上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*2013年11月末のペルー滞在についての記事です。




リマから少し足を伸ばして日帰り観光で行ける場所、ということでステイ先のセサールがオススメしてくれたのが、





カラル遺跡!





全く聞いたこともなかったのですが、このあたりでは結構有名だとのこと。





近くの街、Huacho(ワチョ)まではリマから1時間半くらいと言われたので、とりあえず北バスターミナル(Terminal de buse Norte)からバスに乗りました。ここで注意ですが、チケットを買う際、パスポートを提示しないといけないそうです!!私は忘れてきてしまったので、カウンターの人が誰かと相談しながら、なんとかチケット発券してくれました(+д+;)




リマから少し離れると、すぐに砂漠の世界です。ペルーの西は、海に沿ってずっと海岸砂漠地帯。
DSCF0388.jpg



ワチョに着き、人に聞きまくり街の中心まで行きました。ここは観光客がくるような街ではなく、珍しいアジア人を好奇の目で見ていました。
DSCF0392.jpg



街の中心にツアー業者がたくさんあるから、そこからツアーに簡単に行けるよ、とセサールに聞いていたのですが、ツアー代理店のようなお店は見つからず。かろうじてそれらしきものは、今はまだシーズン中じゃないのか、閉まっていました。



ここまで来たのに、まさかカラル遺跡に行けないのかしら?もうリマに帰るべき?と絶望的になっていたところ、市庁舎を見つけたので、助けを求めに行ってみることにしました。


市の観光を担当している部署に案内され、そこの方達の優しいこと、優しいこと(;_;)
「日本人に会えるなんて嬉しい!」
「なんで一人なの!?」
「Facebookやってる?」
と皆温かく迎えてくれました。


カラル遺跡に行きたい旨を伝えると、知り合いのタクシー運転手に交渉し、手配してくれました。さらに、そこの部署で働いている大学生を付き人にしてくれました(´∀`*)
DSCF0397.jpg



カラル遺跡までは、1〜1時間半程。舗装のされていない、ガタガタ道を進みます。
DSCF0414.jpg

DSCF0420.jpg

DSCF0469.jpg


着きました!カラル遺跡(*´∀`)
DSCF0430.jpg


100年前に発見されたのですが、詳しい調査が行われ年代が特定できたのは2001年。
4600年前程のものであることが判明したのです。メソポタミア文明と同じくらい古いということで、これまでの世界4大文明を覆す存在なのです。
DSCF0431.jpg


敷地内にあるこのたくさんのピラミッドは、砂で覆われていた為に何世紀もの間発見されず、保存状態も良いまま残っていました。
DSCF0435.jpg

DSCF0441.jpg

DSCF0447.jpg

付き人のスサナと私。
DSCF0459.jpg


遺跡はあまり興味のない私ですが、ここまで辿り着けたことで感無量でした。
そして、思いがけない出会いが、この日一日を、特別なものにしてくれました。
DSCF0396.jpg
温かい人たちでした。






ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/217-513fc486
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。