上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周135日目☆


リアルタイムは、ハンガリーのブダペスト!明日は温泉に行く予定〜久しぶりのお風呂、楽しみ(>U<)♪


明日無事に温泉に辿り着けるよう、応援お願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


******************


ポルトガルを通り、スペインに戻ってきました!

次に訪れた都市は、ビーゴ(Vigo)です。

spain_map.gif

ガリシア地方にあるこの港町、やはりシーフードで有名です♪




今回も宿はカウチサーフィン。学校の先生をしていて、ちょうど夏休み中だとのことで、ベルニという男性が一日中付き合ってくれました(>U<)




私の「シーフードが食べたーい」というリクエストに応え、パエリヤを作ってくれることになりました!




ということで、スーパーで買い出し。




さすがスペイン、生ハムのセレクションは半端ないです。
IMG_7974.jpg



生ハムカットおばさんもいます。
IMG_7973.jpg





シーフードコーナー!!
IMG_7979.jpg



種類豊富で、ワクワクします父と母がいたら、すごく喜びそう!



カニもこの通り。手にとって、重さを確かめながら選んでいました。
IMG_7977.jpg



この貝、ベルセーベスといって、スペインではよく見かける有名な珍味なのですが、見た目が怖くてトライできませんでした。心残りです。
IMG_7978.jpg





さて、お家に帰って調理開始です!
DSCF6121.jpg





完成〜(レシピ書こうと思ったけど大変だった)
DSCF6129.jpg




そしてもう一品!




こちらは、レイザークラム(razor clam)という、細長い貝。見た目はちょっとアレですが、


①炒めて、
DSCF6123.jpg



②レモンを搾って食べる
DSCF6128.jpg



と、超美味です(*3*)




甘みがあって、歯ごたえも良くて、




ん〜また食べたい(>3<)!





ビーゴの街は、大きくないですが、





冷たい大西洋の海でチャプチャプできる綺麗なビーチや、(冷たすぎて泳げませんでした)
DSCF6132.jpg



港に沈む夕日や、
DSCF6142.jpg



スペイン名物、教会のふもとでお酒を飲む人々や、
DSCF6145.jpg



旧市街のロマンチックな雰囲気など、
DSCF6149.jpg




スペインらしさの詰まった、素敵な街です。






もっと長く滞在して、シーフード三昧な生活を送りたいです







今日はこの辺で♪






【ポルトからビーゴへの移動】
Porto Campanha駅から
電車(renfe
運賃:€14.75
所要時間:2時間15分





今日も読んでくれてありがとうございます☆


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周




スポンサーサイト
☆世界一周133日目☆



リアルタイムは、クロアチアのザグレブ!ちょっと予定を変更して、休憩したいと思います。
やっぱり毎日移動、観光は疲れます(*_*)


今日も応援宜しくお願いします♪にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

*****************



今日はポルトガル・ポルトの情報編です!



☆tips for ポルト☆


【リスボンからポルトへの行き方】

私はバスで移動しました。


(バス)
サイト:こちら
所要時間:約3.5時間
運賃:€19(2528円)

※降りたバスターミナルは、比較的街の中心近くでした。最寄り駅も、「サン・ベント駅」というメインステーションです。


(電車)
サイト:こちら
所要時間:2.5~3時間
運賃:2等席€31.70(4218円)

※こちらもサン・ベント駅に着くと思います。このあたりは観光客も多く、治安も良さげなので、泊まる所もこの辺りだと便利です。




【宿情報】

☆「Wine Hostel」

ドミトリー、一泊:€15.50(2082円)
ロケーション、清潔さ、wifi、全て◎!

とても綺麗で可愛いホステルでした。
しかもポートワインがグラス1ユーロで飲めます♡

DSCF6013.jpg

DSCF6015.jpg




【ポルトのグルメ情報☆】

といってもポルトガルでほぼ外食をしていないので、一品だけ紹介!

その名も、フランセジーニャ(Francesinha)。
DSCF6116.jpg


これなんだと思います?







サンドイッチです。





中には、色んな種類のお肉(ステーキみたいなやつ、ソーセージ、ハムなど)が入っていて、その上にチーズがかかり、その上にさらにソースがかかった、しっとり&こってりサンドイッチなのです。ちなみにナイフとフォークで食べます。




お味は・・・・





ご想像の通り、それぞれの濃い味が口の中で暴れて、半分くらいでギブアップでしたw
始めは美味しいのですが、ちょっとしつこいw ジャンキーな食べ物が好きな人は、好きな味かもしれないです。




【観光情報】
夕方に着いたので、どこも教会の内部を見ることができなかったのですが、教会はたくさんあります!

また、ポルトの景色が見たい方は、「クレリゴスの塔」へ。でも18時くらいには閉まってしまい、私は登れませんでした。
DSCF6021.jpg




ポルトと言えば、前回のブログでも紹介した「ドン・ルイス橋」ですが、面白い地形に建設されているので、そこへ行くときに急な坂を登ったり下ったりしてくれるフニクラーや、
DSCF6060.jpg



ケーブルカーも楽しそうでした。こちらも乗ろうとしたら、もう終わってました。20時くらいだったかな。
DSCF6084.jpg




ポルトは、見所が比較的集中しているし、歩いて周りやすかったです。
私は半日しか街散策していませんが、大満足でした♪





以上、ポルトガル情報でした〜☆
また行きたいです(>u<)





今日も読んでくれてありがとうございました♪

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周131日目☆



リアルタイムは、ボスニア・ヘルツェゴビナの、サラエボ!
夜行列車やバス移動が続き、ブログを書く元気がない今日この頃(+_+)

みなさんのポチ、で元気がでます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


ポルトガル第二の都市、「ポルト」を訪れてみました。





実は、ポルトはポルトガルの名前の由来となった都市。さらに、ポートワイン(ポルトワイン)もここポルトの特産品です☆




「Wine Hostel」という魅力的な名前のホステルに泊まったら、ポートワインがグラスで€1で飲めました  普通のワインよりもアルコール度数が高く(20度くらい)、甘みが強いです。美味しかった
IMG_7964.jpg






さて、ポルトの街散策!




旧市街地が世界遺産になっています。

DSCF6021.jpg



アズレージョという、スペイン・ポルトガルで生産されているタイルが街のあちこちで見られます。このように教会の壁一面がタイル画になっていたり。
DSCF6045.jpg


ポルトも路面電車が走ってます♪地味カラーがいい感じです。
DSCF6048.jpg



DSCF6044.jpg



リスボンと比べると、街の建物が古い感じ。なんかちょっとボロボロ(^^;)
DSCF6065.jpg




DSCF6049.jpg




DSCF6032.jpg


広場になぜかソファが現れました。
DSCF6035.jpg


笑い転げるおじさんの像。転げ落ちてます。
DSCF6019.jpg


こんなサングラスかけた赤ちゃんは嫌だ!
DSCF6047.jpg



ドウロ川にかかる、ドン・ルイス一世橋。上側も下側も、歩くことができます。
DSCF6066.jpg



DSCF6070.jpg


DSCF6100.jpg




丘に建てられた家々。
DSCF6111.jpg




どことなくイスタンブールの地形と似ています。
DSCF6071.jpg




DSCF6081.jpg





川沿いで見る夕日は、すごく綺麗でした。街の色が変わっていくのを見つめながら、ただただのんびり川沿いで過ごす、贅沢な時間。
DSCF6088.jpg





ポルト、絶景です!




