上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オアハカからメキシコ中部へと北上。



途中のバスの車窓からは、いかにもメキシコらしい風景が延々と続いていました。
DSCF4050.jpg

DSCF4056.jpg


まっすぐ伸びる棒のようなサボテン。初めて見ました。
DSCF4063.jpg

DSCF4069.jpg




カナダでワーホリをしていたころに、Language Exchange(英語と日本語など、教え合ったり普通におしゃべりしたりすること)で知り合ったメキシコ人のションと落ち合い、「グアナフアト(Guanajuato)」という世界遺産の街に連れていってもらうことに。




山間にあり、狭く入り組んだ道が特徴的で美しい。
DSCF4120.jpg

街の地下には地下道がはりめぐらされています。
DSCF4099.jpg

周りの山で見つかった鉱物が産んだ富で発展した街だそうです。
DSCF4106.jpg

DSCF4103.jpg

DSCF4110.jpg

ピピラの丘。
DSCF4112.jpg
この丘に立つ像は、その名の通り、「ピピラ」。
DSCF4113.jpg


ピピラは、メキシコの独立戦争が始まったばかりの時に、グアナフアトで活躍した英雄で、貧しい鉱山労働者でした。



独立を支持する反乱軍は、スペイン人や保守派や街の役人などが立て篭っていたこの「Alhondiga de Granaditas」という建物に押し入ることを決め、
DSCF4139.jpg



そこでピピラは、銃で攻撃されても平気なように大きな石の板を背負い、建物の入り口まで辿り着き、木製のドアに火をつけ、反乱軍の侵入・占拠を成功へと導いたのです。
DSCF4223.jpg
(この像はサン・ミゲル・デ・アジェンデに立っているもの)



この初めての勝利が、メキシコ独立革命に向け人民を奮い立たせるきっかけとなり、反乱軍は北上し戦いを続けましたが、翌年政府軍に大敗し、反乱軍の指導者4名は死刑となり、その首はこの「Alhondiga de Granaditas」の角に見せしめとして吊るされました。
DSCF4141.jpg




そんな歴史があるので、この街はメキシコ人にとってもとても特別な場所なのです。
DSCF4078.jpg



私の訪れた日(1/26)は、たまたま教会の大きなイベントか何かがあったようで、びっくりするほど人で溢れかえっていました。
DSCF4094.jpg

DSCF4096.jpg


ここは口づけの小径(こみち)。父親に恋人との仲を反対され、家に閉じ込められてしまった娘と、わざわざ隣の家を借りてまで彼女のもとに近づきたかった恋人の青年は、こっそりとバルコニー越しに愛を確かめ合っていました。ところがそれに気づいた父親は怒りのあまり娘を殺してしまったそうです。。
DSCF4132.jpg

DSCF4134.jpg

そんな伝説のあるこの小径は、カップルがキスをして写真をとる人気スポットです。相手がいなくて残念w
DSCF4138.jpg


この街でのオススメは、こちら!イチゴミルクシェイク
DSCF4101.jpg
イチゴとナッツとミルクをミキサーにかけたものです(*´艸`*)

この辺りはいちごが名産だそうで、マーケットではこのシェイクや、イチゴとクリームをカップに入れたものなどが売っています。




メキシコの近代史に触れた、グアナフアト便りでした☆




ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/198-300cdc5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。