上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周201日目☆



リアルタイムはリマから次の街へ移動中☆ 砂漠の街へ(*゚∀゚*)!



世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*




クラクフで最もアツいスポットのお話。




旧市街から少し歩いたところにある、カジミエシュという旧ユダヤ人地区





スティーブン・スピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」という映画の舞台にもなったこの場所は、



かわいい雑貨屋さんや、
DSCF8343.jpg

DSCF8344.jpg

オシャレなカフェ、
DSCF8347.jpg

イスラエル料理のレストランなど、
DSCF8353.jpg

DSCF8358.jpg

クラクフの中で一番オシャレなエリアになっています。





シナゴーグもたくさんあり、
DSCF8354.jpg



ユダヤ人も多く足を運ぶ観光地のようです。
DSCF8360.jpg



ユダヤ人街って、石畳の道や、建物の雰囲気がとても素敵。
DSCF8362.jpg

DSCF8368.jpg

DSCF8367.jpg



川を渡った先には、第二次世界大戦の時にユダヤ人ゲットーのあった、ポドグジェという場所があります。
DSCF8374.jpg


当時の悲しい過去を目撃した建物や道路が泣いているような気がして、



ここで暮らしていた多くのユダヤ人たちのことを思いながら、ゆっくり、ゆっくり、歩きました。



クラクフの素敵なところは、この旧ユダヤ人住居地区のあたりに、アートを散りばめていること。
DSCF8395.jpg



もらった地図にアートのある場所が載っていたので、宝探しのように、1つ1つ探してみました。
DSCF8382.jpg

DSCF8378.jpg

DSCF8375.jpg



そしてこのエリアの近くに、「シンドラーのリスト」に出てくるシンドラーの工場があるのです!
今はミュージアムとなっていて、月曜は入館無料です。
DSCF8401.jpg

DSCF8400.jpg


実は恥ずかしいことに、私は「シンドラーのリスト」を昨日初めて見ました。すごく感激しました。クラクフを訪れる前に見ておけばよかったな・・・・






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
☆世界一周200日目☆





リアルタイムはペルーのリマ。限られたスペイン語で頑張って会話してるので知恵熱でそうです(=_=)





世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


ポーランドのクラクフという街にやってきました。
proadv06_01_map.gif





10月初頭、冬の始まりのあたりに訪れたので、もう大分寒くて、でもその寒さの似合う街でした。
DSCF8295.jpg

DSCF8303.jpg

DSCF8299.jpg


クラクフの好きな所は、電車やバスの発着するメインの駅からすぐに旧市街へと歩いて行けること。




迷うことの少ない、旅行者に優しい街です(´∀`*)




旧市街の一角に、ヴァヴェル城というお城も現れて、
DSCF8337.jpg



お花がきれいに咲きそろった庭園や、
DSCF8325.jpg



秋色のつるで覆われた壁など、
DSCF8326.jpg




散歩するだけでとても幸せな気分になりました。




城の真ん中にあるヴァヴェル大聖堂は、何度も増築を繰り返したため、屋根の形や教会の建築様式がちぐはぐになっていますw
DSCF8311.jpg






主な交通手段となっているトラムは、青で統一されていて素敵。
DSCF8339.jpg





信号機のマークもかわいい(* ´艸`)
DSCF8370.jpg



そして、ヨーロッパで訪れた他のどの都市よりも、馬車のグレードがアップしていますwこれなら乗りたい
DSCF8406.jpg



しっとりしていてとても好きな雰囲気。
DSCF8404.jpg




ポーランド料理も、家庭的で優しい味でした('v`)

ロシア料理にもある、ピエロギ。中身はお肉だったり、ポテトとチーズだったり、キノコとキャベツだったり。
IMG_8615.jpg
Kuchnia u Dorotyというレストランで食べましたが、すっごくおいしかったです(*´∪`)



これはキャベツと豚?だったか鳥? サワークラウトという酸っぱいキャベツをふんだんに使っているので、かなり酸っぱめです。
IMG_8621.jpg




次回はクラクフのもっとアツいスポットを紹介☆





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周198日目☆




リアルタイムはペルーのリマでじわじわと南米を楽しんでいます。




今日もポチッとしてくれると、嬉しいな(´∀`*)
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*




さて、ドイツの本場のオクトーバーフェストに行きたいと思っていたのでしたが、直前になり宿代がかなり高騰してしまったため、かなり悩んでいました。






ただ、今まで出会ったドイツ人で、ミュンヘンのオクトーバーフェストに行ったことある人がいなく、みんな、


「オクトーバーフェストはビール高いし、観光客ばっかだから、あまりオススメじゃないよ〜」と言っていました。






なので、あっさり断念!どうせドイツ行ったらビール飲むしね(・ω・)







オクトーバーフェストに間に合わせる必要がなくなったので、行く予定のなかったポーランドのクラクフに寄ってみることにしました!
DSCF8294.jpg







ポーランドと言えば・・・・






美女(´艸`*)







だそうです。







男性の旅人仲間がポーランド女性を絶賛していたので、街中をキョロキョロしながら歩きました。








確かに、皆スラっとしていて、顔が小さくて、パンツ姿がきまっている感じの人が多かったです。








でも個人的にはギリシャ人の女の子の方が好みです








今回ポーランド美女に出会いたかったので、女性のホストを探しました。







そして、快く受け入れてくれたのが、






オルガ。右の子です。
P1010259.jpg







22歳という若さにして、もう50人近くをホストしたことのある、ベテランカウチサーファーです。






私が到着した日はちょうど週末だったので、オルガは友達とパーティーに。私は夜行列車明けで疲れていたので、主人のいない家でベッドも与えられ、自由に寝させてもらいました。







会ったばかりの私を家に通し、のんびりさせてくれるなんて、信じられないけど、事実。







妖精のようにかわいくて、採れたてのイチゴのように若々しく、舞い降りる雪のようにふわふわ優しい彼女。







男子だったら絶対惚れてしまいますね・・・(●´A`) きゅん





しかも、ホステルで働きながら大学に通い、2つの修士課程をとるために勉強しています。






ポーランドの国立大学は、授業料が無料だそうです。なので修士課程を2、3つ同時に行っている人も少なくないのだとか。





しかもオルガ、「ちょっと去年と今年は勉強がんばりすぎちゃったから、休みをとって少しロンドンで仕事でもしてみようと思ってるの。」





と言っていました。日本の大学生の感覚とは違ってかなり自由ですねw







さて、ぶらりと寄ったクラクフですが、実はかなり楽しかったのです( ´艸`)





つづく。



【プラハからクラクフ移動】
夜行列車で6000円程。22:29発、6:53着。所要時間8時間半。
駅の窓口で購入しました。





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周197日目☆




リアルタイムはペルーのリマ!アルパカの毛でできたテディベアが驚異的なやわらかさで、買おうかどうか迷い中(>д<)



世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


チェコのあちこちで見かけ、気になっていた子がいます。













DSCF7981.jpg






もぐらの「クルテク」くんというそうです。







日本でも、雑貨屋さんとかで見かけたことがある気がしますが、チェコの絵本のキャラクターだったんですね。







かわいい(´ω`*)
DSCF8214.jpg







日本人が(特に女子が)キャラクター好きなのはなんででしょうね。








ディズニーシーのダッフィー現象(ダッフィーの人形と一緒にアトラクションを楽しんだり、写真撮ったりするやつ)も、海外の人に話すと、




「えっ・・・・・」と引き気味に、





かなりびっくりされます。







でもプラハにも、びっくりするものがありました。






旧市街広場に、有名な天文時計があって、カラクリ時計になっているというので、見に行ってみたのですが、
DSCF8195.jpg




おじさん(キリストの12使徒らしい)が、次から次へと控えめに、ひょこっと顔を出してきて、(いや、むしろあまり飛び出てこないから見えづらい)
DSCF8017.jpg



おわり。







「えっ・・・(・_・)」ってなりました。






たぶん時計台の前で楽しみに待っていた人たちも、同じ気持ちだったのではないでしょうかw







でも、600年も昔に設計され作られたと思えば、その地味さにも歴史と伝統を感じますね(*'v`)b







もう1つ面白いものを見つけました。


Vojanovy Sadyという、クジャクも優雅に歩いている庭園があるのですが、
DSCF8180.jpg




その一角に変な壁が。







DSCF8174.jpg








非常にでろでろしています。
DSCF8175.jpg





そこにあった説明によると、人工的な要素と自然との対比により、庭園の一部にミステリアスな空間を作ったのだとか。要するにアートですね。よく分かりませんが、綺麗な庭園の一部にひっそりとあるので、なかなか面白いです。






そんなこんなで、1週間いたプラハともお別れ。
DSCF7994.jpg

DSCF8223.jpg


この後、ドイツのオクトーバーフェストに行く予定を立てていたのですが、ホステルを探したら、ドミトリーでも1泊5000円〜7000円!?無理!!!