リスボンは、街並や建物がかわいくて、カラフルで、明るい雰囲気でしたが、ポルトは、都会というよりは歴史を感じる、趣のある街、という印象でした。



旅行をするならポルト、住むならリスボンの方が好みです




今日も読んでくれてありがとうございました♪
次回はポルトの観光情報など☆



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周126日目☆



リアルタイムは、セルビア・ベオグラード!
ここ最近の肉・乳製品・パンの食事のせいか、お腹の調子が悪いです(;_;)お腹に優しいと思ってオーダーしたスープが、最強に胃もたれ系のこってり味でした・・・・

そんな私を元気づけてください
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

*****************


☆Tips for リスボン☆

【セビリヤからリスボンへの行き方】

バス会社:eurolines(ALSAのサイトで確認・購入も可)
所要時間:7~8時間(夜行バス)
運賃:€44(5813円)


【リスボンで何ができるの?】

①乗りものを楽しむ!
リスボンは、公共の交通機関が、メトロ・バス・トラム・ケーブルカー・エレベーター・船と、種類が豊富なんです。

ん?エレベーター?

と思ったかもしれませんが、

これです。

DSCF5858.jpg
100年以上前に建設された屋外エレベーターで、丘の上の部分を下の通りをつないでいます。
観光客で人気なので、長蛇の列になっていたりします。上からの長めが良いそうです。乗りませんでしたが・・





こちらはケーブルカー。かわいい(>_<) 
DSCF5854.jpg
ケーブルカーやトラムなど、スリが出やすいそうなので、気を付けてください!



船以外は、切符売り場で売っている一日券などで乗れるそうなので、乗り物マニアにはたまらないですね(・u・)次回リスボンに行ったら、無駄に乗り物乗りまくろうと思います。





【リスボン観光地情報】

◇セ・カテドラル
DSCF5960.jpg
中はかなり装飾が控えめな教会。逆にそこが荘厳な感じで良かったです。入場無料。




◇ベレンの塔
16世紀、テージョ川の船の出入りを監視する為に建てられた要塞。世界遺産です。
DSCF5928.jpg





◇ジェロニモス修道院

16世紀初頭に建てられた、修道院。こちらも世界遺産。すごく大きいです。
観光客に人気で、結構並ぶようです。(私は諦めました)
DSCF5960.jpg
この近くに、「Pasteis de Belem」という元祖エッグタルトのお店があります。(私は特にこだわりがないのでここのは食べていません)ポルトガルでは、エッグタルトは、「パステル・デ・ナタ」と呼ばれます。エッグタルト自体は、リスボン中のカフェ・ケーキ屋・パン屋などどこでも見かけます。サクサクで美味しいです 





◇アルファマ
細い路地に、住居のひしめき合う、趣のある地区。
DSCF5976.jpg

DSCF5980.jpg





◇オリエンテ駅

中心地からは慣れているので、メトロ利用になると思います。夜には金色の森になります。周辺にはショッピングモールや、海辺の散歩道など。お台場的雰囲気。
DSCF5998.jpg




◇カスカイス
リスボンから日帰りでも楽しめる、リゾート地。大西洋の海水浴やシーフードが楽しめます。

あいにくすぎる天気。突然濃霧が押し寄せてきました。天気予報で聞く、「ノーム注意報」が頭をよぎりました。これがノームか!
DSCF5904.jpg




◇シントラ
カスカイスから比較的近い、世界遺産の宮殿や城跡もある場所です。

「ロカ岬」という、ユーラシア大陸最西端の岬があり、地の果てが感じられる場所。
晴れていると、大西洋が見渡せ、地球が丸くなっているのを感じられるそうなのですが、あいにくの、濃霧。

DSCF5880.jpg

天国に来てしまったかのような感覚でした!
DSCF5882.jpg

晴れていたらかなり美しい景色が期待できそうです。
DSCF5890.jpg






リスボンは、1755年に大地震の被害を受け、津波・火事の被害も含め6万人程の人々が亡くなったそうです。震災の悲しみを乗り越え、復興した姿は、今の日本を勇気づけてくれますね。

リスボンでは、日本人に慣れていないのか、珍しそうな目で見られました。でもシャイなのか、話しかけてくる人はいなかったですw でも人は親切。観光地では英語ももちろん通じます。これから人気の旅先として、流行るのではないでしょうか(^^)♪

すぐ近くにビーチも山もあり、自然に囲まれた美しい街でした。
今の所、住みたい街No,3です☆


今日も読んでくれてありがとうございました!


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周123日目☆



リアルタイムは、ブルガリア! また明日移動でブログ書けないかもなので、まとめて書いてます。予約投稿です☆

今日も旅の安全祈願で、ポチっとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

*****************





スペイン一周中(1ヶ月前)ですが、せっかくなので、ポルトガルも少し寄ることにしました♪



【ポルトガル】
時差:日本よりー8時間(サマータイム中)
言語:ポルトガル語
通貨:ユーロ
首都:リスボン




ポルトガルって、歴史的に日本との関係も長いし、いくつかのポルトガル語の単語が、日本語の単語の由来となったりしていますが、(ボタン、タバコ、カルタなど)




ポルトガルについて何を知ってる???





って改めて聞かれると、





「ザビエル」「火縄銃」「リスボン」





くらいしか頭に浮かびませんでした。。(知識なさすぎw)






しかも、気になったので調べたら、






ザビエル、スペイン人やーん(=_=)





ちょっと裏切られた感じ!(ザビエルからしたら大迷惑)






日本からの直行便もないし、遠いので、そう簡単にポルトガル行くわ!ともならないですよね。





という訳で、特に先入観もなく、期待も持たずに行ってきました・・・





リスボン!





ポルトガル人と話がしてみたい!!!と思ったので、カウチサーフィンで泊まる場所を探してみました。





スペインと比べると、返信率も悪いし、なかなかホストが見つかり辛かったですが、





最高のホストに出会えました♪





彼の名はローレンソ。オーストラリアで大学に行ったり、働いていたこともあったので、英語が話せるのはもちろん、とても国際派な、オープンマインドな青年です。




日本にも旅行で来たことがあり、ポルトガルと日本の架け橋となりたい、と、色々なビジネス案を思い巡らせています。




朝早くから仕事がある日も多いのですが、午後や夜など、空いている時間は観光につきあってくれたり、バーに連れていってくれたりするなど、とても親切にしてくれました。


DSCF5933.jpg
おちゃめなロレンソ。





なので私のできる限りのお返しとして、ブログを通じてポルトガルの魅力をアピールしたいと思います!





