上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.30 ご報告。
1月30日、本日帰国しました!




計263日、8ヶ月半の旅を終え、東京に戻りました。





人生の中で一番濃い8ヶ月でしたが、過ぎてみると全てが夢だったかのように感じます。





でも、確実に言えるのは、





「旅に出て良かった。」




すごくすごく、ものすごーく楽しかったですε-(´∀`*)




多くのことを学び、色々なことに関心が持てるようになり、さらに視野が広がって。




地球の裏側に住んでいる人たちと話して、優しさに触れて、




生きるって、楽しい!って毎日思って。




と同時に、旅行は常に危険と隣り合わせなのだと言うことも肌で感じました。




英語と、少しのスペイン語で、世界中のたくさんの人と話せたことで、




「日本人」ではなく「地球人」だということを嬉しく思いました。




世界一周をしたことで、地球の色々な表面が見れて、改めて地球の美しさを知りました。




こんな経験ができたのも、母国日本と、産み育ててくれた両親のおかげです。




そして、常に気にかけてくれた姉妹、友人たち、ブログを読んでくださっている皆様のおかげで、こうして何事もなく無事に帰国することができました。




感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!!




まだまだお伝えしたいことがあるので、ブログは続けていきます。今後ともどうぞ宜しくお願いします。










ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
メキシコ編続きです!




マヤ文明の遺跡第二弾(・∀・)☆




「ウシュマル遺跡(Uxmal)」へ行ってきました!



7~10世紀に繁栄したとされる、マヤ文明の都市です。



ここにあるピラミッドは、魔法使いのピラミッドと呼ばれていて、形がとてもユニークなんです。
DSCF3765.jpg




丸みを帯びていて、ふんわりした形(*´艸`*)
DSCF3772.jpg

DSCF3847.jpg



設計士もよく考えましたね!




ここの遺跡は、チチェン・イッツァよりも観光客も少なく、自然の中をのんびり散策できます。
DSCF3816.jpg


DSCF3787.jpg

建物の装飾がとても細かく、角には必ず顔がついてます。
DSCF3792.jpg

ゆるキャラ?
DSCF3776.jpg

DSCF3779.jpg

DSCF3774.jpg

DSCF3797.jpg


イグアナもそこら中にいます。
DSCF3798.jpg

DSCF3808.jpg

DSCF3802.jpg


凝った装飾の建物が多く、見ていて飽きません。
DSCF3810.jpg



奥の方にあるもう1つのピラミッドは登ることもでき、ジャングルの中に佇む遺跡の姿を一望できました。
DSCF3822.jpg

DSCF3833.jpg




チチェン・イッツァでジャンプ写真を撮ったので、こっちでも撮ってみましたが、髪の毛が顔にかぶって髭みたい(´ー`)
DSCF3852.jpg




個人的にはチチェン・イッツァより楽しかったです♪




【ウシュマル遺跡行き方】
メリダのTAMEバスターミナル(二等バスターミナル)から、バスで1時間。
バスは午前中の8時台、9時台、10時台3本程しかないです。往復で99ペソ。

帰りは、行きに降ろしてもらったところからバスに乗ります。
12時台、15時台、17時台がありました。私は15:19のに乗りました。  

ウシュマル遺跡の入場料は188ペソ(1504円)くらいでした。





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周260日目☆







ルートの都合で、何の気なしに訪れたメキシコの街、メリダ(Merida)




気候は暖かく、人も親切で、のほほーんとした印象の街。メキシコ人によると、メキシコの中でも一番と言っていい程治安の良い都市だそうです。
DSCF3728.jpg

メキシコ中にいる薬局のおじさん
DSCF3727.jpg



日本人の間ではあまり有名な街ではないようですが、近隣に遺跡が多いので、マヤ遺跡観光の拠点として、観光客も結構います。



昼間も夜も人が多く出歩いていて、とても活気のある街です。
DSCF3725.jpg




たまたまなのか、いつもなのか分かりませんが、毎晩のように街の中心で夜にイベントが開かれていて、運良く伝統的なダンスを見ることができました♪
DSCF3735.jpg

女性の衣装がかわいい(´∀`*)
DSCF3747.jpg

頭に瓶をのせて踊ります
DSCF3760.jpg

おぼんものせちゃう
DSCF3763.jpg




メリダ滞在を快適にしてくれたのが、今回泊まった宿、「Hostal ZOCALO」!(住所Calle 63 #508 Planta Alta, Col, Merida )

街の中心「ソカロ」という広場に面しており、ロケーションが抜群。バスステーションからは徒歩10分程。
朝食込みなのですが、その朝食が最高なんです(>u<)色々な種類のフルーツがてんこ盛り!ビタミン不足の旅人には嬉しすぎます。今までのどこの朝食よりも最高でした(*´∀`)

バスルームも綺麗。ドミトリーは150ペソです。
DSCF3707.jpg



宿も街も居心地が良かったので、一週間くらい滞在したかったな〜(´ー`) 







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周257日目☆




メキシコと言えば、マヤ文明の遺跡!




おそらく一番有名なのはチチェン・イッツァではないでしょうか?



せっかくエジプトに行ったのにピラミッドが見られなかったので、(デモが起こっていて、危険だったのですぐに出国・・・)



メキシコのピラミッドでリベンジ!(遺跡好きな人にとっては全然別物でしょうけどw)



プラヤ・デル・カルメンからのんびりと出発した私とKenさん(フィジーで同じ語学学校に通っていたことが判明!)は、朝から想定外なことに出くわしました。



プラヤ・デル・カルメンからチチェン・イッツァへのバスは、朝8時の1本のみだったらしい(+д+)!ちーん


他に行く方法はないんですか?とカウンターのお姉さんに聞いてみたところ、「近くの町「Valladolid(バヤドリド)」へ行って、そこからバスが出てるわよ。」とのこと。


ということでまずバヤドリドへ。思いがけず、すごく可愛い町で、乗り継ぎの待ち時間も楽しむことができました。
DSCF3613.jpg

DSCF3603.jpg



この町には、ユカタン半島の伝統衣装を着た、可愛いおばちゃんやおばあちゃんがたくさんいます(´∀`*)
DSCF3612.jpg



バヤドリドからチチェンイッツァまでは30分程。4時過ぎに着き、急いでチケットを買おうとしたら・・・・・




まさかの!




営業時間終了(=_=)




最終入場は16:30までらしく、16:25に着いたので「まだ5分あるよ!」と言ってみたものの、入り口のおじちゃんは冷たく「明日来なさい。」と。



今日中に次の街へ行く予定だったのに(*_*)




まあなにかの縁だろうと諦め、お土産やさんのお姉さん達から情報収集をして、近くの村へ宿を探しに行きました。



チチェン・イッツァから歩いて1〜2kmのところに、「Piste(ピステ)」という村があり、そこにホテルやPosada(安宿)がたくさんあります。



見つけた宿もとってもいい感じで、宿のお母さんも優しくて、
DSCF3627.jpg

DSCF3615.jpg
(1泊  300ペソ/室)


村ものんびりしていて、
DSCF3691.jpg


DSCF3624.jpg



なんだかすごく得をした気分になりました(´∀`*)



しかも、翌日は朝早くから遺跡に行けたので、人も少なく、ピラミッドを独り占め♡
DSCF3690.jpg


DSCF3642.jpg



入場料:203ペソ(2種類のチケットを買います。)
DSCF3634.jpg

美しい!横からのアングルが好きです!
DSCF3647.jpg

よく見かける、ピラミッドをつまむトリックアートがやりたかったのですが、先がとんがってない為できず。
DSCF3651.jpg

このピラミッドの下に付いているヘビ(マヤの最高神)。春分の日と秋分の日の日が暮れる時、ピラミッドの階段に光の筋が現れ、ヘビの胴体となるそうです。それを計算して作っているのだろうから、神業ですよね(*_*)
DSCF3638.jpg


DSCF3660.jpg

柱には装飾が。
DSCF3655.jpg

DSCF3665.jpg

イグアナが日向ぼっこ。
DSCF3671.jpg


DSCF3664.jpg


DSCF3684.jpg


少し色が残っていますね。なんの絵なのか、目を凝らして見るのが楽しい!
DSCF3686.jpg


せっかく空いているので、ジャンプ写真も撮ってみました。躍動感ありすぎて若干気持ち悪い。
DSCF3681.jpg




【チチェンイッツァ行き方】
カンクンから3〜4時間半、直通1等車136ペソ、2等車125ペソ
プラヤ・デル・カルメンから3時間、直通、朝8時のみ、316ペソ。帰りは16:30。(ビーチに近いターミナル発)
メリダから2時間半、1等車142ペソ、2等車74ペソ
トゥルムから1等車174ペソ

1等車は一日1本くらいしかないようなので、プラヤ・デル・カルメンとトゥルムから行く場合は注意が必要です。2等車はないと言われました。


チチェンイッツァでは、チケット売り場の近くの、お土産屋さんの中にADOのバスオフィスがあります。そこのタイムテーブルを撮っておいたので、参考までに。
DSCF3628.jpg

DSCF3629.jpg



私はプラヤ・デル・カルメン発が8時しかないことを知らず、逃してしまったので、チチェンイッツァに近い「Valladolid(バヤドリド)」まで行き、そこからチチェンイッツァ行きのバスに乗りました。乗り換えも含めて、4時間半くらいかかりました。(プラヤ・デル・カルメンからは、ビーチに近いバスターミナルでなく、大きいスーパーマーケットに近い方からバスが出ています)
Playa del Carmen→Valladolid 176ペソ
Valladolid→Chichen Itza 25ペソ
合計201ペソ(1608円)






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周256日目☆






メキシコで絶対に来てみたかった場所。




皆さんは「セノーテ」という言葉を聞いたことがありますか?




