上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周244日目☆






コロンビアからまたエクアドルに戻ってきました。




やってきたのはオタバロ(Otavalo)という街。
area_map.gif




オタバロは人口9万人程の小さな街ですが、織物など手工芸品で有名となり、今では観光が街の主産業となっています。
DSCF3116.jpg

DSCF3124.jpg

DSCF3117.jpg

DSCF3144.jpg



この街には、オタバロ族という、インディへナ(原住民)が暮らしていて、その女性達の民族衣装がとっても可愛いんです(*´∀`)
DSCF3146.jpg





カラフルな花の刺繍が美しい、白いフリフリのブラウスに、紺地または黒地の巻きスカート。そして腰部分には鮮やかな布を巻いていて、首元には幾重にも重なったビーズのネックレス。
DSCF3147.jpg




全体の色がきれいにまとまった、シックな民族衣装。すごく好みです(*´艸`*)





インディへナの子供達も、この衣装の上に制服のスカートを重ねたり、ベストを重ねて通学しています。
DSCF3145.jpg



毎日着るものだからこそ、こんなに美しいんですね。こんな民族衣装を着て暮らしてみたいです(´∀`*)
DSCF3177.jpg




肌寒いときは、このようにブラウスの上に紺地の布をさらに重ねて着ています。年配の女性は、頭にも紺地の布を巻いている人が多いです。
DSCF3140.jpg




刺繍入りのブラウスが欲しすぎて、お店をのぞいてみました。
DSCF3173.jpg



このようにミシンで刺繍を入れたブラウスの値段は20〜40ドル程。手縫いで刺繍を入れたものは、50ドル以上します。
DSCF3174.jpg



可愛いのですが、ちょっと日本で着ていたらメルヘンチックになってしまうデザインばかり。
DSCF3180.jpg



これなら使えるかな、と思ったので一枚購入しちゃいました(*´艸`*)
DSCF3369.jpg

27歳でこれはヤバイw?


ついでに全身試着させてもらいました。
DSCF3169.jpg


・・・私が着るとかわいくないな(´ー`)



ここのブラウスを作っている女性によると、以前オタバロに、1人の日本人女性が1年程住んでいて、刺繍の勉強をしていたそう。ここの刺繍に惚れ込む気持ち、すごく分かります!私も子供の頃刺繍にハマったことがあるので、刺繍入りのものに弱いんです(´∀`*)うっとり。
DSCF3176.jpg



ちなみにオタバロ族の男性は、黒々とした長髪を後ろで一本に結い、帽子をかぶったり、革ジャンを着ていたり。おじいさんになってもそのスタイルなので、すごくかっこいいです
DSCF3168.jpg

小さな男の子も髪を伸ばしているので、女の子に見えます。
DSCF3182.jpg



オタバロ族は、男性はキリっとしていてかっこいいし、女性は目がぱっちりしていて美人が多かったです。



オタバロの本当の見所は、土曜に開かれる大きなマーケットなのですが、スケジュールの関係で私は行けませんでした(;_;)でも手工芸品を売る小さなマーケットは毎日開かれています。



エクアドルで一番のお気に入りの街です





ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/176-4cfcf38c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。