リスボンといえば・・・





路面電車♡

DSCF5847.jpg


リスボンの中心地は、街並が古く、道も狭いので、そこを走る路面電車はおもちゃのようで可愛いです。

DSCF5975.jpg

DSCF5841.jpg



建物の壁にはタイルがの装飾が。リスボンの街並の特徴となっています。
DSCF5971.jpg

DSCF5978.jpg

DSCF5845.jpg





そしてこれもまたリスボンを素敵に演出する、坂の多い街並。
DSCF5992.jpg

DSCF5964.jpg

少し裏に入ってみたりすると、生活感のあるかわいい路地を発見したり。
DSCF5966.jpg



家はパステルカラーが多く、優しい雰囲気です。

DSCF5834.jpg

DSCF5838.jpg


観光客で溢れる中心地は綺麗に整備され、
DSCF5860.jpg


開放感のある広場へとつながり、
DSCF5871.jpg


目の前には大西洋へと続くテージョ川。
DSCF5868.jpg




川沿いをのんびりお散歩、幸せ気分。
DSCF5954.jpg

お気に入りのベンチ オリーブの木が生えてます。
DSCF5958.jpg

ロレンソもw
DSCF5956.jpg


DSCF5952.jpg





リスボンの北と南を繋ぐ橋を眺めながらビール
DSCF5951.jpg





リスボン・・・・・




めっちゃ素敵じゃないですか!!!何より、街が綺麗です。道ばたのゴミも少ないです。







リスボン、気に入りました♡





次回は観光情報など♪




ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周




☆世界一周122日目☆


リアルタイムは、ブルガリアのソフィア!
移動や田舎泊が続いたので、ブログ更新が遅れました(>_<)
ブロガーとして甘いですね・・・。でも褒められた方が伸びるタイプなので、甘やかしのポチ、をお願いします♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
*****************


☆Tips for セビリア☆


【グラナダからの行き方】

バス会社:Alsa
所要時間:3時間
運賃:€22.11(2919円)


【観光スポット】

①セビーリャ大聖堂

入場料:€8

世界最大のゴシック式大聖堂。1184-1198年に、イスラム教のモスクとして建設され、1248年にキリスト教の大聖堂へと変えられました。現在の大聖堂は、そこからさらに修復・拡大したものです。
DSCF5689.jpg


イスラム時代の名残として、モスクのミナレット(塔)が「ヒラルダの塔」として下部の一部に、そしてモスクの中庭であった「オレンジの中庭」が残っています。
DSCF5709.jpg


DSCF5702.jpg


ヒラルダの塔は、登るの結構疲れますが、セビリアの街が見渡せます。
DSCF5708.jpg



アメリカを発見したことで有名なコロンブスのお墓があります。
DSCF5694.jpg



中は結構広いので、所要時間1時間くらいは見ておくと良いです♪





②アルカサル

入場料:€8.75

もとはイスラム教国の要塞だったところに、11〜12世紀にイスラムの宮殿を建設し、さらに13世紀〜16世紀にかけても、キリスト教の宮殿としても増築されたのでイスラム、ゴシック、バロック、ルネサンスなど色々な芸術と歴史と文化の混ざり合ったお城です。

グラナダのアルハンブラ宮殿と似ていますが、庭が広いです。

DSCF5713.jpg

DSCF5738.jpg

DSCF5733.jpg

DSCF5737.jpg

DSCF5734.jpg



緑に溢れた敷地内。暑すぎて庭を散歩どころではなかったですが(+_+)
DSCF5721.jpg


私は庭をほぼ見なかったのですが、それでも2時間くらいはかかったと思います。結構見所満載です☆





③ゴールデンタワー&海軍博物館

入場料:€3

海軍博物館は興味がなかったのですが、タワーの上からのセビリアの街並は楽しめました。
DSCF5748.jpg

そんなに人気がないようで、ガラガラでした。もし時間が余ったときのオプションかな(^^;)





④スペイン広場

かなり大きく開放感のある広場。川が流れていて、ボートに乗ることもできます。
今まで見たスペインの広場の中ではダントツで美しかったです!

DSCF5784.jpg

DSCF5773.jpg





8月のセビリヤは暑すぎるので、昼間の観光はキツかったです・・・(*_*)
街は大きいですが、観光としての見所はそんなに多くないので、1日で周ることも可能です。フラメンコショー(アンダルシア州が本場!)や食事、バルなども加えて楽しむといいと思います♪





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周121日目☆


リアルタイムは、ギリシャ・ボロス(Volos)!これからPalaefarsolosという小さな町を訪ねてきます♪
1人でバックパックを背負ってビーチに行ったら、おばあちゃん達に、「あらあら〜。1人なの!?」と憐れみの目で見られました(ー_ー)高齢ビーチでした。


今日も応援お願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


スペイン、アンダルシア州の州都、「セビリア」(Sevilla)。
スペイン南部の中心地です。
EspañaLocvg





ここでは、ペルー人、アレックスのお宅でカウチサーフィンをすることになりました。
1.jpg





アレックスは、セビリアの病院に医者として勤めていて、ちょうど仕事も夏休みだったそうで、英語の練習をしたい、と私を招待してくれました。


奥さんのクラフトでデコレーションされたとても素敵なお家に住んでいて、その一部屋を貸してくれました。
DSCF5814.jpg






ペルーといえば、ごはんが美味しいことで有名。



親戚を集めて、私のためにペルー料理や、
DSCF5822.jpg
優しい味!日本人の口に合います(^^)♪




スペイン料理を振る舞ってくれました 
DSCF5791.jpg
スペインオムレツと、ガスパチョ(冷製スープ)。





子供達のお気に入りの江南スタイルや、
DSCF5799.jpg



サルサダンスを披露してくれました。素敵
DSCF5802.jpg




アレックスの親戚の子達も夏休み中だったので、みんな私の観光についてきてくれました♪
DSCF5686.jpg





ドラえもんの好きな、セリア(3歳)とハビ(5歳)。マジョリン(大学生)は、嵐やカトゥーン、Kポップの大ファンで、「まつじゅんが好きなの〜」と興奮して話していました。
DSCF5812.jpg




ドラえもんは何カ国語話せるのかしら?
DSCF5813.jpg




セリアは、私の姪っ子と同い年なので、可愛くてしょうがなかったです。姪っ子が恋しい(;_;)
IMG_7999.jpg




久しぶりに、こんなに大勢で食卓を囲んで、なんだか懐かしかったです。家族っていいな。
DSCF5823.jpg





たった2泊でしたが、カウチサーフィンというより、ホームステイでした。
英語の話せない奥さんや子供たちも、みんなフレンドリーに話しかけてくれ、いつも温かい気遣いでいっぱいでした。





「ここはエリの家だからね、いつでも帰っておいで。」と言ってくれ、涙がでそうになりました。




スペインで、待っててくれる人がいる。




スペイン語をもっと練習して上達して、必ずまた会いにいこう。
DSCF5824.jpg






Thanks a lot Alex!!
I miss you and your family so much.
Hope to see you in the near future:)







今日も読んでくれてありがとうございます!