ユカタン半島にのみ存在する、洞窟が浸水して生まれた、神秘的な泉なんです。




ユカタン半島の地質が石灰岩のため水がしみ込み、氷河期の終わりに水位があがるにつれ、鍾乳洞の中に地下水が溜まってきて、ユカタン半島のあちこちにセノーテができました。



古代マヤ文明でも、聖なる泉として生け贄や財宝をセノーテに投げ込んだのだとか。



また、セノーテの水は真水のため、飲み水としても昔から重宝されたそう。



それではその聖なる泉に、行ってみましょう!




私が訪れたのは、「ドス・オホス(Dos Ojos)」というセノーテ。



プラヤ・デル・カルメンからトゥルム行きのコレクティーボに乗り、「ドスオホスで降ろして!」と言えば降ろしてくれます。(片道40ペソ、320円)


入場料は150ペソ(1200円)。エントランスからセノーテの入り口までは、なんと2kmくらいあり、結構歩きました・・・(=_=)
DSCF3504.jpg



入り口にダイビングのツアーエージェンシーがあり、そこでダイビングを申し込めば車でセノーテまで行ってくれると思います。シュノーケリング組は、セノーテの近くにレンタルショップがあります。シュノーケリングのゴーグル、ライフジャケット、フィン各50ペソ(400円)と言われました。全部借りたら150ペソ。




セノーテは朝早くに行くのがベストだとのこと。海のように流れがないので、人がたくさん入ると汚れが溜まり、透明度が低くなってしまうのです。また、朝早くの方が、日光が洞窟内に差し込むので、光のカーテンが見えやすいそう。



「ドス・オホス」は、「二つの目」という意味なので、名前の通りセノーテが2つに分かれています。


こんなジャングルの中にあります。
DSCF3531.jpg


赤っぽいアリ
P1180374.jpg




まずは、「First Eye」へ。
DSCF3505.jpg


わー!!めっちゃ青い(´∀`*)! ソーダゼリーみたい!
DSCF3506.jpg


こういう綺麗な青を見ると、必ず「これが全部ゼリーだったらいいのにな」って思います。間違いなく、昔読んでいた「少年アシベ」の影響です。アシベのおじいちゃんが超お金持ちで、自宅のプールを全部ゼリーにしたんですよね。



アシベ好きだったな〜ε-(´∀`*)実家のお茶碗も少年アシベだったしw





おっとと・・セノーテの話でした。





水はちょっと冷たかったのですが、そんなことも忘れるくらい、神秘的!
P1180928.jpg

P1180331.jpg




フィンは借りなかったので泳げるか心配でしたが、普通に泳げました。世界一周にでて、泳げるようになったよお母さん(*´∀`)!
P1180937.jpg





こちらは「Second Eye」。
DSCF3512.jpg


P1180308.jpg


天候にも恵まれ、「光のカーテン」も見ることができました。暗い洞窟の中に光が差し込み、青というのか、緑というのか、楽園のような景色が広がります。
DSCF3530.jpg

P1180363.jpg

P1180964.jpg



小さい頃、人魚になりたかったことを思い出しました。







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周255日目☆



プラヤ・デル・カルメンからすぐ行ける遺跡が、ここ、「トゥルム」



13-15世紀に最盛期を迎えた、マヤ文明後期の町。
DSCF3563.jpg


遺跡の周りにはこの青い鳥がたくさんいました
DSCF3541.jpg

このジャングルぽい葉っぱが好き(*´∀`)
DSCF3576.jpg


遺跡に詳しくない私にとっては、遺跡自体はあまり印象的ではありませんでしたが、海を臨む崖の上に神殿が立っているので、全体的な景観としてはすごく素敵でした。
DSCF3554.jpg

DSCF3573.jpg




海がすぐそばにあることからわかるように、港町として貿易で栄えた町だったそう。
DSCF3564.jpg



直接ビーチへ降りて泳げる遺跡って素敵じゃないですか(´∀`*)?
DSCF3565.jpg



遺跡に興味があまりなくても、ビーチと合わせて楽しめますよ(・∀・)♪




【トゥルム行き方】
カンクンから行くこともできますが、私はプラヤ・デル・カルメンから行きました。

プラヤ・デル・カルメンのコレクティーボの乗り場からトゥルム行に乗る。(40ペソ)
トゥルムの街から遺跡まではタクシーで50ペソ。入り口が二つあるらしく、もう1つの方は70ペソと行っていました。

帰りは遺跡の入り口の駐車場からプラヤ・デル・カルメン行きのコレクティーボに乗ります。
おそらく行きも、トゥルムの街まで行かず、遺跡の近くで降りることができるはずです!タクシー代もったいないので、運転手さんに降ろしてくれるよう頼んでみてください。「Zona arqueologica de Tulum」とか言えば伝わると思います。

※トゥルムに泊まる場合は、レンタサイクルをして遺跡や近くのセノーテに行けるようです!








ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周254日目☆




メキシコのカンクンより個人的におすすめなのが、プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen)!



カンクンは、お金に余裕があれば、良いホテルに泊まって、優雅なバケーション楽しめますが、プラヤ・デル・カルメンは少し敷居の低いリゾート地。



ホステルもたくさんあるし、なんといってもビーチがほぼ目の前(´∀`*)!!
DSCF3487.jpg



お土産屋さんなどのある目抜き通りが、ビーチから1ブロックしか離れていないんです
DSCF3479.jpg



そして、この賑わいよう。夜遅くまで人がいっぱいなので、安心して出歩くことができます。
DSCF3594.jpg

DSCF3588.jpg



ちょっと肌寒かったので海には入っていませんが、カンクンに負けず劣らず白砂のきれいなビーチです。
DSCF3490.jpg

DSCF3585.jpg



伝統的なダンス?のようなものを披露していました。

くるくる回りながら、だんだん紐が伸びて、着地をします。
DSCF3491.jpg

楽しそう(*´艸`*)
DSCF3494.jpg

DSCF3496.jpg




オシャレなカフェやバーがたくさんあって、ついついお財布の紐を緩めてしまいそう・・・
DSCF3486.jpg

DSCF3598.jpg

DSCF3595.jpg


カラフルなガイコツがたくさん。メキシコでは昔2500~3000年前から、祖先のガイコツを身近に飾る習慣があったそうです。また、「死者の日」という、ハロウィンに似た祭日があり、街中がガイコツの飾りで溢れたり、人々もガイコツのフェイスペインティングをしたりするそうです。
DSCF3481.jpg



プロレスが有名なんですね。知りませんでした。
DSCF3599.jpg



なぜか卑猥なお土産が多いw
DSCF3482.jpg


見るからに怪しいマッサージ屋
DSCF3590.jpg

ひと際まぶしいお店
DSCF3586.jpg



カンクンとプラヤ・デル・カルメンのマックでは、オレオソフトクリームなるものが売っていました!食べずにはいられません。
DSCF3497.jpg



プラヤ・デル・カルメンでは、中華がおいしかったこれで32ペソ(256円)。
DSCF3581.jpg




ここでは日本人5人で一緒に泊まっていたので、久しぶりにワイワイ楽しかったです(*´∀`)人が多いのもたまには良いなー 



世界にこれだけ国があるなかで、たまたまメキシコで、たまたま同じ宿に同じ日に泊まって、その宿の中にたくさん宿泊客がいるなかでも、ちょっとしたきっかけで仲良くなって。



こういう縁って、素敵ですよね。みんなに出会えて、人生のひとときを共有できて、すごく嬉しいです。ありがとう。
1616388_521656611285250_1787305315_n.jpg





【プラヤ・デル・カルメン行き方】
①カンクン空港からADOバスがでています。所要時間1~1時間半程

②カンクンの街の中心から行く場合
1、ADOバスターミナルからADOバス。値段は確か70ペソくらい?
2、ADOバスターミナル前に乗り場のある、「Playa Express」というコレクティーボ (乗り合いバス)34ペソ。1時間程。

【プラヤ・デル・カルメンの宿】
「Xaman Eco-Hostel」
10th Avenue, Between 4th and 6th street, Playa del Carmen
4bedドミ: 110ペソ
バスターミナル、ビーチから近いのが◎
wifi時々遅くなったり、切れたりしました。お湯シャワー◯ 全体的に清潔感がなく、夜遅くまでうるさかったです。さらに部屋の天井に通気口のようなものがあり、そこから蚊が大量に入ってくるので、布でふさぎました。
DSCF3602.jpg






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周252日目☆





メキシコのカンクンへやってきました!




