上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周206日目☆





しばらくwifiがなかったので、リアルタイムはペルーのクスコに移動しました!一気に標高3600mのところに来たので、頭痛、吐き気、息切れ・・・
まさか高山病(*_*)!?




世界一周ブログランキングに参加しています!
「読んだよー!」の印に、ポチッとしてくれると、嬉しいです☆
パソコンの方はこちら⇒にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ケータイ・スマホの方はこちら⇒にほんブログ村 世界一周

~~*~~*~~*~~*~~*~~*


「アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所」
DSCF8407.jpg



第二次世界大戦の際、ヒトラー率いるドイツ軍による、ユダヤ人大虐殺が行われた収容所の1つです。



なぜこんなことが起こったのか、簡単に説明すると、




第二次世界大戦前、ドイツの国家元首となったアドルフ・ヒトラーという人物は、国の財政を豊かにしたい、つまりお金が欲しい!と思っていました。




「お金をどう作り出そうか・・・・」





「ユダヤ人だ!」





ユダヤ人は商売が得意で、豊かな人々が多かったのです。





アーリア人至上主義(白人が一番優れている人種だという思想)を掲げ、ユダヤ人は劣勢人種だと唱え、ドイツの人々を洗脳していきました。




国家をあげて人種差別をすれば、合法でユダヤ人を迫害し、富を搾取できる。





そんな考えから始まっていき、





ヨーロッパ各国に住んでいたユダヤ人を、ゲットーという狭い地区に追いやり、後にはヨーロッパ各地に何十とあった収容所(刑務所のようなところ)に強制的に送り込みました。




その収容所の大半は、刑務所や労働収容所として、当時のドイツの政治に反対した人や、同性愛者、ソ連捕虜、犯罪者などを収容する目的で使われていたのですが、戦時中には、ユダヤ人がユダヤ人だというだけで、収容されていきました。





その収容所のいくつかが、結果的に「絶滅収容所」と仮し、送られてきた人々を殺すためだけに設置されました。





ユダヤ人とロマ人(ジプシー)という民族を絶滅させるために。




アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所は、人類最大の負の遺産として、同じ過ちを繰り返さないよう、そして一人でも多くの人に訪れ心に刻めるように、世界遺産に登録され、入場料も無料で開放しています。





この1つの建物に、700~800人が収容されていたそうです。アウシュビッツ内にこれが28棟あります。
DSCF8420.jpg


勇気をだしてナチスのやり方に反対した人々は、すぐに銃殺されました。
DSCF8422.jpg



DSCF8412.jpg



囚人が逃げ出さないように鉄格子で囲まれています。もし脱獄した場合は連帯責任で、同じグループの囚人は全員処刑されました。
DSCF8438.jpg


毎日この門をくぐって働きに出かけるのですが、音楽隊が演奏をし、囚人に足並みをそろえやすくさせ、監視人が囚人の数を数えやすいようにとの目的があったそう。
DSCF8407.jpg




だんだんアウシュビッツの28棟だけでは足りず、ビルケナウというもう1つの、さらに大きな収容所を建設しました。300棟以上もあったそうです。




大半が木造で作られていたので、保存が難しく、解体して今は煙突のみの姿。何棟かは修復され残されています。
DSCF8445.jpg



アウシュビッツよりさらに過酷な居住環境。この3段ベッドの1段に、5人以上(正確な数忘れてしまいました)もが詰め込まれていました。
DSCF8455.jpg
一番下の段は、冷たくジメジメして、ネズミや虫などもいる、かなり不衛生な場所だったため、主に病人(夜中に下痢などするので、上の段だと下に漏れるので)が住まわせられていたそう。


トイレや洗面所は屋外にあり、決まった時間にダッシュで行ってダッシュで帰ってこないといけなかったのだとか。



大量の毒ガス虐殺の行われたガス室は、爆発させ壊してしまったので、今では屋根のみが残っています。
DSCF8454.jpg
「シャワーを浴びるんだよ」と連れてこられた人々は、1つ目の部屋で服を脱ぎ、2つ目の部屋でシャワーの代わりにでてきた毒ガスで殺され、3つ目の部屋ではそこで働く囚人が遺体の髪を剃り、金歯など金になるものを取り、最終的に焼却炉で焼かれました。

刈られた髪の毛は、断熱材や布製品に使うために売られたそうですが、それでも大量に残った髪の毛が、博物館内に展示されています。




ここアウシュビッツ・ビルケナウで亡くなった110万人のうち、90%がユダヤ人でした。ドイツによる虐殺で亡くなったユダヤ人全体は、600万人にものぼるそうです。





ユダヤ人だというだけで、同じ人間のような扱いをされず、虫けらのようにプチプチと殺されていった人々。
DSCF8443.jpg




そして、ユダヤ人だというだけで、少しでも反抗したり逃げたりしたユダヤ人を殺してもよい権利を持っていたドイツ軍。
DSCF8442.jpg






目の前で次々に人が殺されていく日常。






それが68年前の現実でした。





本当は、ここに来ることを迷っていました。

1人で行くの怖いな・・・なんて思ってました。

でも実際に行ってみて、この過去の残酷な事実が、すごくリアルに、自分に迫ってきました。

今までは「教科書の1ページで習った、遠い昔の遠い国で起こった怖いこと」でした。


旅を初めて、イスラエルでユダヤ人に話を聞き、ホロコーストミュージアムを訪れ、

スペインやハンガリーでユダヤ人街を歩き、

チェコではユダヤ博物館を訪れ、

ドイツでもヒトラーとユダヤ人虐殺の歴史を学び、

オランダではアンネ・フランクの家を見に行きました。


各国で見て、感じてきたものが、全てつながった感じがして、当時の真実が、やはり世界全体で背負って行くべき罪なのだと思いました。


突然大虐殺が起こった訳でなく、元々色々な場所でユダヤ人は迫害を受けてきたし、その民族的な特別さから、「出る杭は打たれる」ように打たれ続けてきたのです。


そして、ヒトラーの総統就任で、少しづつ公に、国家をあげて始まったユダヤ人差別。

少しずつ起こっていくと、人間の感覚って鈍っていって、それが当たり前になってしまう。

反対しようにも、反抗する相手は国。

その頃の日本は、自分たちの戦争のことで、きっと頭がいっぱいだっただろうな。




うまくまとまらないけど、アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所を訪れて、きちんと真実と向き合えて、良かった。

こうして、真実を知り、学んでいくことしか私にはできることはないかもしれないけど、

このことを友人や家族、私の子供、孫の世代まで受け継いでいくことが大切なんだろうと思う。


DSCF8446.jpg











【アウシュビッツへの行き方、入場に関して】
(行き方)
クラクフ中央駅のすぐ近くにバスターミナルがあり、(方向表示も出ているのですぐ分かります)そこから一時間に一本はバスが出ています。チケット売り場で買おうとしたら、「バスの中で払って」と言われたので、直接バス乗り場(地下)に行きました。1時間40分くらいで着きました。


(入場に関して)
入場料は無料となってますが、ツアーでなく個人で入場する場合は、午前9時までと、午後3時からというように入場が規制されています。10〜15時は、ガイドツアーでのみの入場のようです。

ガイドツアーは有料で、1300円程。日本語ガイドの場合は前もって予約をしないといけないらしく、私は予約していなかったので英語ツアーに参加しました。毎時間でています。途中でツアーから離れて個人でまわっても全然ばれないと思います。





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/148-ad99ea5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。