どうしよう(;_;)







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周196日目☆




リアルタイムはペルーのリマ。曇り天気の続く場所らしく、出かける気になりません(´A`)。曇ってると頭痛がしてくるんです〜(´A`)




世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


プラハは、音楽の溢れる街です。





観光地のあたりは、路上演奏をよくやっています。
DSCF8067.jpg





子供のときによく耳にしていた、「モルダウの流れ」という曲は、チェコの作曲家の作った曲だそうです!久しぶりに聴いて、懐かしさとともに、その地に来たんだという感動をおぼえました。






更にプラハでは、いくつかの教会が夜になると、コンサート会場と化すのです!






ユダヤ教の「スパニッシュ・シナゴーグ」ですら、クラシックコンサートの会場となっています。
DSCF8156.jpg





教会の入り口に、コンサートのチケット売り場があるので、時間と値段を聞いてみると良いです。前日までに買った方が、断然安いようです。だいたい17時台と20時台というように、一日二回行っています。






トーマスに、「コンサートだって!!行きたーい(´∀`*)」と言ったら、






「えっ、そんなの興味あるの? へー。僕はアイスホッケーの方がいいや。」





と、あっさり断られたので、1人で聖ニコラス教会のコンサートに行ってみました+.(*'v`*)+


当日券を買ったのですが、350コルナ(1761円)。数日前に聞いた時は、200コルナ(1000円)でした。
DSCF8190.jpg




この日の17時台はトランペットとパイプオルガンの演奏。
DSCF8188.jpg





教会なので、ベンチが正面の十字架の方を向いているので、当然みなそっち向きに座っています。






時間になり、演奏が始まったものの、演奏者が見当たりません( ;゚Д゚)!






えっまさかこれ曲流してるだけ??






と焦ってきましたが、教会の中は神聖な雰囲気なので、冷静を装います(。-ω-。)







曲が終わったタイミングを見計らって、後ろを向いてみたら、






いました(;´▽`)=3 演奏者。






私たち観客の真後ろの2階部分、パイプオルガンのあるところで演奏してました。
DSCF8185.jpg





演奏している方も、お客さんの背中に向かって演奏しなきゃだから変な感じでしょうねw!






ちょっとおもしろコンサートでした( ´艸`)。






街中にもたくさん、コンサートやイベントのチラシが置いてあるので、時間に余裕のある方はコンサートやバレエなどを楽しむプラハも良いのではないでしょうか もちろんオペラハウスでのオーケストラコンサートもあります。
DSCF8218.jpg





一方トーマスは、アイスホッケーのリポーターをやっている友達と、アイスホッケーのテレビゲームを5時間くらいしていました・・・(-_-)男子だなー。




右側がそのお友達。ちょっとほっぺたに炎症が起きて、かわいそうなことになってますが。
DSCF8289.jpg
左は弟くん。まだ16歳位だったかな?イケメン






次回はチェコで気になる、あの子の紹介です。







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周195日目☆←計算ずれてた( ´△`)




リアルタイムは、ペルーのリマでホームステイ中!スペイン語の語彙がなさすぎて辛いです(;д;)



世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

~~*~~*~~*~~*~~*~~*



プラハから電車で30分程で行ける、「カルシュタイン城」へ行ってきました!



こんな感じの、のどかな風景の駅でおりて、
DSCF8280.jpg

DSCF8276.jpg



人の歩いていない、静かな田舎町を歩いて行くと、




小さな村が現れます。そしてその先にはお城が(* ´艸`)

DSCF8249.jpg

DSCF8272.jpg
私が手に持っているのはホットワインです。ホットだしワインだし、体に良いと信じている(・∀・)





自然の中にひっそりと佇む姿が、上品で素敵!
DSCF8258.jpg




1348年~1355年にローマ帝国とボヘミアの王カレル4世(Charles IV )によって建てられたゴシック様式のこの城は、王室や皇室の貴重品や戴冠用宝石、そして国家文書の保管所として建てられた、少しユニークなお城です。建造にかかった期間が7年のみだそう( ゚д゚)!!!




Chapel of Holy Crossというチャペルが見所だそうなのですが、どうやら期間限定でしか公開していないそうで、今年は5/1~10/3までしか開いていなかったようです。見れませんでした。残念。。

2014年は、5/1~11/2まで公開するそうです!


ツアーでのみ入場が可能なので、英語ツアーに参加しました。入場料270コルナ(1360円)
トーマスは以前にきたことがあるので、一時間外で待っていてくれました(>_<)
DSCF8261.jpg




郊外の静かなチェコを感じられるday tripでした
DSCF8257.jpg




余談ですが、この交通標識、「進入禁止」的なやつだそうです。大きな丸だから、むしろ「いいよ!」に見えるw
DSCF8278.jpg





次回はチェコのイケメンを大公開+゚。*(*´∀`*)*。゚+





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周192日目☆





世界一周ブログランキングに参加しています!
アメリカ大陸に上陸し、旅もついに終盤です。最後まで応援お願いします(^^)♪
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*



アホイ!←英語でいうところの「Hi!」





プラハには一週間滞在していたので、トーマスにチェコ語を少し教わりました。





チェコ語の字面はこんな感じ。東ヨーロッパの国々の言葉と、ロシア語が混じったような感じに聞こえました。
IMG_8597.jpg




ちなみに「アホイ!」は、友達同士での表現なので、知らない人に挨拶するときは、「チャオ」の方が良いそうです。



「はい」は「アノ」。
「いいえ」は「ネ」。



なので「あのね」と言うと「YesNo」になるよ(´艸`*)とトーマスが教えてくれたおかげで、一生忘れなさそうですw






トーマスのご両親が食事に招待してくれたので、チェコ語での挨拶を練習していったのですが、とても喜んでもらえました。やっぱりその土地の言葉を覚えるのって楽しいな日本でも、外国人が頑張って日本語で話しかけてきたら、心がほっこりするもんね。




ちなみにトーマスのお母さんは日本語をいくつか知っていて、




「ヘビニ カマレマシタ」が最初に出てきました・・  教えたの誰だw




ごちそうしてもらったチェコ料理は、ビーフシチュー的なものに蒸しパンみたいなの(クネドリーキ)が付いたものや、
IMG_8577.jpg



「スウィチコバ」と呼ばれる、クネドリーキと柔らかいお肉と、ソース、生クリーム、クランベリーのジャムの料理など。優しい味なので、日本人の口には合うと思います。美味しかった!そして蒸しパンで意外にお腹がふくれます。
IMG_8596.jpg




そして、チェコと言えば・・・・・




ビール(*・∀・*)



チェコはビールで有名なんです。1000年以上もの歴史があるそうです!
DSCF8164.jpg



中でもチェコ人のお気に入りは、「Pilsner Urquel(ピルスナーウルケル)」
DSCF8128.jpg
ピルスナービールの元祖だそうですよ


これ、かなり好きでした(*'v`)b! お気に入りのビールに追加!