カンクンの空港で、1人の日本人の旅人に出会い、初めて日本人宿に泊まることに(・∀・)!


【カンクンの日本人宿】
「Rosas 7」(ロサスシエテ)
Sm 22 M 23 Calle Rosas, Cancun, Mexico(バスターミナルから近い!)HPもあります⇒こちら

男女別ドミトリー 120メキシコペソ(960円)
wifi, シャワー◎ 朝食付き



オーナーが日本人で、宿泊客も基本日本人のみ。宿に足を踏み入れたとたんに、日本に帰って来たかのような不思議な雰囲気でした。


今まで日本人宿は、逆に気恥ずかしくて泊まらなかったんです(´ー`;)


でもやっぱり、母国語で情報交換できるって、すごくいいですね。これから行きたいところの情報が簡単に手に入るので、わざわざ自分で色々調べなくても済みました♪




情報も仕入れたところで・・・・カンクンの醍醐味、ビーチへ行きましょう(*´艸`*)!!



早速宿の方々にビーチへの行き方を聞いて、行ってきました♪



カンクンの、ADOのバスターミナルの近くにあるマクドナルドの通りを挟んで向かい側から「R1」というバスに乗ります。運転手さんに、「ココボンゴに行きたい」と伝えればそこで降ろしてくれます。ココボンゴは有名なクラブです。


カンクンのホテルゾーンは、ハワイのような雰囲気!
DSCF3474.jpg



ココボンゴの横の道を抜けると、ビーチに出ます☆
DSCF3458.jpg



わ!!きれい(*´艸`*)細かくて肌触りのいい白砂に、エメラルドグリーンの海。
DSCF3473.jpg



大人気のリゾートになる訳ですね!納得。
DSCF3467.jpg
同じ宿に泊まっていた日本人の方達とビーチで会ったので、写真を撮ってくれました。やっぱり写真は日本人に頼むのが一番です(*´∀`)ジャンプ写真だって一発で撮ってくれました。



カンクンは貧乏パッカーには少し肩身が狭いかなーと思いましたが、ホステルの値段も普通だし、スーパーマーケットで買い物する分には物価は安く感じました。



88円だったので、久しぶりにコンディショナーを購入!帰国に向けて髪をいたわろうと思います(*´∀`)



【カンクン空港から街の中心まで】
空港からADOというバスが毎30分ごとに出ていて、到着後すぐにチケット売り場があります。値段は62ペソ(500円)でした。所要時間は30分程。
プラヤ・デル・カルメンまでもADOバスが出ていました。

【カンクン空港ATMについて】
ついてすぐに現地通貨を引き出そうとATMを使ったら、手数料が「$36」と画面で表示され、びっくりして慌ててキャンセルしたのですが、どうやらこれはアメリカドルではなくメキシカンペソの単位なので、288円程でした(^^; それでもちょっと高いですが。








ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周252日目☆





エクアドルから中米を飛ばし一気にメキシコまで行くため、久しぶりに飛行機に乗りました。

キューバのハバナ乗り換えだったのですが、これが落とし穴だったのです(*_*)


もしかしたら・・・とは思っていたのですが、キューバは日本人が旅行する際にビザのいる国。


キトでチェックインする際に、カウンターの職員が


「キューバのビザ持ってますか?」なんていうから、顔から血の気が引きました・・・



やっぱりキューバ乗り換えは、トランジットビザが必要なよう。ただキトの空港でキューバの観光ビザは買えるということで、急遽そこで25ドルでビザを買い、無事出国しました。




キューバに着き、一旦入国しないといけないとのことで、イミグレーションを通り、wifiもない空港で11時間待ち。



そして次のフライトのチェックインをしたのですが、なんとこの空港、乗り換えでもなんでも全員空港税(29USドル)を払わなくてはならないのです(=_=)!!この税は航空券に含まれたりしてません。



wifiもなしでベンチで寝ただけなのに3000円!高い宿泊費だこと(`3´)!




そしてまたイミグレーション。観光ビザ持ってるくせに11時間で出るもんだから、一旦止められ何やら話し合っていました。そちらの国のシステムのせいでこんな複雑になってるんですけど!




まあキューバ乗り換えはオススメしない、という話です(・з・)




久しぶりにプリプリイライラしてしまった報告でした!



【キューバのビザについて】
乗り換えの場合も、トランジットビザが必要なのですが、キューバ到着時には買えません。観光ビザも同じくキューバでは買えないので、フライトの出発国やフライトの中で買うそうです。日本ではキューバ大使館で。

私はエクアドルのキトの空港で買いましたが、友達はケイマン諸島で買ったそう。メキシコのカンクンから行くときなどは、旅行会社に頼んでパッケージのような形で行って、ビザ代(ツーリストカード)も含んで購入ができるとのことです。

※キューバ出国の注意
キューバから出国する際、出国の航空券と共に、その次の国を出る航空券も持っていないとダメだそうです(*_*)!(日本に帰る場合は別だと思いますが)
友達がキューバからカンクンへ飛ぶフライトチケットを持っていたのですが、その先の航空券を見せろと言われ、持っていなかったので急遽その場で適当な航空券を買う羽目になったそうで・・
もしキューバに行く予定のある方は、偽のEチケットの用意をしておくといいかもです。


【中南米ルートについて】

中南米間のフライトは距離の割に高いので、ルートを考えるのが大変でした。いつも格安航空券を検索する「Skyscanner」でも、エクアドル⇒コロンビアは3万、コスタリカやグアテマラまでは7万以上(+д+)

コロンビアからパナマ、ニカラグア、コスタリカというように中米を北上していこうかと思っていたのですが、コロンビア→パナマは陸路では国境が越えられないらしい!! フェリーか空路になります。しかも安くないです。

エクアドル→メキシコは6~7万程でしたが、パナマ乗り換えにすると少し安いときもあるよう。




今日は情報のみのブログで退屈した方、すみません(´ヘ`;)





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周251日目☆




☆エクアドル交通情報☆

エクアドルは比較的小さな国のため、都市間のバスは頻繁にでており、予約をしなくてもターミナルにいけばバスが見つかります。バスの正面に行き先が書いてあります。

【キトバスターミナルから街の中心へ】
キトには大きなバスターミナルが二つあります。北の「カルセレン(Carcelen)」と南の「キトゥンベ(Quitumbe)」です。


キトゥンベバスターミナルの方が大きく、大半のバスはそこから発着しているようです。ただオタバロなどの北側の街からはカルセレンに到着するよう。
DSCF3208.jpg
キトゥンベターミナルは綺麗。
DSCF3209.jpg


市バスは「Ecovia」(エコビア)「Trolebus」(トロルバス)を使えば、キトゥンベバスターミナルから街の中心やホステルまで行けます。市バスは全て0.25ドル。

キトの北のバスターミナル、「カルセレン(Carcelen)」からは街へ行っていないので分かりませんが、カルセレン⇔キトゥンベ間はコレクティーボで30分程度です($2)。



【セントロ(街の中心)からキト空港までの行き方】
①タクシー($25~30)
②タクシーでキト旧空港まで行って、そこから新空港までシャトルバス($15~18程)
③「Ecovia」のバス($0.25)の終点「Rio Coca」まで行き、そこから新空港行きのバス($2)
  この方法が一番安いですが、街から空港までは2時間半程かかります。


【キト⇔バニョス】
所要時間:3時間半~4時間
バス代:$3.50
キトのキトゥンベターミナル(Quitumbe、南のバスターミナル)発着。
バスは頻繁に出ています。


【キト⇔オタバロ】
私はオタバロからキトに行きましたが、北のターミナル(カルセレン、Carcelen)にバスが着きました。
所要時間:2時間
バス代:$2
バスは頻繁に出ています。

【コロンビア国境越え】
オタバロ→トゥルカン(国境に近い街)$3、所要時間3時間
キト→トゥルカン$5、所要時間7時間

トゥルカン→国境:タクシーだと$3.50、コレクティーボだと75セント

国境→イピアレス(コロンビア):コレクティーボ1500~2000ペソ(108円)

【ロハ→キト】
夜行バスが多い。
バス会社はいくつかあるが、「Loja International」が人気のよう。シートは快適でした。
バス代:$20
所要時間:11時間