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周120日目☆






日本で今大きく報じられている、トルコでの日本人女子大生死傷事件。






観光地での治安は比較的良く、親日で有名なトルコでの事件なだけに、双方の国が動揺し、悲しみに溢れています。






亡くなられた女の子、そして重傷を負ったその友達のことを思うと、人事とは思えず、とても辛い気持ちになります。






ここに、亡くなられた栗原さんに対し、心より追悼の意を表します。






また、一刻も早い全容解明と、被害者の方のケガの回復を祈ります。









3ヶ月前に、私も訪れたことのあるカッパドキア。事件のあったゼミ渓谷も、通りがかりました。
なので、カッパドキアの青い空や親切な人々、田舎っぽく平和な雰囲気を今でも鮮明に思い出すことができます。





こんな事件が起こってしまうと、きっとトルコへの旅行を考えていた人が躊躇してしまったり、日本でのトルコのイメージが悪くなってしまうかもしれません。





でも実際は、カッパドキアでもイスタンブールでも、凶悪犯罪はめったに起こらないそうですし、地元の人々も驚き、心を痛めています。










どこで何が起こるか、わからない。






自分の身を守る為に、色々と気を付けてはいるけれど、防げない状況も起こり得る。





海外でのニュースが日本に伝わる度に、心配して連絡をしてくれる家族や友達。


心配かけてごめんなさい。


もう少し旅を続けますが、


必ず元気に帰ってきます。





☆世界一周119日目☆


リアルタイムはギリシャ・アテネ!意外と治安良いですよー
スブラキという、ケバブみたいな食べ物が、めっちゃ美味しい!!ケバブにより美味かも・・

今日もどうぞ押してってください♡
PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


☆Tips for グラナダ☆


【コルドバからグラナダへの行き方】

バス会社:ALSA
所要時間:2時間45分
運賃:€14.34(1877円)



【グラナダのバスステーションから街まで】
街までは結構離れているので、バスステーションの前から、市バスに乗ります。(€1.20)



【インフォメーションセンター】
街中にもありますが、バスステーション内にあるので、ここで行きたい所を告げて、市バスの番号を確認しましょう。私は夜に着いたのですが、その時間でもやっていました。ただし地図は、€1かかる上、分かりづらいので、街中(サンタ・アナプラザ)にあるインフォメーションセンターで無料のものをもらうと良いです。



【安宿】
Posada hotel
個室1泊:€10(1309円)
wifi、ロケーション○
ホステルではなく、ファミリーやカップルが多いような、質素な安いホテルでした。
クーラーはないので昼間は少し暑いです。オーナーは英語は話せませんが、とても良い人です。



【街歩きツアー】
バスステーションのインフォメーションセンターで、オススメされたので参加してみました。
通常€30だそうですが、ここでは€20に割引してくれました。

2時間程の英語のツアーで、アルバイシン・サクロモンテをまわってくれ、最後にお疲れさまジュースが付いています。
1人で歩いていたら得られない情報が満載で、楽しかったです!


【アルハンブラのチケット】
◇営業時間:夏場(3~10月)8:30~20:00、冬場(11~2月)は8:30~18:00。※チケットオフィスは8:00~17:00,(冬)~18:00(夏)

◇チケットの価格:€13(チケットオフィス)€14.30(ネット)

◇Night Visits(夜の宮殿入場)←チケットは昼と同料金
【夏場】
火曜〜土曜 22:00 〜 23:30
チケットオフィス: 21:30 〜 22:30
【冬場】
金、土曜 20:00 〜21:30
チケットオフィス:19:30 〜20:30



一日6600人、と制限があり、3分の1は当日券としてチケットブースで購入できます。当日券の場合は朝早く(8時前)に皆並び始めるようです。


ネットで予約する方が確実です。夜の宮殿入場のチケットもネットで予約できます。
ここから予約→チケットマスター(手数料が€1.30かかります)

時間帯が選べるので、アルハンブラに入場したい時間帯を選んで購入。

当日は、チケット売り場の奥に進み、ネット予約の発券用の機械があるので、そこで購入にしようしたクレジットカードを差し込むと、発券されます。(チケットオフィスのとこに行列ができてますが、そこには並ばずに奥の機械を探してください。ガラガラです。)



【Tips for アルハンブラ】
チケットに書かれている入場時間は、宮殿に入る時間なので、その30分前には園内に入場して、標識に沿って宮殿を目指します。

宮殿や要塞、その他色々見る全体的な所要時間は、3時間を見ておくと良いでしょう。

夜の入場の方は、入れる部屋なども限られるようで、あまり評判がよくないです。

夏場は暑いので、朝早く行って昼までに見終わるのがベストだと思います!





以上、グラナダリポートでした☆






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周

☆世界一周118日目


リアルタイムは、ギリシャ・アテネ! 
久々に自転車こいだら、おしり痛い。。しょっちゅう自転車乗ったら、おしりの皮膚固くなってぶさいくになりそう!

ってことで自転車控えます。今日も応援お願いします♡
PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



さて、グラナダの「アルハンブラ宮殿」に行って参りました!





ホテルから歩いていけるとのことで、坂を上がっていくと、壁にダイナミックなグラフィティがたくさんありました。
DSCF5548.jpg




私は8月に行ったので、昼間は暑すぎて干涸びてしまうと思い、午前中にいってきました!


アルハンブラ宮殿は、入場者数を制限しています。(一日6000人程訪れるのだとか!)
なのでネット予約で、入場したい時間帯のチケットをあらかじめ取るのです。(当日券もあります)




14世紀に建設されたこの宮殿。
生い茂る緑の中に佇むその姿は、「エメラルドの中の真珠」とも描写されたそう。
DSCF5504.jpg





当時の王宮の暮らしに思いを馳せながら、アーチの美しい回廊を進んでいきます。
DSCF5594.jpg

DSCF5612.jpg





「アラベスク」と呼ばれる、反復した幾何学模様。
DSCF5561.jpg

DSCF5571.jpg






人の手によって作られたもので、こんなに精密で繊細で美しいものを今までに見たことがあったでしょうか。
DSCF5614.jpg

DSCF5604.jpg




壁、アーチ、扉、天井、中庭、床、窓、その1つ1つが様々な色、彫刻、模様で彩られ、装飾をした職人の魂が宿っているよう。
DSCF5600.jpg

DSCF5580.jpg

DSCF5576.jpg

DSCF5624.jpg

DSCF5628.jpg




アルハンブラ宮殿は、王が変わるごとに拡張されていきましたが、テーマは必ず「地球上のパラダイス」だったそうです。
DSCF5590.jpg

DSCF5587.jpg





まるで天上の世界を見上げているかのよう。
DSCF5631.jpg

DSCF5618.jpg






窓からは、グラナダの街並。
DSCF5564.jpg

DSCF5569.jpg





現在も、この美しいアルハンブラを維持する為に、修復作業が行われています。
DSCF5629.jpg






この宮殿は、私たち人類皆の宝ですね。





アルハンブラ宮殿以外にも見所はあります。



アルカサバ(要塞)。宮殿よりも先の、13世紀に作られました。
角張っていて、可愛さのかけらもないので、私の心はつかみませんでした。

DSCF5652.jpg

DSCF5655.jpg






アラブ風呂
DSCF5642.jpg


天井の☆が可愛い♪
アラブ風の温泉、日本で作ったらどうですかね♡






以上、私の稚拙な言葉では語り尽くせない、美しすぎるアルハンブラのレポートでした!