トーマスの家では、突然ジックという少年が引っ越してきて人数も増えたので、はりきってご飯をつくってあげました。私の中のチェコ人のイメージとは全く異なる、ちょっとヒッピーなヘアスタイルの彼。
DSCF8137.jpg



「Sushiが食べたい!」というリクエストに応えて、巻き寿司を作ってみたのですが、慣れてないので巻き方のコツつかめず。どんどん巻いてたら、なんだかすごい量になってきましたw
IMG_8591.jpg



ジック少年は初寿司だったそうですが、喜んで食べてくれました!わーい!




海外で日本食を作る時の問題は、材料が調達できないことなんですよね。。のりとお酢とわさびがなかなかくせ者です。






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周191日目☆


リアルタイムはついに南米上陸!!
空港の時点ですでにカオスです。大丈夫かしら。。。ちょっとビクビクです。

無事を祈ってポチお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


~~*~~*~~*~~*~~*~~*


プラハは、ヨーロッパの人気都市の中でもさらにトップクラスの、大観光都市です。




オレンジの屋根、石畳の道、路面電車、街の中心に流れる川など、どこを切り取っても風情があって、ロマンチック。
DSCF8052.jpg

DSCF8013.jpg



こんな美しい都市に住めるなんて、うらやましいですね!
DSCF8192.jpg




ディズニーやジブリなどの世界に入り込んだような気分になります。
DSCF7986.jpg




そんなプラハの絶景スポットからの写真をお届けー♪
DSCF8097.jpg

IMG_8572.jpg
※「Petrin」(ペプシンの丘)より。

山のてっぺんにエッフェル塔のような形のタワーが立っているので、街中からも見えると思います。山のふもとから歩いて登るか(だいたい15~20分)、フニクラー(登山電車)に乗ります。トラムやメトロの乗車賃と同じです。
タワーの入場料は、105コロナ(528円)。





ちなみにペプシンの丘には他に、鏡の迷路もありますw
DSCF8106.jpg

DSCF8125.jpg




...た、た、たのしー...い






うーん






特にオススメはしませんw 子連れだったら楽しいと思います。






実はプラハの絶景よりも私の心をわしづかみにしたものがあるのです・・・・




「ブルチャーク」という飲み物!
DSCF8083.jpg

透明のカップに入った黄色の飲み物がブルチャーク、もう1つはホットワインです


ブルチャークとは、ワインができる途中の微炭酸の飲み物です。発酵の途中なのでまだアルコール度数も高くなく、甘いジュースのような感じです!初秋限定のチェコの風物詩だそうですよ
DSCF8250.jpg
ちなみにこの写真のとこでブルチャーク買おうとしたら、蜂が数匹溺れてました(-_-)きゃーん
甘いからね。蜂さんも誘惑されるんでしょうね。



9月にはチェコのあちこちで、ワイン祭が行われ、ブルチャークも買うことができるそう。



次回チェコに来るときは、絶対ワイン祭を狙って来よう





結局花より団子なチェコ旅でしたw







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周

☆世界一周188日目☆


リアルタイムは、イギリスのロンドン♪来る予定はなかったのですが、南米に行くチケットの関係で立ち寄りました!さっそくビールとフィッシュ&チップス


今日もポチっとしてくれたら嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



ハンガリーのブダペストから列車に乗って7時間。




列車のレベルが格段に上がってびっくり。すごく綺麗。空調も付いてます。
DSCF7945.jpg


快適〜
DSCF7948.jpg




到着したのは、チェコのプラハ





今までいた東欧や中央ヨーロッパの国と比べると、列車や駅が綺麗で、モダン!




列車の中で出会ったチェコ人の男の子によると、チェコは貧富の差があまりないという調査結果がでたのだとか。生活水準はまあまあ安定していて、仕事もパートタイムなら見つかるそう。日本人にとってパートタイムは、心もとないですけどね・・・。イタリアで出会った人も、イタリアでフルタイムの仕事を見つけることはすごく難しい、と言っていました(*_*)






プラハでは、バンクーバーにいた頃に知り合ったチェコ人の友達、トーマスのところに泊めてもらいました!5年ぶりの再会です。出会った頃は若い少年のようだったのに、お腹周りが立派に大人になっていましたw

DSCF8140.jpg





彼はアイスホッケーが大好きで、アイスホッケーのスタジアムで働き、家でも常にテレビでアイスホッケー、アイスホッケーの話しかしてませんw





チケットをおさえてくれたので、私も初ホッケーを見に行ってきました!





チェコのチーム、Sparta vs Kladno。


DSCF8037.jpg

ルールは完全にはわからないのですが、迫力あって面白い!動きが速くて目が離せません。
DSCF8040.jpg

スパルタのホームでの試合だったので、大盛り上がり。
DSCF8044.jpg

トーマスの応援する、「スパルタ」というチームのマスコット。かわいくないです。
IMG_8564.jpg




スポーツにはうとい私ですが、意外と楽しめました(^^)また機会があれば行きたいな〜♪



【プラハ交通手段】
トラム、メトロ、バスがありますが、同じチケットで乗れます。
駅の近くにある券売機か、タバコ屋(売店みたいなとこ)でチケットを買って、バス、トラムは乗ってから小さな箱のような機械に通し、スタンプを押します。メトロはプラットフォームに降りる前に、同じ機械があるので、通します。

30分有効のシングルチケットは、24コルナ(118円)。90分は32コルナ(158円)。一日券もありました。





【ブダペストからプラハへの移動】
電車:このサイトで確認、駅で購入、5700フォリント(2592円)。

ブダペストを13:25に出発し、20:21くらいに到着しました。所要時間約7時間。







今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周185日目☆


リアルタイムは、フィンランドのサーリセルカからヘルシンキへ戻りました。8℃くらいあって、意外と暖かいです。


今日も応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



ハンガリーのブダペストで何がしたかったのかというと・・・・



温泉



以前に弾丸トラベラーでハンガリーがでてきて、広い温泉の映像をみてから、ずーっと憧れの地でした。



それに日本を出てから、もう5ヶ月も湯船に使っていません(;_;)お湯につかりたい!!




ということで、1人で(ー_ー)温泉行ってきました♪



2泊のみで時間に余裕がなかったので、有名なところ1つだけ。



セーチェニ温泉。




街中からメトロに乗ってすぐです。セーチェニという名前そのままの駅で降りると、公園の中にでるので、それっぽい建物を探します。黄色い大きな素敵な建物です。



入場料は、ロッカー利用で1800円くらいでした。個室更衣室などもあります。タオルはレンタルもあります。

更衣室で水着に着替えて、ロッカーに荷物を入れてから温泉に向かうのですが、ビーサンのようなものがあるといいです!!何も持っていなかったので裸足で館内を歩かなくてはならなくて、気持ち悪かったです(*_*)ビーサンとタオルと、ちょっとした袋みたいなものにペットボトルの水とかも入れて持ち歩くといいと思います☆
IMG_8529.jpg



館内と野外にお風呂があったのですが、外のお風呂しかあったかくなくて、館内のはかなりぬるくてプールのような感じでした。サウナは何種類もあって良かったです!野外にはプールもあって、流れるプールもありましたw 子供も喜びそうですね!
IMG_8531.jpg






ハンガリーでもう1つ気になっていたのは、ワイン




すごく安く買えると旅仲間から聞いていたのですが、いかんせん1人だし、しかも2泊のみだったのでワインがぶ飲みの夢は消えました・・・・


その代わり、ハンガリーの特産、「トカイワイン」という名前の、甘いデザートワインのようなものを買いました。友達から「トカイワインは色々種類があって、甘くない普通のワインもあるから気を付けてね」と言われていたので、間違えずに買うことができました。