エクアドル人はとても親切で、場所や買い方など質問すれば丁寧に教えてくれるし、その場所まで連れていってくれたりしました(*´∀`)









ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周250日目☆





キトのオススメ☆



①アイスクリーム
「Heladeria San Agustin」住所:Guayaquil 1053(Guayaquil と Mejiaの交差点近く)
のアイスクリームが、感動するほど美味しい!!
DSCF3404.jpg
私が頼んだのは、「グアナバナ」。ちょっとフルーツの実も入っていて、爽やかな甘さ!友達の頼んだ「チョコラテ」も濃厚でかなり美味でした(*´∀`)



②La Capilla Del Hombre (チャペル、ミュージアム)
エクアドルで一番有名な画家、グアヤサミン(Guayasamin)の家が、美術館になっています。独特なタッチで描かれた絵は、原住民や黒人奴隷の苦しみ・悲しみを描くものが多く、グアヤサミンの人類の平和への願いが込められています。
ここに来るまではグアヤサミンのことは知りませんでしたが、忘れられない画家となりました。
guayasam_n_maternidad_pintores_latinoamericanos_juan_carlos_boveri.jpg

images.jpeg

DSCF3410.jpg

DSCF3417.jpg

【行き方】
タクシー:マリスカル地区から$2
バス&徒歩:「Ecovia」というバスで「Bellavista」駅下車、丘の方へ15分程登ります。



③バシリカ
ここの見所は、息をのむ程美しいその外観。そして、エクアドルらしいガーゴイル!
DSCF3419.jpg

DSCF3436.jpg

カメ
DSCF3439.jpg

ワニ
DSCF3423.jpg

サル
DSCF3422.jpg

アリクイ?
DSCF3421.jpg


DSCF3440.jpg

イグアナ?
DSCF3441.jpg



ガーゴイルマニアにはたまりません(*´艸`*)



☆キトの宿 オススメ☆
「La Guayunga Hostal」(旧市街、セントロ近く)
住所:Antepara e4-27 & Vicente Leon 、トロルバス「Hermano Miguel」駅近く
ドミトリー$7
wifiがホステル中つながります◎綺麗だしスタッフの対応も◎
セントロの端っこにあるので、徒歩5分程で中心まで行けます。





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周249日目☆




エクアドルの首都、キト(Quito)にやってきました!




治安が悪いと聞いていたし、実際に友達がPCを盗まれたので、ビクビクしながらかなり気を張って来たのですが、日本人以外の観光客は「え?キトって危険なの?そんなの聞いたこと無いよ」という感じで、意外と普通の観光都市でした。
DSCF3374.jpg

DSCF3382.jpg

DSCF3376.jpg



ただ店がレストランが早めに閉まってしまうので、19~20時頃に一気に雰囲気が変わって、人通りが少なくなります。(旧市街の方)



「自由の丘(Cerro de Libertad)」という展望台に行こうと、バスに乗って行ったら、降りるところがわからなくて、次第に暗くなってきてしまい、バスの運転手さんが心配して、

「この辺りは危険だから降りない方がいいよ!」

と眺望の良いところでバスを止めて、写真を撮らせてくれました。帰りも「ここの通りから◯◯という名前のバスにのれば、ホステルの近くまで行けるから!」と丁寧にメモ書きまでくれました。
DSCF3392.jpg


DSCF3391.jpg

心配をかけてしまって申し訳ない・・(´_`;)



昼間は一転してかなり活気のある街なので、安心して旧市街を歩き回れました。
DSCF3401.jpg


世界遺産にも登録されている、コロニアル(スペイン統治時代の街並が残る)な街並がとても美しく、徒歩で全てまわれるのも良いところ。
DSCF3403.jpg

DSCF3379.jpg


ペルーのリマやクスコと同じ感じかな~と思ってましたが、建物がもっとカラフル。今まで見た南米のコロニアルな街では一番美しいと思いました。
DSCF3375.jpg

DSCF3418.jpg


ただ、お土産屋さんがほぼないので、お土産はキト以外で買っておくことをお勧めします!



【自由の丘行き方】
有名なパネシージョの丘の隣にある丘です。
旧市街の「Calle Rocafuerte」という通りから「Libertad」行きのバスに乗り、30分くらい。($0.25)終点まで行かず、モニュメント的なもの(コンクリートの壁みたいな)が見えたら降りると良いです。




ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周248日目☆




エクアドル、オタバロから9時間程バス移動をして訪れたのは、「バニョス(Banos)」という街。
area_map.gif

DSCF3367.jpg



バニョスというのは、スペイン語で「バスルーム」の意味。



その名の通り、温泉があるのです(´∀`*)!



しかも街の中心から徒歩圏内に!

P1120298.jpg


「Las Piscinas de la Virgen」営業時間、5:00~17:00($2)&18:00~21:30($3)
お風呂は二つあり、ぬるめのと、アツアツのがあります。日本のおばあちゃん達が好みそうなアツアツ加減です。水着&シャワーキャップorスイミングキャップ着用。シャワーキャップは近くの水着屋さんで$0.25で買えました。更衣室、荷物預け所あり(無料)。混まない時間に行きたくて、早朝7時に行きましたが、すでに地元民がいっぱいでした。

☆街の中心から離れたところに、もう1つの温泉「El Salado」があります。徒歩では30分、タクシーで片道$1.50程。帰りはタクシーが捕まえにくいそうなので注意。こちらの温泉の方が空いているそうです。(私は行っていません。)

ペルーで行った温泉もそうでしたが、温泉がやたら深くて、立って入らないといけないのが辛いです。。やっぱり日本の温泉が世界一(*´∀`)!




山、滝、川などの豊かな自然に囲まれたこの小さな街は、サイクリング、ラフティングなど多くのアクティビティを楽しめるので、エクアドルの中でも人気の観光地です。

私もレンタサイクル($5)をして、サイクリングに行ってきました♪
DSCF3242.jpg

サイクリングコースは、片道1~2時間程度で、下り坂が多いので気軽に楽しめます。さらに帰りは自転車ごとトラックやバスに乗せてくれるので、楽チン(*´∀`)!($1.5~2)

このサイクリングコースが、それはもう絶景で。人生で一番楽しかったサイクリングでした!!
DSCF3298.jpg


峡谷の横を走って行くため、所々でキャノピーや、ゴンドラなどのアクティビティができるんです。
行きはキャノピー、帰りはゴンドラで$10。
DSCF3223.jpg

DSCF3292.jpg

DSCF3233.jpg



これがもう最高に楽しいです(*´艸`*)!見た目ほど怖くなく、安定感もあるので、余裕で写真も撮れました。

その他にも、ミニバンジージャンプもあります。こちらも$10。
DSCF3270.jpg

DSCF3274.jpg

サイクリングコースの最後には、ちょっとしたハイキングをして滝を見に行けます。
DSCF3304.jpg

DSCF3345.jpg

DSCF3328.jpg



翌日は、疲れた体を癒すためスパ&マッサージに行きました♡
箱風呂(スチーム風呂)、ジャグジー、トルコバス(サウナ)が$7でのんびり楽しめました。

マッサージは街の中心で$20~25程。オイルマッサージとフェイシャルパックを$22でやってもらいました。久しぶりに上手なマッサージを受けられて、幸せ♡


このように昼間はレジャースポーツ、夕方には温泉やマッサージ、夜はバーやクラブでナイトライフと、一日中楽しめる場所なんです♪



観光客が多いため、ここで働くエクアドル人は英語を話せる人が多く、そして夜遅くまで観光客が出歩いているため治安も良いので、快適に滞在できる街だと思います。(その分観光地っぽすぎて旅っぽさは楽しめない)
DSCF3211.jpg

安いピザ・ナチョスなどが食べられるレストラン「Healty Garden」のイデヨさん。「イデヨ」は野口英世の「Hideyo」から来ているそうです(・∀・)! エクアドルの街に「ノグチ」という名の通りがあるため、下の名前の「ヒデヨ」から名付けられたのだとか。千円札持ってたらあげたかったな。
DSCF3214.jpg



アクティビティは他にもパラグライダー、ラフティング、乗馬($12)、バンジージャンプ($20)、キャノピーツアー(←キャノピー6回を色んなとこでやる。$10)、ジャングルツアー(1dayツアーから6dayツアーなど色々)etc…

他の国でやったら結構高いアクティビティが、お手頃価格でいっぺんにできる、アクティビティ天国です!