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周117日目☆

リアルタイムはギリシャ・アテネ!ミコノス島から帰ってくるフェリーで、空いてる席がなかったので、デッキの地べたに4時間半座りました。タオルを敷いて寝て、プチホームレス体験。。風が強くて寒かったです(+_+)


みなさんのポチで元気がでます!
PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



スペイン観光の目玉、「グラナダ」編です!



前回のコルドバからさらに南下して、たどり着いたグラナダは、着くなり南米系の人やモロッコ人ぽい人に話しかけられ、もはやスペインではないような雰囲気でした。



夜に到着したので、少しビビりながら宿までトボトボ歩いていくと、すでに23時を超えていたため、ドアが閉まっていました(ー_ー)
オーナーが帰ってしまった様子。予約してあるのに・・・



外の張り紙に、「何かあったらここに電話して!」と電話番号が書いてありましたが、私は電話を持っていないので途方にくれていると、1人の宿泊客がゴミを出しに出てきました!




その人にwifiのパスワードを教えてもらい、skypeで電話してみました。




「予約してる者ですが、今到着しました。遅くなってすみません。」
オーナー「English, no!」




英語が話せないようです(*_*)私の2歳児レベルのスペイン語でなんとか伝えると、すぐに来てくれました。




しかもネットでは2人用のドミトリーの、1ベッドを予約したのですが、ドミドリーがある様子はなく、普通に個室に通してくれました♡ラッキー♡




グラナダでは、「アルハンブラ宮殿」という、イスラム建築の最高傑作と言われる宮殿に訪れる予定だったので、ネットで翌日のチケットを予約しようとしたら、24時を過ぎていたので締め切られていました・・・(+_+)
※翌日分のチケットのネット予約は、前日24時まで。





朝早く行けば当日券でも入れた、とつい最近行った旅仲間が教えてくれましたが、移動で疲れていたので、明日に明後日分のチケットを予約することにして、久しぶりの個室でゆっくり寝ました♪





翌日は、街歩きツアーに参加してみました。
なぜ珍しくツアーに参加したかと言うと、最近スペインの色々な旧市街を観光していて、小路が多すぎて迷子になって疲れたからw 見たい所に辿り着けなかったら悲しいですよね。




まず「アルバイシン」というエリアへ。グラナダは8世紀初頭からムスリム勢力がやってきて、アルバイシンはアラブ人の住むエリアでした。17世紀にはアラブ人・そしてユダヤ人は皆追い出されてしまったそうです。




白い家、迷路のような小路が続く、可愛い街並です。
DSCF5446.jpg





当時(10世紀頃)、外敵の侵入を恐れ、敵を惑わす為に、街の路地を狭くしたのだとか。




イスラム建築や、ムデハル様式の建物も多く見られます。




モスクのミナレット(塔)をそのまま使用した教会。
DSCF5419.jpg




この建物は2階部分まではイスラム風、3階部分はキリスト教風になってます。
DSCF5426.jpg




イスラム風な水飲み場もあります。山の水を引いているので、冷たくて嬉しい!
DSCF5442.jpg





ここグラナダは、セラミックの産地なので、セラミックのお皿やサインなどがお土産屋さんにも多く置いてあります。




コカコーラの看板も♡
DSCF5517.jpg




家の外壁もお皿でデコレーションされていたりするのですが、これは昔、その家の裕福さをアピールする為にしていたのだそうです。
DSCF5449.jpg




家のバルコニーは、お花やお皿などでかわいく飾られているのですが、アルバイシンでは、毎年バルコニーのデコレーション大会が行われているそう。優勝すると、€600(78000円程)もらえるそうです!




今年の優勝者は、こちらです!可愛い♡
DSCF5451.jpg





道には、ときどきザクロの模様が。グラナダを代表するフルーツなのです。
DSCF5429.jpg

DSCF5483.jpg





ここはニコラス展望台。アルハンブラ宮殿がよく見えるスポットです。
DSCF5437.jpg

夕暮れ時はとても賑わいます。
DSCF5514.jpg





昼のアルハンブラ。
DSCF5435.jpg





夕焼けに染まるアルハンブラ。
DSCF5512.jpg





夜の闇に浮かび上がるアルハンブラ。
DSCF5519.jpg




いやーかっこいいですね♡




世界遺産に登録されている、このアルバイシン、なんでもユネスコから、家の維持費(外観を維持するため)が出ていないとかで、お家を維持するのが大変だそうです。なので、こんなSOSの旗が。。
DSCF5482.jpg




アルバイシンの隣の丘、サクロモンテというエリアにも行きました。
ここはジプシーの住むエリアだそうなので、治安が悪く、昼間以外は行かない方が良いそうです。
DSCF5467.jpg




ここの人々は、岩を掘って住居を作っているので、家は洞窟の中にあり、外にキッチンとバスルームがあるのだとか。
DSCF5461.jpg




この山の裏に住んでいるジプシー達は、税を払わず、勝手に住み着いているそう。水道代などを払っていないので、家には水が引けていなく、川で体を洗うのだそうです。
DSCF5460.jpg




このあたりに、グラナダで有名なダンス「サンブラ」のショーを見られるところがあります。
フラメンコと、ジプシーのダンスが融合した、特殊なダンスだそうです。見たかったな。。
DSCF5475.jpg







昼間はやはり45℃近くまでいくので、いったんシエスタ(昼寝)しに宿に戻り、また街を散策しました。夜でも観光客の多いエリアなら、治安は大丈夫そうでした。

DSCF5543.jpg

DSCF5539.jpg

DSCF5533.jpg




アラブマーケット風なお土産屋街。
DSCF5489.jpg




売っているものも、中東と似てる!
DSCF5490.jpg

アラブ人街だそう。
DSCF5500.jpg

DSCF5535.jpg




グラナダ、街も大きいし、見所が多くて楽しいです(>u<)
明日は、いよいよアルハンブラ宮殿へ・・・♡





今日も読んでくれてありがとうございます!

