう。



癒し系の観光スポット紹介でした!!



今日も読んでくれてありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周







☆世界一周78日目☆


リアルタイムはスペインのサラゴサという街にいます!明日マドリッドに行く予定☆



***************




マラケシュは日中40℃を軽く越します。



空気がむわんって感じで、息が苦しくて、体力が奪われます。
日差しが強すぎて、痛いです。帽子なしで歩くと辛いです。




そんな炎天下のマラケシュで、一体何をするのでしょう???



マラケシュの街内ですることのおすすめをランキングしてみましたw



①オレンジジュースを飲む!

ジャマ・エル・フナ広場(Jamaa el fna square)という、旧市街の中心地には、朝から晩までフレッシュなオレンジジュースの屋台がたっくさん並んでいます。20個くらいはあると思います。


私たちの通った、お気に入りのジュース屋さんは、25番! 
DSCF4445.jpg

グラスに注いでくれるので、その場で飲むスタイルなのですが(4ディルハム、44円)、ここを含めいくつかのスタンドは、持ち帰り用の、プラスチックのカップも用意してます。持ち帰り用だと、5ディルハムでした。
DSCF4424.jpg

このオレンジジュースが、すっっっごく美味しいんです!!!
冷えていて、甘くて、すっきりしているので、この暑さで食欲をなくした私にもピッタリでした。
一日に3回くらい通いました。

オレンジ以外にも、グレープフルーツやレモンもあるようでしたが、そっちは10ディルハムでした。


このオレンジジュースの為に、マラケシュに来る価値があると言っても過言ではないです!!




②旧市街・スーク散策!

マラケシュのメディナ観光のメインは旧市街なのですが、スークもしくはメディナ、マーケットと呼ばれる、お土産やさんなどが並ぶ商店街が、迷路のようにはり巡っていて、かなり道に迷います。お土産を買いたい人は、色々見て回ると楽しいと思います。値切るのを忘れずに。私は買い物をしないので、値切るのが下手なのですが、モロッコでは少なくとも3分の1くらいには下げてもらうといいようです。


昼間は暑いので、お店の店番の人もあまり客引きしてきませんでした。みな入り口に座ってじっとしています。
DSCF4458.jpg

DSCF4448.jpg



③ジャマ・エル・フナ広場の夜遊び!

この広場には、夕方6時くらいから屋台が準備を始め、モロッコ料理の食べられる屋台や、オレンジジュース屋、ヘナ・タトゥー、猿や蛇と写真とる商売、音楽を演奏する人々などがいて、21〜24時の間は、地元の人はもちろん、観光客も多く集まり、とても活気があります。
DSCF4440.jpg


タジン鍋を頼んでみました。野菜とお肉が味付けされて煮込まれて、おいしい!
DSCF4493.jpg



トルコ人の友達、ファーティーと私。
DSCF4494.jpg


このタイプの大きい屋台は、タジン鍋やクスクスといった有名なモロッコ料理はもちろん、シーフードなどもあります。メニューを見て合計金額を確認しておくと良いです。お会計を頼むと、なぜかスタッフ間で金額の相談をして、ちょっと上乗せしてくるお店もありましたw


他にも、もう少し小さい、地元の人の集まっている屋台があるのですが、その中に、羊の頭が置いてある、見た目がグロい屋台があります。

ここでは「タンジア」と呼ばれる、羊の煮込み料理が安く食べられます。日本のモツ煮みたいな感じ。
おいしいです!!!写真忘れてすみません(>_<)


マラケシュの屋台は、私が初めに行ったような、何でもある大きいレストラン風なところより、後者の羊煮込み屋のような、専門店の方がおいしいそうです。


でもメニュー見てもよくわかりません! もっと色々食べてみたかったな!



④モスクでお祈りに集まる人々を見る!

モロッコは、国民の大半がイスラム教徒です。そして結構信心深い人が多いようで、お祈りにも人がかなり集まります。
特にイスラム教では金曜日のお祈りは特別で、いつもより時間も長いので、金曜のお祈りの最終回(夜9〜10時あたり?)はすごい光景が見られるかもしれません。
DSCF4441.jpg


モスクの外にあぶれて列を作り、お祈りをする人々。隣の人との間隔は狭く、綺麗に整然と並んでいます。
普段の生活(電車や、道など)では順番など関係なしにごちゃごちゃしているのに、お祈りになるとしっかり決まりを守ります。
IMG_7511.jpg



モスクでお祈りをする前には、男性も女性も、家でシャワーを浴びて、体の隅々(耳の裏とか指の間など)まで綺麗に洗い、体を清めた状態で行かないといけないそうです。その間、男女で手をつないだり、キスをするなどの行為もできません。


イスラム教、興味深いですね!!!

私も帽子代わりに、スカーフ巻いてみました。トルコ風の巻き方だそうです。
465939316712.jpg




マラケシュを楽しむ方法、まだまだつづく!



今日も読んでくれてありがとうございます!

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。