【バニョスのおすすめ宿】
「Hostal Chimenea」
住所:Luis A. Martine & Rafael Vieira
ドミ $7.5
wifi、シャワー◎、ランドリー1kg1ドル即日仕上がり、朝食2~3ドルでテラスのカフェで食べられて、おいしかったです♡



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周247日目☆





オタバロの魅力は、マーケットだけではありません。



アンデス地方にあるこの街の周りには、豊かな自然がたくさん。



今回私の泊まったホステル「Hostaria Rose Cottage」は、イギリス人オーナーの経営するオシャレなコテージで、街から少し離れた丘の上にあるので景色が最高!!!
DSCF2997.jpg


朝起きてこんな景色が見られるなんて、贅沢ですね(*´∀`)
DSCF3001.jpg



ドミトリーだけでなく、プライベートルームもたくさんあるので、バックパッカー向けというよりは家族やカップル向けの素敵な場所です。
DSCF3008.jpg

【Hostaria Rose cottage】
住所:Mojanda Curubi
行き方:オタバロの街からタクシーで$3。歩くと45分程。タクシーの運転手さんも場所をよく知りません。
ホステルワールドで予約して行きました。
ドミ$10、シングル$15



オタバロの周辺には、湖が3つあるのですが、その中の1つ、「Laguna de Cuicocha」へ行ってきました!
DSCF3105.jpg




クレーター湖の周りを、4時間歩くハイキングコースがあります。なぜか途中で道がなくなって、道路に出てしまいますが。
DSCF3028.jpg

DSCF3097.jpg


時々登り道もあって、結構きつかった・・・
翌日はお尻と足が筋肉痛でした(+д+)
DSCF3047.jpg

DSCF3080.jpg

DSCF3060.jpg

DSCF3074.jpg


【Laguna Cuicocha行き方】
オタバロのバスターミナルから「Quiroga(キロガ村)」行きのバス($0.25)に乗り、20分程でキロガに着くので、降りたらタクシーで10分程。($4)



もうエクアドルの自然のとりこです(´∀`*)
DSCF3070.jpg



ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周245日目☆




今日はエクアドルのグルメ情報☆



お土産はちょっと高いですが、バスや食事は安いエクアドル。朝食1〜2ドル、昼食2 〜3ドルで食べられます。



このプレートで$3。
DSCF3111.jpg




南米で定番のチキン屋さんでは、スープ・チキン・ライス・ポップコーン・サラダがついて$3.50。
DSCF2646.jpg





白米は歯ごたえがなくあまり美味しくないです。ペルーの方がアジアに近い感じで炊かれています。




これは「encebollado(エンセボジャード)」エビ入り$3、普通のは$2。芋とオニオンスライス、コリアンダー(香菜)にオレンジ色のスープをかぶせたもの。香菜が効いてておいしいです!ポップコーンが付いてきて、レモンを搾って食べるのですが、意外とハマります。
DSCF3156.jpg






路上でよく売っている、「Sevichocho(セビチョチョ)」というスナック的食べ物があるのですが、これも結構ハマります。乾燥コーン、チョチョという白い豆的なもの、オニオン、コリアンダー、バナナチップスの上に、酸っぱいソースがかかっています。1ドル。
DSCF3355.jpg



こちらもエクアドルではよく見かけるファストフード、「Salchipapa(サルチパパ)」。フライドポテトと、ソーセージのスナックです。
DSCF2714.jpg



ちなみにエクアドルで定番のビールは、「Pilsenar」。$1.25~1.50程で、お店で買ってもバーで飲んでも値段はほぼ変わりません。
DSCF3213.jpg


私はこっちの「CLUB」というビールの方が好きでした。
DSCF3125.jpg



さらにエクアドルはフルーツジュースも種類が豊富!
私のお気に入りは、「Batido(バティード)」と呼ばれる、フルーツミルクシェイク。$1~1.5。
DSCF2716.jpg


知らない名前ばかりでオーダーに困ると思うので、私の見かけたジュースを紹介します。

Naranjillo(ナランヒーヨ、オレンジ系の味のフルーツ)
Mora(モラ、ブラックベリー)
Guanabana(グアナバナ、緑色で大きくてとげとげの南国フルーツ)
Fresa(フレサ、ストロベリー)
Babaco(ババコ、パパイヤ)
Aguacate(アグアカテ、アボガド)
Zanahoria(ザナオリア、にんじん)
Tomate(トマテ、木立トマト)←トマトとは違う植物です。





食べ歩きのできるものが多い国って楽しい(*´∀`)!







ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周244日目☆






コロンビアからまたエクアドルに戻ってきました。




やってきたのはオタバロ(Otavalo)という街。
area_map.gif




オタバロは人口9万人程の小さな街ですが、織物など手工芸品で有名となり、今では観光が街の主産業となっています。
DSCF3116.jpg

DSCF3124.jpg

DSCF3117.jpg

DSCF3144.jpg



この街には、オタバロ族という、インディへナ(原住民)が暮らしていて、その女性達の民族衣装がとっても可愛いんです(*´∀`)
DSCF3146.jpg





カラフルな花の刺繍が美しい、白いフリフリのブラウスに、紺地または黒地の巻きスカート。そして腰部分には鮮やかな布を巻いていて、首元には幾重にも重なったビーズのネックレス。
DSCF3147.jpg




全体の色がきれいにまとまった、シックな民族衣装。すごく好みです(*´艸`*)





インディへナの子供達も、この衣装の上に制服のスカートを重ねたり、ベストを重ねて通学しています。
DSCF3145.jpg



毎日着るものだからこそ、こんなに美しいんですね。こんな民族衣装を着て暮らしてみたいです(´∀`*)
DSCF3177.jpg




肌寒いときは、このようにブラウスの上に紺地の布をさらに重ねて着ています。年配の女性は、頭にも紺地の布を巻いている人が多いです。
DSCF3140.jpg




刺繍入りのブラウスが欲しすぎて、お店をのぞいてみました。
DSCF3173.jpg



このようにミシンで刺繍を入れたブラウスの値段は20〜40ドル程。手縫いで刺繍を入れたものは、50ドル以上します。
DSCF3174.jpg



可愛いのですが、ちょっと日本で着ていたらメルヘンチックになってしまうデザインばかり。
DSCF3180.jpg



これなら使えるかな、と思ったので一枚購入しちゃいました(*´艸`*)
DSCF3369.jpg

27歳でこれはヤバイw?


ついでに全身試着させてもらいました。
DSCF3169.jpg


・・・私が着るとかわいくないな(´ー`)



ここのブラウスを作っている女性によると、以前オタバロに、1人の日本人女性が1年程住んでいて、刺繍の勉強をしていたそう。ここの刺繍に惚れ込む気持ち、すごく分かります!私も子供の頃刺繍にハマったことがあるので、刺繍入りのものに弱いんです(´∀`*)うっとり。
DSCF3176.jpg



ちなみにオタバロ族の男性は、黒々とした長髪を後ろで一本に結い、帽子をかぶったり、革ジャンを着ていたり。おじいさんになってもそのスタイルなので、すごくかっこいいです
DSCF3168.jpg

小さな男の子も髪を伸ばしているので、女の子に見えます。
DSCF3182.jpg



オタバロ族は、男性はキリっとしていてかっこいいし、女性は目がぱっちりしていて美人が多かったです。



オタバロの本当の見所は、土曜に開かれる大きなマーケットなのですが、スケジュールの関係で私は行けませんでした(;_;)でも手工芸品を売る小さなマーケットは毎日開かれています。



エクアドルで一番のお気に入りの街です





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周242日目☆





コロンビア・パストから南に戻り、エクアドル国境近くのイピアレスという街へやってきました。




目的は、私が南米で一番行きたかったあの教会。




ラス・ラハス教会(Sanctuario de Las Lajas)です。





18世紀からカトリック教徒の順境の地として、多くの人々が訪れているそう。教会までの道は、日本で言う清水寺のような感じで、お土産屋さんやちょっとした食堂が並んでいます。
DSCF2913.jpg

DSCF2915.jpg



多くの観光客で賑わっていましたが、コロンビア人がほとんどのようでした。皆見慣れないアジア人(私)に大注目w「日本人じゃない!?」と好奇の目で見てくるのですが、とてもフレンドリーで、写真を一緒に取ってくれとお願いされました。
DSCF2917.jpg
こんなちんちくりんな私で良ければいくらでもどうぞ(*´∀`)