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周



☆世界一周116日目☆


リアルタイムはミコノス島からギリシャ行きの船の上です☆
ヌーディストビーチで、ヌーディストになれなかった私ですが、今日も応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



*****************



☆Tips for コルドバ☆



【マドリッドからコルドバへの行き方】

バスのサイトサイト①サイト②
バスターミナル:Mendez Alvaro駅 
所要時間:5時間
運賃:€19.50(2552円)



【コルドバのバスターミナルから】
コルドバ旧市街までは歩いていけます。20分くらい。

【ツアリスト・インフォメーションセンター】
駅にはなかったです。旧市街に2カ所くらいあるのですが、2~4時くらいの間は、昼休みのようで、開いていませんでした。

【メスキータ】
中庭は無料で入れます。中庭にチケットブースがあります。
入場料:€8(1047円)

【アルカサル】
入場料:€6.8(890円)
チケットを購入すると、夜のライトアップの時間も入場できると言っていました。



コルドバは旧市街は比較的小さめですが、道に迷います。
私は日帰りで夕方にグラナダへ移動しましたが、時間は十分でした。




以上、ちょっと内容薄いですがコルドバ情報でした。





今日も読んでくれてありがとうございます☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周115日目☆



リアルタイムはギリシャ・ミコノス島!パーティアイランドだそうですが、パーティには行きません。1人なので(=_=)


寂しい私を元気づけてください♡
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




*****************



マドリッドから南下して、「コルドバ(Cordoba)」という街へやってきました!
またもや、世界遺産です。





こんな壁から旧市街へ入ります。ワクワク♪
DSCF5343.jpg


ここもやはり暑さの為か、(昼頃に着いたので、40℃越え)人がまばらです。
DSCF5347.jpg


でも今まで訪れたスペインの街とはまたひと味違った、独特の街並。
白壁の家が多く、狭い小道が多い。少しモロッコを彷彿させます。
DSCF5346.jpg




ここ最近モロッコ、スペインとまわっていて、白っぽい街並を多く見るようになってきました。




暑いから、白を使えば涼しく感じるからかな~などと、漠然と考えていましたが、やっぱり、白は日光を反射するのに最も適した色なので、家の中が涼しくなるのだとか。他にも石灰岩が多く取れるから、などの理由もあるようです。



今まで何気なく見ていたけど、理由がわかると一層面白いですね!





紀元前152年にローマ帝国の都市として築かれたコルドバ。


711年にイスラム教徒に征服され、その後500年程イスラム教の都市として繁栄していました。
10世紀には世界最大の人口を持つ都市だったそうです!当時は先進的な教育の中心地として、多くの大学や図書館、
医学学校があったのだとか。またキリスト教徒・ユダヤ教徒にも寛容だったことから、ユダヤ人街も残っています。


DSCF5354.jpg

DSCF5351.jpg




コルドバの目玉、メスキータは、8世紀に建設され、15世紀末のレコンキスタ完了後、カトリック教会として一部改装・増築されたました。スペインで初めて作られた、イスラム建築です。




オレンジの中庭(96本のオレンジの木がある)。奥にあるのは、ミナレット(礼拝時刻の告知をする塔)で、後に教会に変わったときに鐘が付けられたそう。
DSCF5375.jpg



円柱の森。すごく広い空間に、ただただこの柱とアーチが広がっていて、とても神秘的で美しいです。
DSCF5388.jpg
柱は856本あるそうです。



このアーチが2重になっているのにも理由があって、ローマ帝国時代の柱などをそのまま使用して作ろうとした際に、高さが足りなかったので、更に上に柱を付け足した為、二重のアーチで支えているのだとか。


アーチ部分が赤と色のストライプ模様になっているのは、石とレンガを交互に使い、石を切り出す手間や費用を節約した為だそうです。




これは「ミフラーブ」といい、メッカ(イスラム教の聖地)の方向を示しています。
DSCF5393.jpg




途中からカトリック教会となったので、このようなイスラムとキリスト教の融合した内装となっています。

DSCF5396.jpg

DSCF5395.jpg




イスラムな雰囲気満載な中に、突然豪華なキリスト教の礼拝堂が現れます。
DSCF5397.jpg






キリスト教徒の王達のアルカサル(お城)にも入ってみましたが、メスキータの後だったので、しょぼく見えてしまいましたw
DSCF5400.jpg

DSCF5414.jpg

このモザイク画、趣味悪い・・・真ん中だけ失敗みたいw
DSCF5403.jpg



この後地図を見ながら、シナゴーグを探したのですが、迷路のようになっているので、方向音痴の私には辿り着けず(=_=)
DSCF5416.jpg

同じところをぐるぐる回ってしまいました。。
DSCF5418.jpg




コルドバ、主要観光地の、方向を示すサインとかが少なくて、しかもインフォメーションセンターは閉まってたし(昼休み?)、観光客に優しくない(>_<)




馬車の勧誘をしている人も黒くてアラブ人っぽかったし、やっぱりモロッコを思い出しました。




メスキータがすごかったなぁ・・・  来てよかった!スペイン南部は雰囲気がガラッと変わって、素敵です
DSCF5369.jpg




今日も読んでくれてありがとうございました♪




ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周114日目☆


リアルタイムはギリシャ・ミコノス島☆ どんなビーチかな~ワクワク(・u・)♪

今日も応援お願いします♡
PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


今回の記事は、前回書いたトレドの旅情報です!



☆Tips for トレド☆




【マドリッドからトレドへの行き方】


バスか電車か選べますが、私はバスで行きました。スペイン全般に言えることですが、バスの方が頻繁に出ているし、wifiがついていることもあるし、街の中心近くに降ろしてくれることが多いです。


電車:マドリッドの駅「Atocha」から、「AVE」という新幹線が1時間に1本程でています。片道€12.50。往復で買うと€22.50。30分程。


バス:マドリッドの駅「Mendez Albaro」から、1時間に2本程出ています。往復で€9.7でした。1時間程。



【駅に着いたら】

バスステーションからトレドの中心地までは、少し離れています。
駅を出ると、丘の上に旧市街が見えるので、そこに向かって登っていきます。15~20分くらい。




さらには丘の上をまで行くエスカレーターもありますw
江ノ島のエスカーみたいw
DSCF5281.jpg


エスカレーターは2箇所あって、この地図の赤い線のとこ。でも下から行く時は、サインとかが見つからなかったので、人に聞くといいと思います。
DSCF6747.jpg



【旧市街に着いたら】

丘を登りきったところ(エスカレーターで着いたとこ)には、インフォメーションセンターがあるので、地図をもらいます。週末は入場料無料の場所もあるので、その日に無料になっているミュージアムなどの情報を教えてくれます。


【街歩きの所用時間】
そんなに大きくないので、2時間くらいあればまわれます。途中教会やシナゴーグ、エル・グレコミュージアムを見たり、ランチしたりするのであれば、5、6時間みても良いでしょう。



旧市街からの眺め。のどかな田舎です。
DSCF5282.jpg





今日も読んでくれてありがとうございました♪

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周113日目☆

リアルタイムはギリシャ・ミコノス島♪高校の同級生と再会予定(> u <)

毎日のブログ更新がなかなかできていませんが、もっとたくさんの人に読んでもらいたいので、頑張ります☆下のレインボーのボタンを押してくれると、嬉しくて小躍りします!
PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



*****************


マドリッドから日帰り観光第2弾、「トレド(Toledo)」編!