甘いトカイワインも、5段階くらいに分かれていたので、中くらいの値段のを買いました。それでも2990ft(1354円)。
DSCF8233.jpg




次に行くチェコで訪ねる予定の、友達へのお土産にしたのですが、「ワインはあまり飲まない」と言われ結局自分でほとんど飲みましたw!すごく美味しかったです







今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周

☆世界一周184日目☆


リアルタイムは、フィンランドのサーリセルカ。
白銀の世界に胸をときめかせています。


今日も私のブログに足を運んでくださりありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



行ったことのある人から、「すごく美しい街だよ!おすすめ!」と言われ続けていたブダペスト




かなり高まっていた期待値を裏切ること無く、ブダペストはその優雅な魅力で私を迎えてくれました。
DSCF7897.jpg





城壁にあるこのマーク。以前のオーストリアハンガリー帝国時代の領土が模様で表れています。
右上の赤白のチェックがクロアチア、真ん中の右側がスロバキア、左がオーストリア、他は忘れましたw
DSCF7843.jpg





それぞれ文化も言葉も違う国を、帝国としてまとめるのは難しかったでしょうね。





ブダペストは、ブダとペストという地区に分かれていて、昔その2つの町を併合してブダペストにしたそうです。






ホテルやショッピングエリアの方はペスト。ドナウ川を渡り、丘になっている方がブダです。





有名なセーチェーに鎖橋。セーチェーニ伯爵が、橋の技術の進んでいたイギリスに視察に行った際に鎖橋を見て、同じものを作ろう!となったのだとか。
DSCF7918.jpg




ブダの方の、フニクラー近くを少し登ると、王宮の丘に着きます。絶景ポイント。
DSCF7841.jpg




登りと下りのフニクラー(登山電車)が互いに引っ張り合っています。
DSCF7853.jpg



衛兵の交替の儀式。かなり観光用のパフォーマンスになっていて面白いです。
DSCF7848.jpg




みんな衛兵と写真をとっていくのですが、この衛兵は女の子にデレデレで、笑顔まで見せていましたw
DSCF7856.jpg





このマーチューシュ教会は入場料1000ftかかりますが、一見の価値アリです!今まで見た教会の中で一番かわいいです!!乙女心がキュンキュンする内装♡
DSCF7865.jpg

DSCF7904.jpg

DSCF7914.jpg

DSCF7900.jpg





カラフルな街並が、絵本のよう。
DSCF7877.jpg

DSCF7882.jpg

DSCF7890.jpg







王宮の丘から川沿いを南に進むと、もう1つの丘があります。ここからはブダペストが一望できます。おすすめ!登るのは30分くらいかかりました。
DSCF7935.jpg

DSCF7929.jpg





鎖橋から南に2つ目の緑の橋の近くにある大きいマーケット!野菜、肉、魚、総菜、パン屋、フォアグラなど何でも売ってます。パン屋で売ってる、一口サイズのパンが美味しかった~♡食べ歩きの楽しいマーケット。
DSCF7923.jpg

DSCF7937.jpg

かわいいピクルス発見
DSCF7940.jpg

2階には食べる所もあります。
IMG_8518.jpg




ここブダペストで、私の数少ない旅仲間と再会が果たせました♡


エジプトで会ったKenさん。
DSCF7942.jpg



だいぶ長く滞在していて、もはやハンガリーマスターです。私も次は1つ1つの国をじっくりみる旅をしたいな。



Kenさんと、今までの旅を回想しながら話したら、自分がだんだん文句たれになっていることに気付きました(*_*)!「あそこはツアー客がいすぎて嫌だった」とか、「あの街は観光化しずぎていてあまり好みじゃなかった」とか、「駅の窓口の人が非情すぎて、腹が立った」とか。。



単発で旅行をしている時は、色んな世界を見て視野が広がって、細かいことを気にしなくなっていたのに、長期旅行をしていたら、いつのまにか街や国を比較をするようになってきていました。



いかんいかん。何様のつもりだ私!



気付かせてくれたKenさん、ありがとうございました♡



初心に戻って、1つ1つの国を楽しみます!





今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周183日目☆


リアルタイムは、サーリセルカ、フィンランド!
オーロラを見にやってきました(>u<)見れるかな??


Wish me luck☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



ザグレブから6時間半列車に乗って、着いたのはハンガリーのブダペスト
DSCF7854.jpg



【ハンガリー】
時差:日本よりー8時間
通貨:フォリント(1フォリント=49円)
言語:ハンガリー語
首都:ブダペスト


ちょっと調査不足で、着いた駅が街のどこに位置するのか分からず、1時間半くらい重たいバックパックを背負って歩き続けました(+_+)なんとか街の中心に辿り着き、wifiのあるカフェを見つけ、今回泊めてもらうホストに連絡を取ることができました。

カウチサーフィンで旅をする場合は、電話を持ってる方が断然いいです!私はこのときは毎回wifiを探して、Skypeで電話をかけたりメールでやり取りをして待ち合わせしたりしていたので、会えないリスクが高すぎて毎回ハラハラしています(=_=)



ブダペストでのホストは、ラズロという男性。つい最近占いのようなものに行ったら、その占い師のような魔女のような人に、「あなたは日本や韓国のようなアジアの国と何か深いつながりがあるわ。」と言われたそうで、その直後に私からのカウチサーフィンのリクエストが来たので運命的なものを感じ、引き受けたそうですw  




ブダペストのナイトライフで大人気の、「Ruin Bar」に連れていってもらいました!
Ruinというのは廃墟という意味なのですが、その名の通り、廃墟となった建物を利用してバーにした、建物がまるまる3階だてのバーになった、中庭的なものもある面白いところでした♡
DSCF7837.jpg




私の行ったところだけではなく、ユダヤ人街エリアにいくつも廃墟バーがあるそうです。
DSCF7829.jpg
きれいなシナゴーグ。




そういえばブダペストで、久しぶりにマクドナルドに行ったのですが、ハンバーガーにハッシュドポテトの入ったようなのがあって美味しかったです♡たまにはジャンクフードも良いですね♡
IMG_8534.jpg





【ザグレブからブダペストへの行き方】
電車:222クーナ(3902円)、所要時間6時間半でした。10:00発、16:34着
ザグレブからの電車は、ブダペストの中心から少し離れた駅(Budapest Deli pu)に着くので注意です☆
他にもブダペストには、街の東駅( Keleti pu)と西駅(Nyugati pályaudvar)という大きな駅があります。





今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周182日目☆



リアルタイムは、フィンランド、ヘルシンキ。建物、インテリア、目に入るもの全てがオシャレ!
フィンランドの女性もきれい〜

今日もポチッとお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



クロアチアのザグレブは、前回紹介したプリトヴィッツェ国立公園の為に立ち寄ったので、何も調べておらず期待もしていなかったのですが・・・・


結構すてき!
DSCF7760.jpg


街の中心の公園は綺麗に整備され、どこかの宮殿の庭のよう。
DSCF7765.jpg


「Upper Town」と呼ばれる、丘の上の石畳の街並。

DSCF7783.jpg

DSCF7782.jpg

DSCF7792.jpg




「世界一短いケーブルカー」だそうです。30秒で丘の上と下をつないでいます。
DSCF7814.jpg

赤茶の屋根の多い景色。
DSCF7811.jpg




大聖堂。
DSCF7770.jpg

中の壁に書かれていたこの文字。不思議!
DSCF7774.jpg

DSCF7771.jpg

屋根のかわいい聖マルコ教会。
DSCF7804.jpg





そんなに見所は多くないので、観光は一日で十分な感じでしたが、




ふらふらお散歩をしていると、素敵な街角に出くわします。

IMG_8482.jpg




DSCF7809.jpg




虹色の空
DSCF7826.jpg



顔がにょーん
DSCF7806.jpg







今回ザグレブでもカウチサーフィンをしたのですが、低収入のため、実家から送られてくる、畑でとれた野菜くらいしか食べておらず、スーパーで食品を買うこともほぼないそう。その代わりビールは飲んでましたが。