こんな景色を楽しみながら、教会の方へと下って行くと・・・
DSCF2919.jpg

DSCF2923.jpg





地元の礼拝者達の寄付を示す、たくさんのプレートが壁に現れ始めました。
DSCF2921.jpg

DSCF2922.jpg


そして、教会が見えてきました!
DSCF2926.jpg

DSCF2931.jpg



うわぁぁぁ
DSCF2940.jpg





ため息がでるほど美しいですε-(´∀`*) 
DSCF2947.jpg




岩の斜面に作られているので、教会の中の奥の壁は岩がそのまま見えています。
DSCF2988.jpg

DSCF2990.jpg

DSCF2985.jpg





峡谷の中という立地がこの教会の美しさをより際立たせています。
DSCF2973.jpg




教会の周りには、下の川の方へ行ける道や、丘の上へ登る道もあるので、色んな角度から教会を見て楽しみました。
DSCF2964.jpg

DSCF2967.jpg


丘の上の方には、民家がいくつかあり、のどかな田舎の雰囲気が素敵でした。
DSCF2979.jpg




コロンビア人の子供たちと撮影会(*´艸`*) 
DSCF2961.jpg

DSCF2958.jpg

DSCF2981.jpg




ああ、ここに来れて本当に良かった。
DSCF2957.jpg




【ラス・ラハス教会への行き方】
イピアレス(Ipiales)のバスターミナルの外に、タクシーやミニバンが並んでいるところがあるので、そこで「ラスラハス!」と伝えます。乗り合いタクシーなので、4人集まるまで待ちます。1人2000ペソ(108円)。20分くらい。


教会自体は、入場は無料です。地下にもう1つお祈りとざんげ専用の教会があり、静粛で神聖な雰囲気です。その隣に、ミュージアムがあります。(入場料2000ペソ、108円)





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周241日目☆





実は白と黒のカーニバルの時に、声をかけてくれた家族がいて、facebookに登録してもらったのですが、翌日メッセージが来ていて、「今日どこか一緒に行きましょう!」と誘ってくれたんです。



メッセージに書いてあった電話番号に、ドキドキしながら電話をかけ、たどたどしいスペイン語でなんとか約束をし、ホステルまで迎えに来てくれました(´∀`*)



ジェラート屋さんに連れていってくれ、フルーツサラダにアイスの乗っかった、豪勢なものをごちそうになっちゃいました
お父さんのエドウィン、隣が息子のジェフリー、右側にいるのは従兄弟のフリアンです。
DSCF2866.jpg
手前にある私のアイスに乗っかってるのは、なんとチーズです(・∀・)不思議。



その後ショッピングモールのゲーセンへ連れていってくれました。
お茶目なお母さんのマリアが、「エリの笑顔がもっと見たいわ!」と言って、ひたすら色々なゲームで遊ばせてくれました。この街に住む子供達にとっての最高の娯楽のようで、男の子達2人もはしゃぎまくり。

フリアンは、NARUTOが大好きで、初めて会う日本人に興奮w 「あかつき」とか「チャクラ」とか、NARUTO用語がたくさん出てきて、14年前に読んだきりのおばさんはお手上げでした(=u=)
DSCF2868.jpg

DSCF2887.jpg

ref="http://periquita.blog.fc2.com/img/DSCF2875.jpg/" target="_blank">DSCF2875.jpg


このゲーセンはなぜかマッサージ機も置いてありましたw ゲームと同じカテゴリー?





「夜ご飯、良かったら家で一緒に食べましょ!」と誘ってくれたので、ご好意に甘えることにして、お宅にお邪魔しました。




バナナを平たくして焼いたものと、焼飯。素朴で温かい味がしました。
DSCF2909.jpg




優しくて働き者のお父さんと、明るい笑顔で家族を照らすお母さん。突然家に訪れた日本人を温かく迎えてくれたおじいちゃん。2人の愛情を一身に受け、優しい子に育っているジェフリー。そしていつも皆を笑わせる、ムードメーカーのフリアン。



1人でコロンビアを訪れた日本人を、家族のように迎え入れてくれ、どうにか楽しませようと皆でかまってくれたんです(;_;)




コロンビア人の話すスペイン語が全然分からなくて、理解できなくても何度も何度も簡単な言葉に替え質問してくれました。




もっとスペイン語話せたら・・って悔しくて悔しくて。




こんなに優しくしてくれる人たちに、感謝の気持ちも伝えきれない。




でも、やっぱり少しでもスペイン語勉強しておいて良かった。コミュニケーション取れて良かった。



今まで私がしてきたとこは、何一つ意味のないことはなくって、ちゃんと次へつながっている。不思議な縁で、素敵な人たちへと導かれている。




「日本へ帰っても、この素晴らしい一日のことを忘れないでね。あなたや、あなたの家族がまたコロンビアに来てくれることを、両手を広げて待ってるから。私たちはあなたをとても愛しているわ。」




お母さんのマリアの言葉に、涙が溢れました。





私も、みんなのことをとても愛しています。




次は、NARUTOグッズでもお土産に持って、会いに行こう。






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周240日目☆


コロンビア・パストの「白と黒のカーニバル」の最終日1/7を飾るのは、「クイフェスティバル」




「クイ(Cuy)」というのは、テンジクネズミ科の動物で、モルモットの仲間です。
P1010271.jpg




南アメリカのアンデス地域が原産で、食用として家畜化されています。ペルー、エクアドル、コロンビアでは伝統料理として特別な日に食べられています。




街の中心からタクシーで4000ペソ(216円)、小高い丘の上でフェスティバルは行われていました。
P1070297.jpg


P1010275.jpg





クイやうさぎが売られています。
P1010268.jpg

でっぷりとしたウサギ。食べ頃ですね。
P1010270.jpg




30以上もの露店が、こぞってクイを串刺しにし、炭火焼にしています。
P1010276.jpg

P1010280.jpg


うさぎも。
P1010286.jpg




ひたすら、ぐるぐる、ぐるぐると手動で回します。
P1010283.jpg

P1010291.jpg




焼けるまでに結構時間かかりそうなので、2時間くらいはぐるぐるするのではないでしょうか。
P1010288.jpg

P1010289.jpg






4分の1のクイ肉で、7000ペソ(379円)。一匹丸ごとだと、1300円くらいでした。芋とポップコーン付き。
P1010292.jpg

台湾人の友達、カイエンがオーダーしたので、一口かじらせてもらいましたが、味は普通にローストチキン的?ただ皮が噛みごたえがあって、私は好きではないです(^^;)小さくて、骨もいっぱいだし、食べるとこが少ないです。



基本肉はあまり食べないので、ぐるぐる焼かれているクイを見ていたら、気持ち悪くなってきて、食欲を失いました(+_+)




他にも食べるものは色々と売っているので、食べ歩きの楽しい、小規模なフェスティバルでした。
P1010281.jpg

イチゴとクリーム。54円(*´∀`)
P1070295.jpg

トウモロコシをつぶして、ハムやチーズを混ぜて焼いたもの。いもモチ的な食感。
P1010282.jpg



色んなものをちょこちょこ食べるのって大好き(*´∀`)♪コロンビアの変わり種フェスティバルでした☆


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周239日目☆




エクアドルに1泊だけして、その後また1日バスにのり、弾丸でコロンビアに来ています!




コロンビアは飛ばす予定だったのですが、急遽訪れたい理由ができたのです。




アンデス山脈沿いの移動なので、絶景が続きます。
DSCF2743.jpg

DSCF2740.jpg



到着した街は、パスト。標高2500mにある田舎町という雰囲気。
P1070297.jpg






ここに来た理由は・・・・






これ(*´艸`*)
DSCF2766.jpg





「白と黒のカーニバル」(Blacks and Whites' Carnival)という、お祭りがあると聞きつけたのです。




毎年1月2〜7に開催されるこのお祭りは、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。





この祭りの起源は、古代の原住民が農作物を守ってもらう為に、月の神に捧げたお祝いから始まります。

そこに更に、黒人奴隷が王様にお願いして1/5に1日祝日をもらい、音楽やダンスでお祝いをし、街の壁を石炭で黒く塗ったことを発端に、アフリカン文化の要素が加わり、さらにスペイン文化の要素も入り現在のカーニバルへと形を変えていったそうです。



カーニバルは4段階に分かれていて、1つ目は12/28の「水の日」から始まります。タイのソンクラン祭りのように、水を掛け合ってずぶ濡れになります。



2段階目は、1/3の「子供達のカーニバル」。子供達の作った山車でパレードをするなど、子供達が主役となる日だそう。


3段階目は、1/4の「カスターニャ家の到着」。1929年にパスト住民に招待されて国の東からやってきたカスターニャ家の到着を記念する為に、20世紀前半のスタイルのドレスを着てパレードをします。

4段階目は、1/5の「黒の日」。人々は顔や腕などを黒く塗ります。黒だけでなくカラフルになっていますが。この日に外に出たら、容赦なく絵の具で塗られるので、汚れても良い服装にします。

5段階目は、私の参加した1/6。「白の日」です。文字通り、人々は化粧粉を使って顔を白く塗ったり、化粧粉を人に投げ掛けたり、「カリオカ」と呼ばれる泡のスプレーを掛け合います。



