上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周175日目☆


リアルタイムは、トルコ・イスタンブール。
ボスフォラス海峡を、ヨーロッパ側からアジア側へ繋ぐ海底トンネルが開通して、電車で海峡を渡れるようになりました。車の道路の方は、まだ少し時間かかるようです。


予算が尽きてきたので、そろそろ帰路のプランをたてます☆最後までブログもがんばります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


*****************



セルビア・ベオグラード、観光編です☆




ベオグラードのダウンタウンは小さいので、一日歩き回れば主要な場所は見て回れます。




綺麗に整備された街並。
DSCF7242.jpg

DSCF7241.jpg


弾丸の痕の残る建物も多く残っていて、ユーゴスラビア紛争が遠い過去でないことを物語っています。つい13年前まで起こっていた紛争。私が中学生の時です。全然国際ニュースとか気にしてなかったな。。
DSCF7229.jpg





ベオグラード要塞にある門、「ジンダンゲート」。ジンダンというのはトルコ語で「牢獄」という意味なのですが、その名の通りこの門の両サイドは牢獄になっていたそうです。囚人の横を通らないといけないなんて、怖いですよね。
DSCF7233.jpg



これはビクター像。(写真撮らなかったので、yahoo画像から拝借)
images.jpeg

VictorというのはVictory(勝利)からきています。オスマン帝国とオーストリア・ハンガリー帝国への、セルビア王国の勝利を記念する為に建てられました。どの特定の戦争も国籍も表さない像にしたかったため、結果裸になったそうですw 始めは街中のテラジエ広場に置かれる予定だったのですが、裸の像を広場に置くことに不満が出た為、丘の上に、しかも外に向けて建てられたのだそうです。





2泊して割と時間があったので、Ethnological Museum(民族ミュージアム)にも行ってみました。夜10時までやっているので、時間があったら見てみると面白いと思います。セルビアの民族衣装や昔の暮らしについて展示されています。結婚式の衣装が、これでもかってくらいコインをはっつけた服や帽子を身に着けてて面白いです。
DSCF7315.jpg




街中にある、こんな不思議な屋根のところは、マーケットになってました。フルーツとか安いのでおすすめです♪
DSCF7306.jpg

DSCF7305.jpg





「ゼムン」という、ベオグラードの街の中心からバスで20分くらいの場所にも行ってきました。ベオグラードの中心から川沿いに歩いても行けます。



ここは古い街並の残る、可愛らしい町。ベオグラードは高いビルもたくさんある、近代都市ですが、こちらは中世の面影を残す静かな町でした。
DSCF7271.jpg

DSCF7277.jpg

ガルドシュ丘の塔からの眺め。
DSCF7289.jpg

DSCF7284.jpg

DSCF7269.jpg






※今回もベオグラードでフリーツアーに参加してみましたが、とても充実したツアーでした。途中でラキアの試飲もさせてくれました。
DSCF7228.jpg


これに参加しました→FreeWalkingTour






今日も読んでくれてありがとうございました☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/128-99402c47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。