トレドは、教会(キリスト教)・モスク(イスラム教)・シナゴーグ(ユダヤ教)の混在する、歴史ある街です。
旧市街全体が、世界遺産として登録されています。




中世の面影を残す、迷路のように入り組んだ細い道

DSCF5272.jpg

窓もドアも、頑丈そうでしっかりと閉まっていて、本当に人が住んでるのかな?と思う程、生活感のない街並みですが、きっと内側に中庭があるんだろうな・・・



それと、行った時期が8月なので、バケーションで家を留守にしていたり、暑いから昼間は外に出なかったりするようで、あまり人気がなくて寂しい感じでした(・3・)




これは、「SINAGOGA DEL TRANSITO」というユダヤ教のシナゴーグ(教会みたいなもの)です。当時シナゴーグを建てるのは禁止されていたそうですが、Samuel Leviという人のことを気に入っていた王様が、建設を許可したそう。
DSCF5269.jpg


シナゴーグの中に入ったのは初めて。外観はとても地味なのですが、内装の美しさにびっくり!




内装がイスラムっぽくなっているのは、「ムデハル様式」を採用している為。
ムデハルというのは、キリスト教とイスラム教の建築を融合させた、スペインの建築様式です。



美しい彫刻が施され、星やお花型にくり抜かれた窓から、キラキラとした光が差し込みます。

DSCF5270.jpg

DSCF5271.jpg





イスラエルを訪れて以来、ユダヤ教やユダヤ人についての興味がすごく湧いています。




自国を追い出されて、世界中に分散しているので、スペインにもあちこちにユダヤ人地区が残っているんです。ユダヤ人はやはり昔から世界中でかなり個性的な人々だったのでしょう。






写真が少なくてすみません。。セゴビアに行った翌日に行ったので、ちょっと感動が薄れてしまったというか・・・・




DSCF5267.jpg
こんな素敵な大聖堂を見る機会が日常に溢れている今日この頃。



長旅をしていて、いっぺんにヨーロッパの国々をまわったり、あちこちで教会や旧市街を見ることができてしまうと、正直だんだん飽きてしまうんです。でもきっとトレドも、短期旅行の中で行っていたら、もっと感じるものが大きかったと思います。




初心に戻って、1つ1つの街を、毎回新鮮な「旅行者」としての目線で見てみよう。





今日も読んでくれてありがとうございました!


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周111日目☆



リアルタイムはまだトルコ・イスタンブール☆
市内のあちこちで、韓国expo(韓国の文化や商品の紹介など)が行われています。
トルコは、朝鮮戦争のとき(1950~1953年)韓国に派兵をしたそうで、今でも韓国との友好関係が続いているのだとか。知りませんでした(*_*)


*****************



今日はマドリッドからの日帰り観光編♪




旧市街自体が世界遺産となっている、セゴビア(Segovia)へ行ってきました!

※行き方は最後にまとめて書きます。


バスから降りるとすぐ目の前に、ドーンとセゴビアのシンボルとも言える水道橋が。

DSCF5171.jpg


全長894m、高さは約28m、163個ものアーチで構成されているそうです。


DSCF5176.jpg


この水道橋、ローマ帝国が1世紀に建設したものだそうです。2000年も前に石を積み上げて作られたものが、こんなに良い状態で残っているって、すごいことですよね。



ヨーロッパでは、こんな石造りのアーチをよく見かけますが、アーチの真ん中の石は、keystone(要石)と言われていて、その1つの石が全てを支えているのだとか。抜いたら本当に崩れるのか、試してみたいですね!もちろんそんなことできませんが。






そもそも水道橋って何なの?





と、無知な私は思いました。ので、自分の為にも説明します。





セゴビアの旧市街は独立した丘の上にある為、生活排水をどこから持ってくるか、という問題がありました。
丘のすぐ脇に川もあるのですが、当時の技術では、水道管を使用し圧力をかけて給水、ということはできなかったのです。

なので、この旧市街と同じ高さの導水路を、15mも先の遠くの山の上の河からひくことにしました。


橋にたくさんアーチがあるのは、重さに耐え、崩れにくくするため。この橋の内部に水道管が通っています。





ローマ帝国時代の建設技術は素晴らしいですね!!!






さて、この水道橋をたどって丘を登ると、旧市街が現れます。



日本語の案内あり。
DSCF5174.jpg



旧市街は小さく、徒歩で2時間くらいでも楽しめるので、人気の観光地のようです。
DSCF5187.jpg


セゴビア大聖堂。後期ゴシック様式で、少し変わった外観が素敵です。
DSCF5188.jpg


DSCF5196.jpg



こちらはアルカサル。お城です。
DSCF5220.jpg

このお城、ディズニーの白雪姫に出てくるお城のモデルだそう。でも、lonlyplanetでは眠りの森の美女って書いてあって、真相は不明です。





ということで比べてみました。

nemureru.jpg

Dis-classic-disney-20845047-1024-768.jpg


どっちもどっちだな・・・




王子様
DSCF5207.jpg



お城の中はミュージアムのようになっています。この絵の右側の子供、何かに似てる・・・
DSCF5205.jpg




映画「呪怨」のとしおくんだ!





セゴビアの魅力はこれだけではありません。




なんと言っても、家々の外壁が、かわいい!

DSCF5185.jpg

こんな感じで彫刻模様が付いているのです
DSCF5182.jpg

美しい街並の秘訣は、「統一」されていることなのでしょう。
DSCF5202.jpg


旧市街の眺め。
DSCF5218.jpg


街の裏には、こんな牧歌的な景色が広がっていて、素敵でした。
DSCF5219.jpg



珍しくお土産を買いました。
DSCF6666.jpg
しおり。絵が可愛かったので。基本しおりに目がないです。しおりがやたらと欲しくなります。





【マドリッドからセゴビアへの行きかた】
①電車
マドリッドのchamartin駅からローカル線と新幹線が出ています。ローカル線は2時間かかる上本数が少ないので、オススメしません。

renfeで時刻表確認。オンライン購入もできます。

駅の窓口で買う場合は、駅員さんの効率が悪いので、少し時間に余裕を持つと良いです。

所要時間:新幹線で30分。
運賃:新幹線は2種類あり、「AVANT」は€12.50、「ALVIA」は€24.10。ただしもっと安くなることもあるので、サイトをチェックしてみてください。

セゴビアの駅から旧市街までは、駅外のバス停から11番のバス(€1)に乗って、15分程。水道橋が見えたら降ります。






②バス

マドリッドのPrincipe pioというメトロ駅に、バスステーションがあります。
時刻表

所要時間:1時間15分
運賃:€8.09


こちらはセゴビアの新市街で降ろされるので、そこからは歩いて旧市街へ行けます。




今日も読んでくれてありがとうございました!