カリオカ屋さんが街中に現れます。
DSCF2752.jpg


通りを歩くと、容赦なく泡スプレー攻撃されます。
DSCF2755.jpg


背中にもこっと泡のっちゃうくらい。
DSCF2764.jpg


この日は、カーニバルで最大のパレードが行われるので、たくさんの人がパレードの両脇に集まり、そこにいるともれなく真っ白になります。
DSCF2765.jpg



泡はいい匂いもするし、そのうち消えるからいいのですが、白い粉が厄介です。
DSCF2768.jpg



朝の9時からパレードは始まります。
DSCF2770.jpg

DSCF2774.jpg

DSCF2786.jpg

小規模なものから始まり、徐々に大きな山車が登場してきます。
DSCF2794.jpg

南米らしいものや
DSCF2801.jpg

よくわからないものも
DSCF2809.jpg


パレードの間もひたすら人々は泡や粉攻撃をやりあっています。

獲物を捕らえるかのような目つきでw
DSCF2810.jpg

基本顔面攻撃です。
DSCF2793.jpg

「えーん ママ〜」てなります。
DSCF2853.jpg


Mr.コロンビアも出てきました!なかなかさわやかでイケメンです。
DSCF2819.jpg

隣はカーニバルの女王だそうです。激しく踊っていました。
DSCF2820.jpg


だんだんディズニーランドのパレードばりのクオリティになってきました。
DSCF2831.jpg

カラフルで、細かい装飾がきれいで、ユニークなものばかり。こんな大きな山車、完成までどのくらいかかるのでしょう。
DSCF2842.jpg

DSCF2828.jpg

次から次へと面白いのがでてくるので、目が離せません。3時間くらいは続いたと思います。
DSCF2849.jpg



1人でパレード見に行ったので、最初はかなり寂しかったのですが、人種も年齢も関係なく無邪気にはしゃげる空間でした。
DSCF2855.jpg


どんなに顔面攻撃されても、全身ドロドロになっても、怒れない日。童心にかえれる素敵なカーニバルでした。
DSCF2816.jpg


DSCF2858.jpg


本当に真っ白になっちゃうので、帽子・サングラス・汚れても良い服・靴は必須です。レインコートとか着ているといいかも。カメラは持って行くと壊れそうなので、防水のやつとかが良いかもです。
DSCF2862.jpg

白い粉が、全然落ちないのです。全部洗わなきゃなりません。
DSCF2865.jpg



4.5.6日は、夜遅くまで公園でコンサートも開かれているので、一日中お祭り騒ぎです。
P1010261.jpg

P1010267.jpg

ただやはり人の集まるところは、盗難の起きるところ。
6日の夜に到着した友達と夜のコンサートに行ったら、友達のカメラとiPhoneが盗られてしまいました(;_;)



盗難にはくれぐれも気をつけて、カーニバルに臨みましょう!






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周238日目☆




瞑想って興味ありますか?

私はヨガが好きなので(今はサボリ中)、瞑想も練習してみたいな、と思って本を読んで自分でやってみたものの、ウトウトして寝ちゃうので毎回失敗します(=_=)




昨日の記事に書いた長寿の村、ビルカバンバでプラプラしていたら、気になる場所を発見したんです。

DSCF2685.jpg


中に入ってみました。
DSCF2670.jpg




中にいたオーナーのカナダ人、バーナードさんに話を伺ったのですが、ここは禅を取り入れた、瞑想の施設だそうです。
DSCF2675.jpg


毎日1回、曜日によっては昼と夜2回の瞑想のセッションがあり、受講料はなく寄付制で行われています。


第2・4土曜には、「Sweat Lodge Ceremony」という、サウナのような暑い小屋の中で2時間行う儀式もあるそうです。


火山の石を運んできて、ここに引き、上に布を被せてこの小屋の中で2時間耐えるそう。やってみたい(´∀`*)!!
DSCF2671.jpg



施設内には宿泊施設もあり、週か月で借りれるそうです。1週間$120。wifi・朝食付き、キッチンとランドリーも使えます。ここに泊まる人は、最低でも3回の瞑想のセッションを受けることが原則だそうです。もちろんここに泊まっていなくても、瞑想のセッションは受けられます。
DSCF2672.jpg


もう少し時間に余裕があったらぜひここに泊まって瞑想の練習をしてみたかったな!
オーナーがカナダ人なので、英語が通じるのも嬉しい☆
DSCF2686.jpg



オーナーによると、ビルカバンバは年間を通して暖かい気候が続くので、世界でもトップクラスの住みやすい場所だそうです♪こんな気候の良くて、空気の澄んだところで瞑想なんて、心も体も洗われそう!


興味のある方は、ウェブサイトもあるので見てみてください☆→こちら


こういった施設って、探せば結構世界中にあるんですよね。次に旅をするときはこういうスピリチュアルな場所巡りがしたい(´∀`*)!!!










ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周237日目☆





みなさんは、「長寿」と聞いてどこの国を思い浮かべますか?





先日バスで話していたおじさんによると、どうやら世界一の長寿村が、ここエクアドルにあるそうなのです。120、130歳まで生きる住民が多いのだとか・・・・(・o・)!!





エクアドルの南にあるロハという街からバスで、1時間程で行けるということなので、早速訪れてみました。






町が小さいので、適当に歩けば中心の広場に着きます(´∀`*)
DSCF2650.jpg

DSCF2658.jpg

DSCF2656.jpg

エクアドルでは、このマリア様像をよく見かけます。
DSCF2653.jpg



エクアドルでは結構有名な観光地のようで、白人の旅行者がたくさんいました。お年寄りは・・・まあ時々見かけるくらいです(^-^;)お年寄りがうじゃうじゃ街にいる感じを想像してたので、ちょっと残念w
DSCF2649.jpg

DSCF2703.jpg




周りが山に囲まれていて、のどかな村という感じ。散歩くらいしかすることないですが、もし何泊か滞在するのであれば、近くの山にトレッキングなども行けるそうで、のんびりしたい派にぴったりの場所だと思います。
DSCF2660.jpg

DSCF2662.jpg

DSCF2664.jpg

DSCF2666.jpg



時間がゆったり流れていて、人とのおしゃべりが唯一の娯楽のよう。
DSCF2705.jpg

DSCF2695.jpg



この村ビルカバンバは、山に囲まれていて地震や自然災害から守られていると言われ、昔のインカ達(王様)の隠れ家のような場所だったそうです。
DSCF2687.jpg

DSCF2689.jpg



ここの村人の飲み水は多くのミネラルを含み、また赤道付近の果物など植物は酸化防止の成分を含んでいるそう。
DSCF2697.jpg


さらにはこの村を囲む山に生える木(Huilco Tree)は、他の種類の木より、より効果的に大気汚染を取り除き、綺麗な酸素に戻してくれるのだそうで、これも長寿の要因だと考えられています。
DSCF2683.jpg




ただ、この長寿の町について懐疑的な調査もされていて、村人達が年齢を高めに、誇張して申告していたことも判明していますw 一度きちんと全員の年齢を調べたら、100歳以上の人はいなかったそうですw




どっちにせよ80、90歳代は多いようですし、健康的な暮らしをしていることは事実なようです。



街の中心近くにソフトクリーム屋さん発見(*´∀`)
DSCF2706.jpg
Naranjillo(ナランヒーヨ)という、オレンジに似たフルーツと、バニラのミックスにしてみましたが、ナランヒーヨが超おいしい!!!1つ75セントでした。




センスの良いお土産屋さんもちょこちょこあります。かわいいアクセをget♡ドル表示だと安く見えてついつい買っちゃいます(*_*)$5とか、安く見えません?ペルーだったら13ソルくらいだから、「高い!5ソルにして!」て思うけど。
DSCF2712.jpg





小さくて可愛い、癒しの村。マッサージ屋さんなどもいくつかあったので、リラックスしたバケーションにいかがでしょうか(´∀`*)




【Vilcabamba行き方】
Loja(ロハ)のバスターミナルからバスが15分おきくらいに出ています。バスに直接行き、乗ってからお金を集める人が来ます。片道$1.30 所要時間1時間ちょい。


【Lojaについて】
ロハは大きな都市ですが、観光するところはほぼありません。ただ治安も比較的よく、気候も安定している為、住みやすい街だそうです。ロハのバスターミナルから街の中心までは、タクシーで$1。バスは$0.25。ホステルは街の中心にたくさんあり、シングル$10くらい。


ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
☆世界一周236日目☆




ペルーのバスは、ウェブサイトなんてほぼないし、バス会社の数が多すぎるので、比較するのが大変です。「どんなバスでもへっちゃら~(・u・)」という人以外は、セキュリティとか、信頼性とか、雰囲気とか気になると思うので、私の知っている限りの情報お伝えします!




