上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周83日目☆


リアルタイムは、スペインの南部分にあるグラナダという街に来ています。
毎日弾丸で町から町へと動き回っているので、久しぶりのブログ更新です(^^;)

****************

暑くてバテながらも、マラケシュ観光がんばりました。

おすすめのスポットを紹介します☆




①マジョレル庭園

DSCF4531.jpg

新市街側にあるので、旧市街から歩いていったら30分程かかりましたが、距離的にはタクシーでも20ー25ディルハム(せいぜい300円)だと思うので、暑い時期にいく方は、炎天下の中歩くのはオススメしません!

マジョレル庭園は、1920年代に、フランス人のマジョレル氏が造った庭園で、彼の死後は、有名なデザイナーのイヴサン・ローランと、ピエール氏という人が買い取って管理しているそうです。

世界各地の植物(竹や色々な種類のサボテン、名前は知らないけど南国のなど)がそれぞれのカテゴリーに分けられて植えられていて、とても不思議な雰囲気が味わえます。砂漠のマラケシュの中で、唯一緑に囲まれ、静かに日陰で休むことのできる場所でした。

DSCF4545.jpg

DSCF4543.jpg

DSCF4540.jpg

DSCF4537.jpg


この庭園の魅力は、そこにある多様な植物だけでなく、建物や鉢植えの色彩。マジョレル・ブルーと呼ばれる、鮮やかなブルーを中心に、カラフルな鉢植えが植物の緑をより際立てていました。
DSCF4541.jpg

歩き疲れた体も、緑の中でゆっくりしてると癒されます。
DSCF4534.jpg


入園料は50ディルハム(500円)。マラケシュの観光地の中ではちょっと高い方です。そんなに大きな庭園ではないので、30分くらいで見終わっちゃうかもしれませんが、マラケシュの雑踏に疲れたときにはもってこいの場所ですw



②アリー・ブン・ユースフ・マドラサ(神学校)(Ali ben Youssef)

モロッコで一番大きい、イスラム教の神学校。寄宿舎になっていて、小部屋が130もあります。
1960年まで実際に使われていました。

中庭。
DSCF4459.jpg


小部屋は、三畳程の狭いものや、五畳くらいの少し大きめなところもありました。
DSCF4465.jpg

二階の部屋からは中庭が見えます。向かい側の部屋にいる人に手を振ったりしてたのかな:)
DSCF4464.jpg


こんな小部屋で、どんなことを思いながら暮らしていたのでしょうか。
DSCF4467.jpg

ドアに小窓。
DSCF4462.jpg

壁や天井に施された彫刻がとても美しかったです。
DSCF4468.jpg

DSCF4474.jpg

DSCF4472.jpg



神学校というだけあって、神聖で重厚な雰囲気が漂っているので、心安らぐ場所でした。
どんだけマラケシュに疲れてるんだって感じですがw


ここは、旧市街のスーク(入り組んだ商店街)の中にあるので、かなり分かりづらくて、迷います。お店の人に聞いて探しましょう。



癒し系の観光スポット紹介でした!!



今日も読んでくれてありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周







Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/72-04accd44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。