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周






☆世界一周110日目☆



リアルタイムはまだトルコ・イスタンブール!
固くなったトルコパンでフレンチトーストを作りました。バターがなくてオリーブオイルで焼いたけど意外と美味しくて嬉しかったです!(料理得意ではないので、毎日が実験)


*****************



サラゴサから、スペインの首都、マドリッドへ移動です!



サラゴサから電車(renfe)で約3時間、€27.50(3572円)。




今回もカウチサーフィンで泊まる場所を確保しておいたので、その人のお家へ向かいます。
マドリッドは、地下鉄や列車が街を網羅しているので、移動も簡単です。



私の今回滞在した場所は、マドリッドの観光の中心地にほど近い、Tirso de Morinaという駅の近く。
箱型のお花屋さんがいくつもある、面白い広場があります。
DSCF5264.jpg
ご想像通り、閉店後は扉が閉まって、ただの箱になりますw




マドリッドはスペインの首都というだけあって、規模も大きく、人口もスペインで一番多い街です。
人に聞いた話によると、マドリッドは東京のような感じで、少し人が冷たく感じるのだとか・・・



到着して第一印象は、「バルセロナと比べて、浮かれてない!」でした。

バルセロナは、結構どこの駅にも観光客や夏休みの学生がいて、電車もワイワイ、街もウキウキしていましたが、一方マドリッドは、仕事帰りのサラリーマンなどが多い時間帯に電車に乗ったからか、生活感の溢れる、普通に皆の疲れている夕方、という雰囲気。


また、中南米系の人や、黒人さんの率が増えて、より人種に多様性があるように見えました。そうなると自然に、ちょっと治安が悪く見えるというか、少しかまえてしまう自分がいて、やっぱり見た目で判断してしまうなーと反省したり。



ホームレスや物乞いもチラホラいるし、道がおしっこ臭いところもしばしば。



ただ観光客の集まる辺りは綺麗なのでご安心を。
DSCF5263.jpg

DSCF5262.jpg

DSCF5299.jpg




マヨール広場。スペインだけでなくヨーロッパ全体でよく見かける「広場」。スペインでは「Plaza」と言われていますが、四方が建物で囲まれた、四角形の広場は、人々の憩いの場となっていて、私も大好きな空間です。
DSCF5242.jpg




このマヨール広場周辺には、大道芸人がたくさんいたのですが、なぜかヤギ率高かったです。
(頭とかあごをカクカクさせる、という芸)


金のヤギ
DSCF5240.jpg



カラフルヤギ
DSCF5247.jpg




特別なスキルも必要なさそうだし、お手軽にできていいのかもしれないですね!





こんなスパイダーマン(ちょっとデブ)が地面に置いてあったので、何かな、と見ていたら、
DSCF5246.jpg






実物もいました。やっぱりちょっとぽっちゃりなんだw!

DSCF5248.jpg





マドリッドで私が気に入った場所の紹介☆

①メルカド・サンミゲル(Mercado de San Miguel)

DSCF5249.jpg

マヨール広場の近くにあるマーケットなのですが、建物の中にマーケット兼バルのようなお店がずらり。
気になったものを、その場で気軽に飲んだり食べたり。色んなお店のお酒やピンチョスなどを楽しめます。

DSCF5254.jpg

オリーブ。
DSCF5252.jpg

シーフードも。
DSCF5253.jpg

値段も良心的!
DSCF5259.jpg

私はサングリア(259円)を飲んでみたのですが、おいしかったー♪付いてきたオリーブも、今まで食べたオリーブの中で一番美味しかった!!
DSCF5258.jpg

他にも、バカラオ(タラの塩漬けの干物)を使ったピンチョスを2種類食べてみました。各1ユーロ。ここでちょこちょこつまんで、夜ご飯代わりにするのがオススメです!私のようなお一人様も気軽に立ち寄れる雰囲気です。
DSCF5260.jpg



②ムセオ・デ・ハモン(Museo del jamon)

DSCF5169.jpg

「ハムのミュージアム」という名の、飲み屋です。名の通り、生ハムがたくさんあります。

DSCF5162.jpg


値段は、生ハムの種類にもよるので、€6〜20くらい。私は€12くらいのものを頼んでみたのですが、すっごくおいしくかった(>_<)!生ハムなんて全部同じだと思っていたけど、違うんですね。あまり食にこだわりのない私ですが、この生ハムはまた食べに来たいです。



これは、ミガス(migas)という、残ったパンを炒めて作る、家庭料理だそうです。おつまみに最適でしかも安いので、オススメ!
DSCF5167.jpg


このムセオ・デ・ハモン、更に素晴らしいことに、ビールが安い!!!

カニャ(cana,小生)は€0.70(90円)、ハラ(jarra,ジョッキ)は€1.50(194円)でした♪
ちなみに、クララ(甘い炭酸水でわったビール)も同じ値段で作ってくれます。私はレモン味のビールが好きなので、「Clara con limon」と頼みます。



この飲み屋、東京に欲しい〜



③レティーロ公園(Parque del Retiro)

とても大きな公園で、中に美術館や宮殿などもあります。


クリスタル宮殿(植物の展示をする為に建設されたそう)
DSCF5319.jpg

この日はちょうど、Mitsuo Miura さんという、スペイン在住の日本人アーティストの展示会をしていました。(無料)
DSCF5309.jpg

この公園には、オーストラリアに生息する、ブラックスワンがいます。初めて見ました!
DSCF5314.jpg

芝生でのんびりできる公園が好きです。
DSCF5328.jpg

夕方になると、パキスタン人らしきビール売り達がウロウロし始めるので、1本€1で買いました。今回のホストのシリオさんと、日本やスペインの結婚観や離婚などについて熱く語りましたw

海外の人と話すと、日本人の価値観て、すごく独特なんだなーと、改めて気付くことが多くて面白いです。

DSCF5342.jpg




④のみの市(Rastro)
日曜にのみ開かれている、フリーマーケット。ラティーナ地区(La latina)あたり。
地元の人も、観光客も集まり、すごく混み合うので、スリも多発するそうですが。

DSCF5286.jpg

洋服類、
DSCF5288.jpg

アンティーク、
DSCF5290.jpg

絵画や額縁、
DSCF5296.jpg


その他古本や日用品までなんでも売っていて、掘り出し物がありそうです♪
私はお買い物が好きではないのですが、歩いて見るだけでも楽しかったです。




マドリッドといえば、プラド美術館(Museo del Prado)に行く方も多いかと思いますが、普段は入場料€14しますが、月曜〜土曜の18:00~20:00、日祝日の17:00~19:00は無料で入れるので、混んでいても構わなければ、お得なのでオススメです。入場時間前に、かなり長い列ができるので、早めに行って並ぶと良いです。



今日も読んでくれてありがとうございました♪



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。