上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*2013年11月末のペルー滞在についての記事です。





リマは大都市なので、東京のように見所が散在しています。
DSCF0235.jpg




ただ主要の観光地は、①旧市街(セントロ)②ミラフローレス ③バランコ の三つです。
人気のあるミュージアムは、そのどこからも離れた場所にあったりして、タクシー移動になるなど、ちょっと面倒。




今日は②のミラフローレスの紹介です☆



ミラフローレスはリマの新市街で、欧米系の移民やお金持ちの暮らす、ハイソなエリア。
DSCF0281.jpg


犬の散歩代行の人もいます(・∀・)
DSCF0282.jpg


街はきれいで、観光客が多く歩いているので、あまりペルーを感じません。欧米人ばかり。
DSCF0173.jpg


少し歩くと海に突き当たります。この先に日本があるんだなぁ、すごく遠くまで来てしまったな、と懐郷の念にかられました。
DSCF0164.jpg



DSCF0168.jpg


海岸沿いに歩いていくと、「恋人たちの公園」という花が咲き乱れる綺麗な公園があります。


そこにあるのが、ここの名物である恋人たちの像(*´艸`*) こんな体勢なかなかならないですよね!でもペルーの公園では、恋人達が芝生とかベンチで、ねっころがりながら抱き合ってたり、膝枕しながらキスしてたり、結構この像みたいな感じです(笑)
DSCF0201.jpg

このすぐ先には、パラグライダーが体験できる場所があります。お金に余裕があったらやりたかったな(>_<)実は大学のときパラグライダーサークル入ってました。ただサークルの練習では、こんな華やかなイメージとは程遠く、バッタにおびえながらひたすら走って風をうまくパラシュートの中に入れる練習をしていました(´ー`)
DSCF0187.jpg



旅人にとっては、これといって見るところのないミラフローレスですが、治安がいいので、ホテルやホステルもこのあたりが多いですし、泊まるには良い場所だと思います!

それと、インディアンマーケットという、大きなお土産市場があるので、お土産を買うならここがいいです☆
値引き交渉を楽しみましょう(´∀`*)
DSCF0289.jpg

アルパカの毛の商品は、ふっわふわ ここで聞いた、アルパカの人形の値段は、ボリビアよりも安かった!
DSCF0290.jpg

DSCF0291.jpg




次回はリマのナイトライフの街!





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
*2013年11月末に訪れたペルーの記事です。




ペルーの首都リマは、人口800万程の大都市です。思っていた以上に近代化していて、ビルが建ち並ぶエリアがあったり、裕福な人の住むエリアがあったり。快適に住めそうです。



まずは世界遺産にもなっている、セントロ(旧市街)から。
DSCF0223.jpg

植民地時代に建てられた建物が多いので、南米やメキシコの、他のコロニアルな都市と雰囲気が似ています。
DSCF0224.jpg

地下墓所(カタコンベ)のあるサンフランシスコ教会。人骨がデコレーションケーキのようにきれいに並べられていて、ちょっと異様でした。
DSCF0228.jpg

大きなマーケットでは日用品・食品・なんでもそろいます。
DSCF0238.jpg

DSCF0243.jpg


小さな中華街も。日本料理に使う食材はここで手に入ります。
DSCF0250.jpg

噴水ショーのある公園は、セントロのとなりのバス駅、「Estacion National」の近くにあります。
DSCF0379.jpg

大人も子供もびしょぬれになってはしゃげます。地味に楽しいのでおすすめ。
DSCF0369.jpg


セントロは、夜は治安が悪いので、出歩かないようにしましょう。
DSCF0384.jpg

DSCF0385.jpg



つづく。
*2013年11月末の内容です



ペルーの首都リマでも、カウチサーフィンの受け入れ先が見つかったので、一週間程泊めてもらうことになりました。



リマの中心部から、バスで約一時間半もかかる、郊外のプエンテ・ピエドラという所でホームステイをしたので、毎日街にでるのは大変でしたが、地元の人の通勤に混じれて、生活感があって楽しかったです(´∀`*)
DSCF0265.jpg

リマには何種類もバスやミニバンが走っていますが、この「Metropolitano」というバスが一番きれいで、乗車賃もPASMOのようなカードにチャージして払うので、近代的で安心。
DSCF0261.jpg


ただ郊外の方は、自分で停留所を把握しておかないと、降りる人がいなそうなときは停まってくれなかったりするので、ハラハラドキドキでした。
DSCF0211.jpg

ペルーの住宅は、建設途中みたいな家が多いですが、これ以上には完成させない感じ。
DSCF0161.jpg

温かく迎えてくれた、セサールという男性の、ご家族。セサールは仕事が忙しくあまり話せませんでしたが、お母さんと妹さんが色々気にかけてくれました。
DSCF0151.jpg


ご飯も出してくれたり、チチャモラーダという手作りジュースをくれたり。
DSCF0148.jpg


チチャモラーダは、紫とうもろこしにレモン、砂糖を入れて作ります。ペルーの代表的ジュース。美味しかったです(´∀`*)
DSCF0150.jpg


私もお返しに、お寿司とみそ汁を作りましたが、生魚やスモークサーモンが手に入らず、具が野菜だけだったので、味気なかったです・・・(´ヘ`;)みんな日本食を全く食べたことがなかったそうで、喜んでくれました!
DSCF0252.jpg

親戚の女の子、ルアナも、初めて接する日本人に興奮(笑)日本語で三通り名前を書いてあげたら、とても喜んでくれました。
DSCF0155.jpg


外国人に、よく「漢字で僕の名前を書いてほしい」とお願いされて書くのですが、だいたいキラキラネーム風になっちゃいますね。旅あるある。
DSCF0157.jpg



一週間も泊めさせてくれて、1人部屋まであり、wifiもつながるし、快適すぎてペルーがすっかり大好きになりました(*´艸`*)やっぱり人の優しさに触れるのが、その国を好きになる一番の近道ですね。





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。