上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆世界一周91日目☆


リアルタイムは、ポルトガルの、ポルト!  



*****************





バルセロナのメイン観光地、サグラダファミリアに行ってきました!!
DSCF4667.jpg



スペインに行く人はだいたいこれを見に行くと言っても過言ではないくらい、人気のあるスポットなので、今更ブログに書いてもつまらないかもですが、



昨日のブログに書いたように、やはり自然主義を感じられる建築で、教会の中に入ったとたんに、真っ白な森の中に迷い込んだような、また超自然的なものに包まれているような、不思議な感覚に陥ります。

DSCF4685.jpg

DSCF4681.jpg

このステンドグラスの光が、緑、黄色、オレンジなど、自然を象徴しているようで、とても優しい光が差し込んでいます。
DSCF4679.jpg


たまたま列の後ろにいた中国人の男性も1人旅だったので、写真撮り合いっこしました。(中国人は写真の中に自分も写るのがとても好きなようです。)
DSCF4683.jpg


バルセロナを一望。
DSCF4706.jpg




そうそう、バルセロナを上空から見ると、このように碁盤目状になっていること、知っていますか?

NewImage110.png




元々のバルセロナは現在の旧市街(el Gotic)のあたりだけでした。

img2f37674azikfzj.jpeg

上の地図の、「カタルーニャ広場」と四角に線で囲まれているあたりが、もともとのバルセロナです。

またその少し北の、「GRACIA」と西の「SANTS」というエリアは、それぞれ別の町でした。
地図を見ると、碁盤目ではなく道が入り組んでいるのが分かりますよね。


19世紀の産業革命後、人口過密に伴い市域の拡張計画がたてられ、それぞれの町と町の間は碁盤目状に住宅が広がっていきました。

なのであそこまで不自然な程にきれいに区画されているんですね!


ちなみに、上空から見ると、1つのブロックの、四角の中がドーナツのように空いているのがわかると思いますが、これは風通しを良くし、また全ての家に均等に太陽光があたるようになっています。



お友達の家からの景色。
DSCF4634.jpg
こんなお家に住みたい

あまりカーテンがないので、周りのお家の暮らしぶりが見えて、おもしろいです。
DSCF5047.jpg


ちなみにアパートの賃貸料は東京よりは安いようですが、お給料があまりよくなく、給料の半分くらいが家賃で消えてしまうのだとか。
まだまだ経済危機の影響も強く残っているようで、若者の失業率は未だに50%以上だとか。
レストランやカフェはいつも人で溢れていて、みんな朝や昼からビールを飲んでいるイメージがありますが、事態は結構深刻なようです。。




今日はここまで!



最後まで読んでくれてありがとうございます☆

ブログランキングに参加しています!
一日一回、ポチッと押してくださると、ランキングに反映します☆
応援お願いします

PCの方はこちらにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ・スマホの方はこちらにほんブログ村 世界一周
Secret

TrackBackURL
→http://periquita.blog.fc2.com/tb.php/79-a3fe8e41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。