自分の生活でいっぱいいっぱいなはずなのに、旅人を泊めてくれる、聖人のような人でした(;_;)しかも日本人に会い話すのが初めてだそうで、大歓迎してくれました。




今回実は、泊めてくれるはずだった別の人と連絡が取れず、最後の綱としてこのホストに電話をしたら、当日にもかかわらず泊めてくれたんです。しかも、「たまにはゆっくりしなさい」と2泊泊めてくれました。2泊目は、もう1人旅人を泊めてました。




カウチサーフィンをしている人たちは、基本的に人を信用していて、すごくピュアな気持ちで人助けをする人が多いです。こういう綺麗な心に触れると、どんどん自分も浄化されていく気がします。




ありがとう、ミロス。





※街を走っているバスやトラムは、キオスク(売店)でバスチケットを買って、車内の機械に通すシステム。
DSCF7817.jpg





今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周





☆世界一周181日目☆


リアルタイムは、フィンランド、ヘルシンキ。

始めての北欧、ワクワクです(>u<)♪♪
楽しいことがいっぱい待っていますよーに!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボから向かった先は、クロアチアの首都ザグレブ



早朝に着き、そのままクロアチアで一番楽しみにしていた場所へ。




「プリトヴィッツェ国立公園」

DSCF7745.jpg




以前にヨルダンで出会った旅仲間に教えてもらった場所。




階段のように連なる16もの湖と、豊かな森林が美しい、楽園のような場所なのです。
DSCF7741.jpg






私が訪れたのは9月後半。少し涼しくてハイキングには最適の時期でした!(入場料110クーナ、約1900円)





所要時間別にコースが提案されていて、そのマークを進むだけなので、道に迷うこともなく簡単にハイキングが楽しめます。階段や山道も少しありますが、そんなにキツい道もなく、快適にのんびりと散歩ができました♪
IMG_8463.jpg

DSCF7619.jpg




ツアー客がたくさんいて、ところどころ道が詰まっていたのが残念。そして1人は寂しかったです(=_=)。

1人で黙々と歩いていたので、4時間コースを早めに終わらせてしまい、時間を持て余してしまったので、2周近くしましたw





びっくりするほど、エメラルドグリーンの美しい湖。
DSCF7626.jpg




DSCF7687.jpg




魚も透けて見えます。気持ち良さそう!
DSCF7642.jpg




ソーダゼリーのような湖の上を散歩。飛び込みたくなります。
DSCF7657.jpg




沈んだ木や、湖底に生える植物。湖の中も森のよう。
DSCF7664.jpg




色づいた葉に秋を感じたり、
DSCF7647.jpg




青い空と暖かな太陽が夏を思い出させたり。
DSCF7652.jpg




1人で歩いているのに、笑顔になれる場所。
IMG_8475.jpg



日帰りでしたが、十分楽しめました!マイナスイオンで美肌になったかしら
DSCF7744.jpg




【サラエボからザグレブへの行き方】
電車は11:17発、20:09着のがありました。私は夜行で行きたかったのでバス移動にしました。
サラエボのバスステーション(街中からでてる、トラム1番の終着点)から28ユーロ、9時間程。



【ザグレブからプリトヴィッツェへの行き方】
ザグレブのバスステーション(電車の駅からは徒歩で20分くらい)から、バスが割と頻繁にでています。92クーナ(1564円)でした。所要時間2時間程。カード使えなかったです。駅に荷物預けられるところありました。

バスはプリトヴィッツェ国立公園のエントランス1と2に停車するらしく、私は1で下りました。


帰りはプリトヴィッツェ国立公園の前からまたザグレブ行きに乗るのですが、バス会社によって料金が違うよう。私が乗ったのは100クーナでした。このバス会社のみ、国立公園入り口近くにあるチケットオフィスで乗車券買えますが、他のバスは車内で払うようです。

プリトヴィッツェからザグレブへのバスの時刻表↓
IMG_8462.jpg
(エントランス1のバス停に貼ってありましたが、記載の出発時刻はエントランス2からのものらしく、この時刻の少し後にエントランス1に到着します。)





今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周


☆世界一周180日目☆




リアルタイムは、イスタンブールからフィンランドのヘルシンキへ移動!



まだシーズンではないみたいなのですが、今年はオーロラ当たり年ということを聞いているので、期待見れるといいな(>_<)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


ドブロブニクからボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボへやってきました!

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】
時差:日本よりー8時間
言語:ボスニア語、セルビア語、クロアチア語
通貨:マルカ(1マルカ=69円)
首都:サラエヴォ




ヨーロッパに位置しながらも、多くのイスラム教徒がいて文化や宗教の入り交じっている国。
どうしても立ち寄ってみたい国の1つだったので、首都のサラエボに1泊してみました。





サラエボは、「サラエボ事件」の起こった場所で有名です。昔歴史の授業でアンダーライン引きましたよね。





この事件の起こった当時、ボスニアはオーストリア・ハンガリー帝国の領土となっていて、ボスニアの住民の多くはそれを不満に思っていて、セルビアや南スラブ諸国への統合を臨んでいたそうです。1914年、オーストリア皇太子夫妻がサラエボに視察に来た際、サラエボのラテン橋の近くでセルビア人の青年に暗殺され、そのことが第一次世界大戦のきっかけになりました。
DSCF7548.jpg




実は皇太子夫妻が市役所を訪れる前に犯人は暗殺を試みたのですが失敗し、身の危険を感じた夫妻はその後街でランチをする予定を変更し、すぐ帰ることにしました。暗殺から逃れるため帰路のルートを変えましたが、運転手に伝わっておらず往来のルートでラテン橋のところを右にに曲がってしまいました。ガードや警察は変更後のルートで待機して往来のルートの方は無防備だったため、射殺されてしまったそうです。
DSCF7560.jpg
市庁舎。





サラエボにはたくさんのモスクがあります。なんだか、トルコに戻ってきたような感覚。
DSCF7524.jpg


DSCF7515.jpg

DSCF7532.jpg

DSCF7535.jpg





正教会のチャーチや、
DSCF7503.jpg

DSCF7592.jpg


カトリック教のカテドラルや、
DSCF7507.jpg


ユダヤ教のシナゴーグもあります。
DSCF7546.jpg





街の中心部は、カテドラルのあたりからはっきりと、オーストリア・ハンガリー帝国時代の建築と、オスマン帝国時代の街並とに分かれています。
DSCF7512.jpg

DSCF7569.jpg

ちょっと日本の茶屋街っぽい!
DSCF7517.jpg

ハトいすぎ。
DSCF7574.jpg








サラエボは、東からはアジアやトルコからのものが、西からはヨーロッパからのものが流れてくる貿易地点で、多くの商人が商売のため訪れる街だったため、商人がタダで泊まれる宿(サライ)があったそうです。今はお土産屋となっています。
DSCF7589.jpg





ここサラエボも、つい最近の2000年までユーゴスラビア紛争で打撃を受けていました。特にボスニア戦争では、多くの市民が犠牲になりました。3人以上の犠牲者が出た場所には、「ローズ」と呼ばれる、赤い血のようなマークが付けられています。
DSCF7591.jpg





ボスニア・ヘルツェゴビナが様々な帝国に支配され、文化や宗教の影響を受けてきた結果、このような興味深い、美しい街並になったんですね。ヨーロッパにいるのにアジアのような、中東のような不思議な雰囲気です。ヨーロッパにずっといると、街並が似通っててだんだん全部同じに見えてきちゃうのですがw、久しぶりに懐かしさを感じる街でした。
DSCF7565.jpg





サラエボ、想像以上に面白かったです。そして私好みの、山が見える街。物価も安かったです♪

DSCF7547.jpg
これ超美味しくて感動しました(>_<)!!トルコの、肉団子の入っているパンに似ていました。240円。





今回もカウチサーフィンを通じて連絡を取って、サラエボに住むアミラという女性とお茶をしました!
DSCF7603.jpg


戦争を経験した彼女。「これから国としてどうなっていくのか、経済がどうなっていくのか、様子をみるわ。」と話してくれました。



ボスニアは失業率が30%近くにものぼります。国力、経済力の弱い国に住むのは、どんな気分なんだろう。東ヨーロッパの国々で感じるのは、「拭えない不安」。でもサラエボの人々は、仕事が終わると仲間とコーヒーやお酒、シシャ(水タバコ)などを嗜み、今の平和な日々を楽しんでいる様子でした。
DSCF7604.jpg





自分の置かれていた環境がどれだけ平和で、安定していて、恵まれていたのか。いつも分かっているつもりでした。自分を取り巻くものに感謝をするだけでなく、地球上で起こっていること、起こったことを知ることが、今の私には必要だ!