【おすすめバス会社】
◎Cruz del Sur(ウェブサイトあり
おそらくペルーで一番グレードの高いバスです。もちろん安全、快適ですが値段が高い。
カウンターで聞くときに、「プロモーションシートあります?」と聞くと、時々安い席があります。年末年始はありませんでした。エクアドルへ直行バスあり。グアヤキルまで200だか250ソル。リマ→クスコ180ソル、リマ→イカ41ソル。


◎Oltursa(ウェブサイトあり
私の一番のお気に入りのバス。ごはんが美味しい。値段は、ルートによっては普通に安いです。リマ→クスコ間は180ソル(約6500円)くらいだそうですが、北へ行くルートのリマ→ピウラやスヤナ方面は、110ソル(約4000円)でした。
ここも、カウンターで買うとプロモーション価格があり、イカ→クスコが99ソルでした。

◯Flores
私は使ってませんが、結構大きめの会社。バスの見た目も綺麗でした。値段がかなり安い!
リマ→クスコは90~130ソル程。グレードによって値段が少し変わります。90ソルの夜行バスは、エアコンなしです。

クスコ→リマ間などは、安いバス会社がたくさんあるのですが、ローカルの人々の利用度もかなり高いので、適当に選ぶと隣にチョリータ(原住民で、ボリュームのあるスカートをはいた、太った女性)が座ったりするので、22時間とても窮屈な思いをします。

そして、ローカルの多いバスは、よく停まって人を降ろしたり乗せたりするので、遅延します。

食べ物売り(チーズ売り、トウモロコシ売り、パン売りなどたくさん)も乗ってきて、しかも乗客がそれを良く買うので、バスがちょっと臭いw



【リマのバスターミナルについて】
①リマには大きいバスターミナルが1つあるのですが、他にもそれぞれのバス会社がターミナルを持っていて、街のあちこちに散らばっています(+_+)なのでチケットを買いたいときや、比較したいときにすごく不便!!

大きいターミナル(Terminal de buse Norte)は、リマの主要地を走っている「Metropolitano」というバスの、「Tomas Valle」という駅近くにあります。「Estacion Central」(Old city)より北側です。

ここからどこ行きのバスが出ているのかは定かではありませんが、Cruz del Sur のカウンターとかはありました。ここで別のターミナル発のチケットも買えます。

②リマのバス「Metropolitano」の「Estadio Nacional」駅周辺
この駅を降りて、道路沿い北側に5分程歩くと、右手に「Flores」と「CIVA」のオフィス&ターミナルがあります。

③リマのバス「Metropolitano」の「Javier Prado」駅周辺
駅を降りて「Avenida Javier Prado」という通りを東側に進むと、バス会社「Ormeno(オルメーニョ)」、その先に「Tepsa」、そのまた先に「Cruz del Sur」のターミナルがあります。

これらのバス会社のターミナルは、Google mapにものってます☆



【ペルーからエクアドルへバス】
①「オルメーニョ」のバス
キトまで直行があるようですが、週に数本のみ?

②「Cruz del Sur」のバス
グアヤキルまで直行。250ソル(9000円)程。毎日かは分かりません。

③ペルーの北にある都市(チクラーヨ、ピウラ、スヤナなど)まで行って(3600円程度)、そこから国境を超えるバスを探す。
エクアドルとペルーの国境は3つあって、グアヤキルに行きたい場合(ガラパゴス行く人など)は、海岸よりの「トゥンベス」という街あたりの国境が近いです。ただゲリラに合うことがあるようなので、土日はさけた方が良いそうです。(お金を持ったビジネスマンなどがよく通るから?)

私は真ん中の国境「Macara(マカラ)」を通りました。ペルーのスヤナからエクアドル行きのバスがいくつかでています。
DSCF2599.jpg

スヤナ→Loja(ロハ)のバス :32ソル、10:30am発でした。8時間半程。





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
2014.01.04 気になる木。
☆世界一周236日目☆





だいぶブログの内容が遅れてきているので、ヨーロッパ編は後回しにしてリアルタイムのブログを書こうかと思います(・u・)!




1ヶ月も滞在していたペルーから、エクアドルに移動するために、昨夜リマを出発しました。
DSCF2591.jpg

当初は2週間くらいの予定だったのですが、ペルーはかなり大きく見所も多かった(+_+)もう1ヶ月欲しかったくらいです。バスの車窓から見たピンクの空に、後ろ髪引かれる気持ちでリマに別れを告げました。
DSCF2593.jpg


16時間のバス移動なので、快適なバス会社「Oltursa」を選び、ペルー北部のSullana(スヤナ)という街まで行ってみることに。ピウラという街の少し北です。



このバス会社は比較的新しく、バスはきれいだし、セキュリティもしっかりしているし、オンライン予約までできるんです。

ペルーのバス会社でウェブサイトがあるのは、私の知るところ「Oltursa」と「Cruz del Sur」だけです。



Oltursaのバスには、キャビンアテンダントのような美人のお姉さんもついていて、ご飯や飲み物を出してくれます。夕飯は暖かいご飯が出てきて、しかも美味しいです!
DSCF2595.jpg
固まることのできなかったゼリーのようなものも付いてきました(´ー`)


少しグレードの高いバスの良いところは、乗客も変な人がいないことw 出張のビジネスマン風な人や、裕福そうな人が多いです。




快適にぐっすり寝て、朝起きたら、ひたすら砂漠地帯。


ペルーの海岸線は、ずっとこんな景色です。家も手作り感たっぷり。3匹のこぶたの、風で飛ばされちゃう家みたい。
DSCF2597.jpg



Sullanaに着きました。さて、ここからどうエクアドルに行くのでしょう。



バスの中で隣に座っていたおばさまに聞いてみましたが、私のスペイン語のレベルでは完全には理解できず(´ー`) バスで3時間くらい行けばいいみたい。



今日中にエクアドルのどこかの街にいけるかしら(・з・)




バスターミナルで声をかけてきたタクシーの運転手さんに、「エクアドル行きたいの!どこからバス乗ればいい?」


と尋ねたら、すぐ横にあったバス会社のカウンターがエクアドル行きだったようで、そこに連れてってくれ、値段や時間など聞いてくれました。優しい(*´∀`)

ちょうどバスが出るところだったので、急いで飛び乗りました!私が乗ったのは、「Loja(ロハ)」という街行きのバス。
DSCF2637.jpg

何時間かかるのかも確認せずに乗り込んでしまいました(´ヘ`;)いつ着くのかしら。
peru_map-1.gif



ペルーの北部、エクアドル国境までの景色を眺めていたら、痩せた小さいヤギがたくさんいました。野生?痩せて毛も短くてつるつるだから、犬に見えます。
DSCF2612.jpg

そして、超気になる木発見!
DSCF2616.jpg

葉も幹も鮮やかな緑で、まるでブロッコリー(*´艸`*)!
DSCF2624.jpg

すごい存在感!
DSCF2628.jpg

ああ気になる!近づきたい。
DSCF2625.jpg


そんな私の願いとは裏腹に、バスは高速でぶっとばして国境へ。
DSCF2632.jpg

この国境の橋は、日本からの寄付だそうです。
DSCF2633.jpg

ペルー側のおじさんが、ジュースをくれました(*´∀`)いえい
DSCF2629.jpg


ここからエクアドル!なんだか懐かしい田園風景。
DSCF2636.jpg


Macara(マカラ)という街で10分間お昼休憩。
10分て(=_=)!!


どうせ20分くらい停まるだろうと、たかをくくってお菓子を食べながらプラプラ戻ったら、バスがちょうど発車していて、遠くから歩いてくる私を見つけてくれ、なんとか拾ってもらえましたw 変なとこでやたら時間守るんだから(`3´)もー

1つ10セント(10円)
DSCF2644.jpg

エクアドルは通貨が米ドルなんですね!計算が楽で良い。


結局ペルーのスヤナからバスに乗ってから、8時間半かかって7:00pmにLoja(ロハ)に到着。昨日から合わせて丸一日バスに乗っていたので、さすがに疲れました(+_+)


バスで隣に座っていたおじちゃんが、着いてからホステル探しに付き合ってくれたり、マカラという小さな街ではみんな挨拶してくれたりと、エクアドルの第一印象すごく良いです(*´∀`)



明日は私どこにいるのかしら。楽しみー(*´∀`)









ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
2014.01.01 ブログ復活♪
☆世界一周233日目☆




新年あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します。




みなさんお正月いかがお過ごしでしょうか(^^)


私はペルーのリマで新年を迎えました。
DSCF2585.jpg
役目を終えたサンタさん。



ペルーでは新年を迎えるときのラッキーカラーが黄色だそうで、道に黄色の花や帽子、下着などを売る露店がずらっと並んでいました。



問題のPCも、リマの「istore」というApple storeのようなところに持って行ったら、直してくれましたε-(´∀`*)

こんなにすぐ直ることを期待していなかったので、意外にもきちんとしていたリマのistoreに感謝です!!さすが都会!


ご心配おかけしました。メッセージくださった方々、どうもありがとうございます(*´∀`)!またブログ再開できて嬉しいです。


今年も皆さんにとって素晴らしい一年となりますように。






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。