ヨーロッパの旅は、社会科見学をしている気分です。



【サラエボのフリーツアー】
「insider」

【ドブロブニクからサラエボへの移動】
ドブロブニクのバスステーションからバスが8:00と15:15に出ています。運賃は忘れましたが、3000円前後だったと思います。所要時間は約5~6時間。
ほぼ毎日遅延するようで、私のときも1時間遅れて来ました。

【サラエボのホステル】
「Tito46」
ドミトリー1泊:12マルカ(828円)
ロケーション、清潔感◎






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周



☆世界一周179日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。
お肉に拒否反応が出てきました。


イスタンブールとも今日でお別れです(;_;)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


16カ国目、クロアチア入国☆




【クロアチア】
時差:日本より-8時間
通貨:クロアチア・クーナ(1クーナ=約17円)
言語:クロアチア語
首都:ザグレブ




モンテネグロのコトルから、絶景を眺めながらバスに乗ってアドリア海の真珠、「ドゥブロヴニク」へ。



コトルで出会った日本人の大学生じゅんぺいくんと、ドゥブロヴニク行きのバスで久しぶりの日本語を楽しみました♪
大学の夏休みなので、ヨーロッパ数カ国を1人旅しているそう。行動力と、プランニングに驚きました。私が大学生の時は怖くて一人旅なんてできなかったです。


大学生くらいの若者の視点からみる世界は、今の私の視点とは別物なんでしょうね。フレッシュな若者に出会って、ポジティブで活き活きとした気分をおすそ分けしてもらえました





ドゥブロヴニクは、「魔女の宅急便」や「紅の豚」に出てくる街のモデルになったとかで有名です。




観光地としてもクロアチアで一番人気な場所で、世界遺産にも登録されています。




旧市街を見下ろせる絶景スポットに登ってみました。歩いてもいけますが、コトルの山登りで疲れたのでケーブルカーに乗っちゃいました。94クーナ(1634円)もしました(=_=)
DSCF7437.jpg




ちょうど夕暮れ時だったので、夕日と夜景の両方が楽しめました。
DSCF7434.jpg



壁の中にきっちりとおさまった旧市街が、宝石箱のようで可愛いです。
DSCF7453.jpg

DSCF7449.jpg

DSCF7447.jpg


DSCF7458.jpg





夜の旧市街を散策。
DSCF7469.jpg

DSCF7471.jpg

DSCF7473.jpg

DSCF7476.jpg

DSCF7479.jpg



階段が多くて、雰囲気のある旧市街は、すごくたくさんの観光客でにぎわっていました。レストランやバーはどこも人で溢れていました。ナイトクラブまであるそうです。

DSCF7477.jpg

DSCF7485.jpg




こんな華やかな観光地のイメージのドゥブロブニクですが、つい22年前に起こったユーゴスラビア紛争で、クロアチアの独立を認めたくなかったセルビア・モンテネグロ勢力によって7ヶ月間包囲され、砲撃され街はかなり損害を受けたそうです。




そしてそのことにほぼ無知だった自分に反省。。




魔女の宅急便の街が、元通りの美しい姿に戻ったことをとても嬉しく思います。これから、特別な思いで魔女の宅急便を見ることができそうです。




【コトルからドブロブニク】
コトルの旧市街の近くにあるバスステーションから8:00発-10:00着、14:45発-17:00着が出ていました。20ユーロ。ドブロブニクのバスステーションから旧市街は、3kmくらい離れています。

【宿情報】
ドブロブニクでは、バスから降りるや否や、SOBEと呼ばれる民家の部屋貸しの客引きがたくさん寄ってきます。


1泊なので適当にドミトリーの客引きのおじさん(痩せ形、背が高い)と交渉をして、そこに泊まったのですが、失敗でした。


部屋はきれいだし、キッチンもwifiもあるので泊まる場所としては申し分ないのですが、おじさんの感じが悪すぎて、客の扱いがひどくて、嫌な思いをしました。(1泊100クーナ)










今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
2013.11.09 胸キュン。
☆世界一周178日目☆



リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。


荷物を減らす為に、いらないものをサブバックに詰めて、日本に送りました!かなり軽くなった〜♪イスタンブールの郵便局は、シルケジというトラムの駅の近くにあります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



モンテネグロの南西、クロアチアの近くにある世界遺産の街、「コトル」へやってきました。




夜に着いたので、夜の街を散歩してみました。





旧市街への入り口。
DSCF7371.jpg


壁でぐるっと囲まれた小さな旧市街は、そこだけ時が止まっているかのよう。
DSCF7366.jpg



観光客で盛り上がっているバーやレストランもありますが、一本路地に入ると、とても静かで、しっとりとした雰囲気。
DSCF7369.jpg


DSCF7368.jpg






翌日は城壁を登ってみました。


旧市街の北側にある門の近くに、城壁への入り口がありました。
入場料3ユーロ。8:00-20:00。



結構きつい坂を登って行くのですが、横に見える景色が綺麗すぎて、疲れも吹き飛びます。
DSCF7376.jpg




登りきったところで、最高の景色が待っていました。
DSCF7382.jpg





絶景!!!オレンジの屋根の街と、海と、山。何枚撮っても同じなのに、何回もシャッターを押したくなってしまう景色。
DSCF7396.jpg





知らない人に写真を撮ってもらうのをお願いすると、笑顔がぎこちなくなりますw この顔で写真に写っていたら、1人で行動している印です。
DSCF7395.jpg




また街へおりて、散策。昼間の旧市街も、素敵です。
DSCF7426.jpg



洗濯物が干してあって生活感のある路地。
DSCF7420.jpg



建物の窓が全て緑で統一されていることに気付きました。かわいい♡
DSCF7411.jpg

DSCF7413.jpg

DSCF7415.jpg

DSCF7418.jpg




モンテネグロ、1泊しかしてないし多くは訪れられなかったけど、来て良かったです!
いつも緑に囲まれていて癒されました。



また来られたら、キャンプとかハイキングとかしたいなー♡




そういえば、コトルのマーケットでフルーツを買いました。


これなんだと思いますか?
IMG_8429.jpg







「デイツ」だそうです。乾燥フルーツとして中東らへんに売ってるのは見たことありましたが、原形を見るのは初めてでした。りんごっぽい味がしました。美味しいですが、飽きるので一握りくらいの量でいいかも。




【コトル宿情報】
「Montenegro Hostel 4U」
ロケーション、清潔感◎
女性用ドミトリー1泊:8ユーロ




今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周177日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。


日本食がおいしくて感動して、2回も手巻き寿司しました。ちょっとハイソなエリア?のベシクタシュのMigrosというスーパーに行くと、スモークサーモンが売ってました!他ではなかなか見つからないのです。


酢飯ばんざーい!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************




セルビアのベオグラードから夜行列車に乗って、モンテネグロに移動しました。




【モンテネグロ】
時差:日本よりー8時間
通貨:ユーロ(1ユーロ=132円)
言語:モンテネグロ語
首都:ポドゴリツァ





ベオグラードからバール(モンテネグロ)までの路線「バール鉄道」。





夜が明けると、素晴らしい景色が待っていました。

DSCF7341.jpg





でも私の写真じゃ伝わらない(=_=)しょぼん





同じボックス席に座っていたセルビア人と仲良くなり、途中の駅「ストマレ」という町の綺麗なビーチに連れていってもらいました。
DSCF7342.jpg





吸い込まれそうな、青い空と海。
DSCF7343.jpg



DSCF7345.jpg





風景にいつも山がある町っていいな。
DSCF7350.jpg







ストマレは、小さなビーチリゾート的な感じで観光客も少しいます。
DSCF7360.jpg

DSCF7361.jpg





モンテネグロ語は、セルビア語とほぼ同じ。
この二国だけじゃなくて、クロアチア語も、ブルガリア語も、チェコ語も似通っていました。自分の国の言葉と似た言語があるってうらやましいですね。少し勉強したらすぐにしゃべれそう!





次回は、モンテネグロでどうしても行きたかったあの場所へ。







【バール鉄道情報】
ベオグラードの駅で直前にチケット購入しました。
寝台ではなくて普通のボックス席にしましたが、2900ディナール(3366円)でした。
20:10発7:30着でした。

電車の検索





今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周176日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。
話題のマルマライ(ボスフォラス海峡の地下を通る電車)に乗ってみました♪数週間は無料で乗れるらしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************


【セルビア】
時差:日本よりー8時間
言語:セルビア語
通貨:セルビア・ディナール(1ディナール=1.16円)
首都:ベオグラード


今回セルビアではホステルに泊まっていたので、地元の人と知り合うために、カウチサーフィンを使って地元の女性と待ち合わせをしました。




彼女の名前はメラニー。時々カウチサーフィンを通じて、旅人達の街散策に付き合ったりしているそうです。その友達の少年マルコも合流し、ラキアバーに連れてってもらいました。マルコは別れ際に、ノートを引きちぎり私への手紙を書き始めました。なんて純粋なかわいい少年(;_;)

DSCF7255.jpg


紙で指輪も作ってくれました。かわいすぎる。
DSCF7257.jpg

DSCF7256.jpg





マルコは、ツアーガイドになるために勉強をしているそうで、綺麗な公園や、ライトアップされた国会議事堂などに連れていってくれ、色々と説明をしてくれました。

DSCF7266.jpg

DSCF7261.jpg






英語も上手な人が多くて、とてもフレンドリーなセルビア人ですが、セルビアの平均収入は月7万円くらいだそうで、なかなか海外旅行などには手がでないと話してくれました。だからこそ、セルビアを訪れた外国人と交流をしたい気持ちは強いよう。





でもホステルで出会ってセルビア人の男の子は、「セルビアの人は誰も信用できない。だから友達も数人しかいない。」と言っていました。やはり経済がまだ不安定で、お金を稼ぐのも難しいので、騙したり騙されたりが起こっているようです。誰も信用できないって、悲しいですね。。





帰り間際に、ごはんを食べに立ち寄ったレストラン「The Black Turtle」。
キャベツと薫製豚の煮込み料理を食べました。美味しかったー♡
DSCF7333.jpg




隣に座っていたお兄さんが美味しそうなビールを飲んでいたので、同じものを頼んでもらいました。



ブルーベリー味の甘いビール!



めちゃくちゃ美味しかったです(>u<)♡



となりのお兄さんは、日本人に会うのが初めてだったそうで、とても興味津々で話しかけてきました。お店の人も気さくで、ビールをサービスでまた出してくれました♡


さりげなく私の分のお会計まで払ってくれた男前なお兄さん♡左側は気さくな店員さん。2人とも私のとなりにいると巨人のようです。
DSCF7335.jpg



この後夜行列車に乗る予定だと伝えたら、ホステルから荷物を持つのも手伝ってくれ、駅までお見送りをしてくれました(>_<)優しいお兄さんに出会えて、すごく嬉しい思いでいっぱいのまま、ベオグラードを後にしました。



2泊のみでしたが、いい人たちにたくさん出会えて、すごく良い思い出の多い国の1つになりました。東ヨーロッパで一番のお気に入りは、間違いなくセルビアです。



【宿情報】
「Go2 hostel」
ドミトリー1泊:6ユーロ
セキュリティ、清潔感イマイチでしたが、ロケーションが◎。駅からも街の中心からも近かったです。







今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周





☆世界一周175日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。
ボスフォラス海峡を、ヨーロッパ側からアジア側へ繋ぐ海底トンネルが開通して、電車で海峡を渡れるようになりました。車の道路の方は、まだ少し時間かかるようです。


予算が尽きてきたので、そろそろ帰路のプランをたてます☆最後までブログもがんばります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



セルビア・ベオグラード、観光編です☆




ベオグラードのダウンタウンは小さいので、一日歩き回れば主要な場所は見て回れます。




綺麗に整備された街並。
DSCF7242.jpg

DSCF7241.jpg


弾丸の痕の残る建物も多く残っていて、ユーゴスラビア紛争が遠い過去でないことを物語っています。つい13年前まで起こっていた紛争。私が中学生の時です。全然国際ニュースとか気にしてなかったな。。
DSCF7229.jpg





ベオグラード要塞にある門、「ジンダンゲート」。ジンダンというのはトルコ語で「牢獄」という意味なのですが、その名の通りこの門の両サイドは牢獄になっていたそうです。囚人の横を通らないといけないなんて、怖いですよね。
DSCF7233.jpg



これはビクター像。(写真撮らなかったので、yahoo画像から拝借)
images.jpeg

VictorというのはVictory(勝利)からきています。オスマン帝国とオーストリア・ハンガリー帝国への、セルビア王国の勝利を記念する為に建てられました。どの特定の戦争も国籍も表さない像にしたかったため、結果裸になったそうですw 始めは街中のテラジエ広場に置かれる予定だったのですが、裸の像を広場に置くことに不満が出た為、丘の上に、しかも外に向けて建てられたのだそうです。





2泊して割と時間があったので、Ethnological Museum(民族ミュージアム)にも行ってみました。夜10時までやっているので、時間があったら見てみると面白いと思います。セルビアの民族衣装や昔の暮らしについて展示されています。結婚式の衣装が、これでもかってくらいコインをはっつけた服や帽子を身に着けてて面白いです。
DSCF7315.jpg




街中にある、こんな不思議な屋根のところは、マーケットになってました。フルーツとか安いのでおすすめです♪
DSCF7306.jpg

DSCF7305.jpg





「ゼムン」という、ベオグラードの街の中心からバスで20分くらいの場所にも行ってきました。ベオグラードの中心から川沿いに歩いても行けます。



ここは古い街並の残る、可愛らしい町。ベオグラードは高いビルもたくさんある、近代都市ですが、こちらは中世の面影を残す静かな町でした。
DSCF7271.jpg

DSCF7277.jpg

ガルドシュ丘の塔からの眺め。
DSCF7289.jpg

DSCF7284.jpg

DSCF7269.jpg






※今回もベオグラードでフリーツアーに参加してみましたが、とても充実したツアーでした。途中でラキアの試飲もさせてくれました。
DSCF7228.jpg


これに参加しました→FreeWalkingTour






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周174日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。ブルガリアのソフィア編を抜かしていたので、ブルガリアブログに戻ります(--;)

今日もポチッとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



【ブルガリア】
時差:日本よりー7時間
通貨:レフ(1レフ=68円)
言語:ブルガリア語
首都:ソフィア






ブルガリアの首都、「ソフィア」。

DSCF7213.jpg






ブルガリアについて何も知識なく来てしまったので、フリーウォーキングツアーに参加してみました!




久々のフリーツアー。イスラエルで一度参加した以来です。
ツアーって、ガイドさんによって大きく左右されますよね。今回のお兄さんは、すごく説明が上手で、当たりでした!
DSCF7137.jpg




歴史を説明しながら教会や宮殿、公園などをまわってくれました。




公園で見かけたこの遊具、どうやって遊ぶのかな(・_・)
DSCF7159.jpg




写真撮ってませんが、ソフィアのブルガリアナショナルバンク(銀行)は、強盗が入らないように、沼地の上に建ててあるそう。おかげで、トンネルなどを作って地下から侵入することが不可能なので、今まで一度も強盗に入られたことがないのだそう!






ここは、温泉水の出ている場所。硫黄のにおいがします。この温泉水は飲むことができるので、地元のおじさんたちが多く利用していました。ペットボトルに汲んでいる人も。汲んで冷ましてから飲むと、硫黄のにおいは消えて、ミネラルウォーターと同じになるそうです。
DSCF7136.jpg





この聖ゲオルゲ教会は、4世紀に建設されソフィアで唯一屋根が落ちずに現在まで残っている、古い教会です。建物に取り囲まれていますが、教会の右は教育庁、左は普通の住居、奥はシェラトンホテルだそうです。
DSCF7146.jpg





ここは聖ネデリャ教会。冠婚葬祭によく使われるそうです。1925年、お葬式を行っていた最中に、参列していたはずの皇帝を暗殺する目的で教会が爆破され、150人近くの参列者が亡くなりました。ただ、皇帝は遅刻をしていてまだ来ていなかったので、暗殺は失敗に終わったそうです。
DSCF7169.jpg




この教会はさっきの教会の爆破のあとに建てられ、皇帝用の王座が用意されましたが、皇帝は暗殺を恐れこの王座に座ることを拒否したそうです。(アレキサンダー・ネフスキー教会)
DSCF7156.jpg





ここは、ハギア・ソフィア。イスタンブールに行ったことがある人は見たことあると思いますが、アヤ・ソフィアと同名です。
DSCF7153.jpg




イスタンブールが東ローマ帝国の首都、コンスタンティノープルだった時代、アヤソフィアは他の教会のモデルとなっていました。そして、この教会も建てられ、同じ名前が付けられた訳ですが、この地に訪れる人々が皆、目印となるこの教会をめざし、「ソフィアの方へ!」と呼んでいたことから、この街の名前がソフィアになったそうです。



ちなみに、オスマン帝国がソフィアを占領した際には、モスクに変えられたので、教会のベルは取り外されてしまいました。


その後また教会に戻りましたが、ベルを付ける塔がないので、目の前の気にベルがぶら下がって、今でもこのベルを鳴らしているのだとか。
DSCF7152.jpg



オスマン帝国支配時代は、何十ものモスクがありましたが、現在はこの1つのみだそうです。
DSCF7171.jpg





☆ソフィアで気に入ったもの☆

①wifiのつながる公園!
ありがたーい!本当につながりました。
DSCF7208.jpg




②公園の角とかにあるコーヒースタンド!
「フラッペ」という飲み物が、東ヨーロッパでは定番なのですが、カフェラテを機会でブイーンと泡立ててた、冷たくて少し甘いカプチーノっていう感じです。はまりました♡
DSCF7205.jpg



③マーケット
DSCF7192.jpg

このトラムの奥にある大きな建物の中が、マーケットになっています。
DSCF7197.jpg

お惣菜屋さんみたいなのがあるので、ごはんを買うのにいいかも!地下には古着屋さんもあります。
DSCF7198.jpg



☆宿情報☆
友達に教えてもらった、「Hostel Mostel」。
朝食、夕食(パスタ&ビール一杯)付きで、ドミトリー6bedroom1泊1600円くらいでした。もう少し安い部屋も見せてもらいましたが、雰囲気が私は苦手でした。
日本人も数人いました!

宿の行き方の説明が分かり辛くて、ちょっと迷いました。

この大きな交差点(マケドニア広場)の角近くに、
DSCF7216.jpg




PostBankというところがあって、その左横に入り口があります。
DSCF7217.jpg






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周


☆世界一周173日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。久しぶりにオシャレがしたくなってヒールの高い靴を買ってみたら、イスタンブールを歩くのは不可能でした。


今日も応援してください
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



ナイトライフの街、ベオグラードへやってきました!
DSCF7325.jpg






ここのNight Lifeを楽しむ方法。






まずは、「スカダリヤ通り(Skadarlija)」という伝統的な飲み屋街へ。





この通りは昔、飲み屋が多いことから治安があまり良くなく、家賃が安かったため、多くのアーティストが住み着いたそうです。
DSCF7328.jpg
水飲み場。



「カファーナ」と呼ばれる、伝統音楽の演奏がされる飲み屋が並んでいます。
DSCF7329.jpg

典型的なカファーナの目印は、白と赤のチェックのテーブルクロスだそうです。




演奏する曲をリクエストしたら、チップを渡すのですが、セルビア風の渡し方は、お札を丸めてトランペットの中に入れるか、アコーディオンの伸び縮みする部分に挟むのだそう。演奏の最後までチップが床に落ちなければ、演奏者はそのチップをもらえるそうです。




セルビアの代表的お酒は、「ラキア」といって、ブランデーみたいな強いお酒です。
プラム、ハニー、など、色々な種類がありますが、ハニーのやつがおいしかったです♡
DSCF7253.jpg





ベオグラードの夜の楽しみはまだまだ続きます。




ベオグラードの観光の中心地から、少し南に行くと、Savaという川が流れていて、その沿岸にたくさんの船のようなものが停まっているのですが、これらが夜になると、ナイトクラブとなるのです!
(寒い時期になるとここは閉まって、街中にナイトクラブが移動するらしい)
DSCF7302.jpg




ベオグラードのナイトクラブは、なんと入場無料。ドリンクも買わなくても大丈夫なので、踊りに行くだけならタダで楽しめるんです。なのでベオグラードの若者も、大人っぽく見える格好をして、15、6歳くらいからクラブに行き始めるそうです。




今回実は、ここベオグラードで、初めてCSミーティングというものに参加してみました!これはカウチサーフィンに登録している地元の人と旅行者の交流会なのですが、毎週開かれていたりするので、カウチサーフィンのサイトでチェックして、待ち合わせ場所に行けば、だれでも参加することができるんです。



公園で集まったのですが、30人くらいは参加していました。ドイツ、カナダ、トルコ、ロシア、スイス、イギリスなど、様々な国籍の参加者に出会えて面白かったです。



この会を開いたセルビア人が、私たち旅行者を連れてナイトクラブにも行ってくれたおかげで、セルビアの夜を楽しむことができました♪
48072-povetarac-180913-ras-foto-milos-peric-0001.jpg





今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周


☆世界一周171日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。
豚キムチ食べたいな~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************

初めての夜行列車!!!の巻。





ブルガリアのソフィアから、セルビアのベオグラードまで、夜行列車で行くことにしました。





寝台列車乗ってみたいな♡と思っていたのですが、満席だったようで、普通の6人用のボックス席になりました(ー_ー)ちぇ




ソフィアの駅の、切符売り場ではなく、左奥に進んで行くと国際列車用のチケットを買う所があります。
IMG_8383.jpg





20:30発、6:00着で、53レフ(3604円)くらいでした。






乗り場が、5と書いてあったので、「Platform Ⅴ」と見つけて、これかな?と思ったら違いました。
IMG_8386.jpg



「Track 5」と書いてある方です。ややこし!
IMG_8387.jpg




電車のドアに、行き先と車番号、席番号などが貼ってあります。
IMG_8389.jpg





ドキドキの発夜行は・・・・





臭かった(ー_ー)!!






このマスクの出番がやってきた!
IMG_8393.jpg






トイレの臭いが漂ってきました。でも少し経ったらなくなりました。慣れたのか?





6人がけのボックス席に3人のみだったので、前の座席も使って、イスの座席部分を手前に引き出して、横になって寝れました。
IMG_8391.jpg




ただ、チケットのチェックや、国境越えの時のパスポートチェックなど、計5回くらいは起こされ、良く眠れなかったです(=_=)そして寒い。




途中変なおじさんが入ってきて、背もたれの部分取り外して、中から何か取り出してリュックに詰め込んでたし。。ドラッグ密輸入か?




とりあえず無事にベオグラード着きました♡いえーい!
DSCF7220.jpg






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。